低炭水化物ダイエットの真実。

世田谷区、港区、目黒区、中央区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて女性らしいしなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングしています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

 

低炭水化物ダイエット、ならびに炭水化物抜きダイエットについて。

なぜこうも炭水化物を減らすことがダイエットになるのか??

メカニズムについて皆さんとシェアしたいと思います。

低炭水化物(糖質)はダイエットに適しているの??

なぜこうも炭水化物(糖質)が悪者になっているかというと、

これは糖質が身体に入った場合の代謝システムに違いがあるからです。

糖質はグルコースという単体と、グルコースとフルクトースが結合したものがあります。

 

肝臓でフルクトースを処理し、グルコースとフルクトースの結合したものは体内のすべての細胞で処理されます。

グルコースはは全身を循環して血糖値を上げ、代謝の調整のためにインシュリンを出し自分たちグルコースを身体に吸収させるメカニズムをとる。

血糖値が上昇することによってグルコースが身体に吸収されて蓄積しやがて脂肪となる。

炭水化物(糖質)を取らない方が賢明?!と思われるかもしれませんが、

ここで注目して頂きたいのが低GI(グリセミックインデックス)です。

低GI値って何?!!

炭水化物(糖質)を摂取した時に血糖値が上昇する値があり、

炭水化物(糖質)の中でも低い物があります。

玄米、オーツ、黒まい、大麦、ショ糖、黒糖、はち蜜、野菜、果物(種類にもよる)です。

いわゆる精製されていない食べ物は比較的血糖値が上がりにくいことが分かっています。

最近ではキヌアやアマランサスなどの穀類でも低GIで日本でも食べられるようになりましたね。

 

逆に血糖値が高い食べ物は小麦製品です。

うどん、パン、シリアル、お菓子類、様々な麺類も血糖値の上昇が凄まじく肝臓が常に働かなければならないので、

いつの間にか肝臓に負担がかかり病気になりやすくなります。

炭水化物を完全にカットすることはお勧めしません。

一時的に炭水化物を完全に止めてダイエットに励んだとしも、

結局はまた炭水化物を食べるようになれば元に戻るだけ。

炭水化物は実はそこまで栄養素としての役割はないので、沢山は食べる必要はないんです。

 

もともとは身体のエネルギーになるもので、身体に蓄えられるもの。

毎日毎日食べていれば必然的に身体に予備が作られるので、あえて必要以上に食べる必要はありません。

 

だとすれば、上手に食事に低GIの炭水化物を取り入れながら食事を考えていく方が賢明だと思います。

池野も今グルテンを食べないようにしているため、必然的に低GIの炭水化物だけを摂取するようになりました。

食後の眠気もなくなりましたし、野菜やたんぱく質を多く取るようになってから身体の調子も良いですし、

沢山食べなくてもよくなってきました。

私たちの周りには炭水化物だらけ

気軽に外食したいー!と思っても、池野行きたいところがなかなかありません(苦笑)

行くとしたらOrganicカフェや焼肉でしょうか。。。

コンビニもレストランでもファーストフードもほとんど炭水化物だらけ。

知らず知らずに血糖値を上昇させて身体に糖質を吸収しやすい状態を作ってしまう。

せっかく運動してもなかなか減らないわけです。

食べるものが変われば、未来は変わる。

効率を求めるすぎず、未来の自分のために良い選択を!