筋肉が緊張してしまう理由。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんにちは。

 

シニアのお客様で4年ほどご一緒させて頂いています。

このお客様もお会いした日に「私、運動嫌いなの」と面と向かって言われました。

これまで様々な治療を駆使して身体の不良を改善しようとされてきたそうなのですが、

どうにも成果が表れてこない。。。

これは一番嫌いな運動をしないとこの身体の不調は改善されないと覚悟を決めてきてくださいました。

筋肉が形状記憶できない。

お客様は今まで運動を全くしてこなかった方なので、筋肉にどうやって力を入れていいのかも分からないし、

「意識をする」「感覚を得る」というのがわからない。

筋肉は通常脳から指令が送られて収縮、弛緩、等尺性収縮を行います。

ですが、この感覚が自ら促す事ができないので形状記憶ができずにお客様の身体はすぐに崩れてしまうのです。

骨盤が歪んでしまい歩行にも影響が出ているので、「感覚」を取り戻す事が急務でした。

そして筋肉が異常に緊張しやすい。

筋肉が緊張してしまう理由

自分の重心が安定していないので、身体を安定させるために外側の筋肉に力を入れて姿勢や重心を保とうとします。

力を抜こうと思っても抜けないのは、抜いた瞬間に重心がグラグラに不安定になってしまうから。

筋肉の過緊張を軽減させるためには、ストレッチやトリートメントでは改善できません。

 

重心を移動させる際にお腹の力、身体の核となる体幹を安定させなければならず、

やはりトレーニングが必要です。

身体の使い方ならぬ、身体の重心の作り方をトレーニングしていくのはシニア世代の方に自分の足で歩き続けていきたい!という想いに応えたいから。

 

外圧に負けないように身体の中から内圧を出せるようにピラティスと体幹作りで過緊張からの解放を目指し、

お客様が日常生活がよりよいものになりますように、一緒に取り組んで参ります。