リブフレアを改善して綺麗なウエストを作る。

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

リブフレアからの脱却!

池野も長年悩んでいたリブフレア。

胸郭が開き肋骨が上方に向いて横に広がっている状態を指します。

胸郭が上方に向いているということは胸椎も伸展しやすい状態になっており、

上半身を反る方向に向けてパフォーマンスを発揮することは得意なのですが上半身を丸める動きが大の苦手。。。

リブフレアはウエストを作り上げるためには絶対に整えなければならない壁です。

リブフレアの主な原因は、

  • 横隔膜の付着部(特に前方位)が硬い
  • 呼吸を吐く事が苦手
  • 大腰筋の不活動
  • 前鋸筋の不活動

主に外側の筋肉の影響下ではなく、肋骨に付着している筋肉または呼吸に関する筋肉に不活動であるためリブフレアが起きている事が多いです。

どれだけ腹筋群のトレーニングをしてもリブフレアが改善しないのは外側に張り付いている腹筋群をトレーニングしても骨格の補正には繋がらないからです。

腹筋中に首が痛くなったり、思うように起き上がれないのは腹筋群が弱いと決めつけてはいけません。

脊柱の柔軟性やリブフレアによるものも多く、

トレーニング方法を間違えてしまえば代償動作が重なって痛みを伴う事もあるからです。

 

先日も理学療法士の山口先生から横隔膜を緩める方法をご教授頂いたのですが、

内臓のあたりからピリピリと神経痛のような感覚と今まで伸ばされたことのない場所の存在を認識して不思議な感覚でした!

ピラティスを始めてリブフレアも少しずつ改善してきた実感はありましたが、

ピラティスだけでも届かない領域もあり、

リブフレアに対する新しいアプローチに関して視野が広がりました!

 

おかげでリブフレアが整い下腹部が前に出にくくもなりましたし、

何より力を入れなくても肋骨が閉じられてウエスト周りのラインが綺麗に出てきて感激であります!!

横隔膜をバランスよく拡張し、閉じる動きを学習させるためには、

硬い部分の横隔膜を柔軟にしていくところからが始まりだったのです。

リブフレアのお客様にこれからご紹介していきたいと思います!

1月のご予約について

今年は2018年12/30(日)まで活動致します。

来年の仕事始めは2019年1月5日(土)から予定しております。

1/1-1/4は熊本帰省のためお休みを頂きますのでご了承ください。

また1/9(水)はフィジオ運動連鎖アプローチが主催する運動連鎖道場に参加予定でして、

終日お休みを頂きます。

 

2019年も精力的に活動していく予定ですので、宜しくお願い致します!