骨膜や筋膜に動きを与える。

世田谷区、港区、目黒区、品川区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて女性らしい身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

先日バレエを長年実施されているお客様から新規のお問い合わせを頂きパーソナルトレーニングをご一緒させて頂きました。

身体の癖を整えてボディメイクをご希望されていたので、

まずは姿勢や動作分析を実施させて頂きました。

ひざ下のねじれ「側弯」

バレエのお客様に関わらずですが、女性のお客様に多いひざ下の側弯。

O脚の原因の一つとして、足底筋が潰れてしまい扁平足から腓骨と脛骨が外側に引っ張られています。

足底筋が原因のO脚だった場合、どれだけ骨盤矯正したとしても再び側弯したりO脚を再発してしまいます。

お客様も長年のバレエで足底筋が使えておらず土踏まずがほとんどない状態でした。

足裏にクッションが無い状態でジャンプ動作や地面を蹴る動作を繰り返しているので、

ふくらはぎの外側の筋肉を使いジャンプ動作等を行っていらっしゃいました。

外側の筋肉に骨が引っ張られ外腿も硬く太くなりやすい状態に。

 

筋トレでは骨の捻じれや側弯は改善できない。。

骨が捻じれている状態で筋力トレーニングとしたとしても、残念ながら脚は細くなりません。

寧ろ逆に脚が捻じれた状態で筋肉をつけるようなものなので太くなってしまいます。

筋肉が疲れやすくなるし、筋肉が硬くなっていく一方。

改善策は、骨を矯正!?ではなく、

骨格を補正するためにピラティスやボディワークを取り入れること。

骨膜や筋膜に動きを与えることで骨が組織の中で動き始めます。

自分で意識して、骨にまとわりついている邪魔している硬さを取るのが骨を整えていくのに必要な道のりです。

 

自分で骨を補正なんてできるの??と思われるかもしれませんが、

柔道整復師やカイロプラクティックに頼りすぎず、自分でできることもあります。

エクササイズ、トレーニングの可能性は無限大。

骨格も自分でコントロールすることができる!