世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。



こんばんは。


変形性膝関節症の痛み。


去年からご一緒しているお客様。


日頃はデスクワークで歩くことも少なく、身体が硬いため前屈は床に手が届かない状態でした。

ふとした時に膝の痛みがあるようで、アライメント【骨格チェック】をしていくとどうやらX脚のようで骨盤が開いて膝が内側に入り、足元は外反母趾です。


股関節も硬く、足首の状態も背屈、底屈【爪先を上げ下げする動き】をすると足の裏が攣ってしばらく動けなくなることもしばしば。。。


主訴としての痛みは膝に出ていますが、身体の動きを見てみると股関節や足首の可動域や筋力不足によって膝で代表しているような状態でした。


アライメントから見ても変形性膝関節症の疑いがあったため、いきなりスクワットやランジなどの筋トレは控えて仰向け・うつ伏せでできるエクササイズを中心に行いました。


外反母趾の進行もあったので、最初の3ヶ月はコンディショニング:「調整」が主なプログラムでしたが最近ようやくトレーニングを少しずつ取り入れ始め、



「そういえば、膝が痛くなる事が無くなりました!」


日常生活の中でトレーニングが生かされてほっとした瞬間です笑


何よりお客様がいつも「ううう。。。苦しいー」「足が攣りました。。。」など色々なハプニングを乗り越えてコンディショニングをしてきたので、


日常生活の質が向上されているだろうか??とちょっと心配していたので、俄然池野のモチベーションが上がりお客様にもっと貢献できるよに気持ちが高まりました!!


膝に痛みがある場合は膝のアライメントもチェックしますが、



ほとんどの場合、股関節や足首に不安定性や筋力不足、骨格のねじれや姿勢不良が原因のことが多いので膝にばかり目を配るのではなく体全体を見るようにしています。


変形性膝関節症の場合は内側広筋の弱化が大きいのですが、外反母趾の場合は力が入りくくくなっているので、



まずは外反母趾を整えることもプログラムに入れる事をお勧め致します!

おすすめ