1日6セッションまで。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

いつも何か新しい切り口を。

何年もご一緒しているお客様にはずっと同じプログラムにならないように、日々新しい糸口が無いか探りながらご案内しています。

専門書はセミナーで情報を得ることもプロとして必要な投資ですが、

最も学びが多いのは現場でお客様とのパーソナルトレーニング 中です。

 

原理原則だけを知っていたとしても骨、筋肉、姿勢、動作、思考を直接見ながらお客様の身体が変化していく、あるいはアプローチして届く届かないなどの線引きをしてクオリティを高め続けていかなければ自分の技術や経験値は積み上がっていかない。

 

トレーナーの思い込みで「何年も一緒にトレーニングしているお客様だから」と言ってプロファイルしたものをアップデートさせていかなければ提案するプログラムも一新されないまま何年も同じことを繰り返してしまいます。

賢く優秀なお客様はすぐに気づくしトレーナーを変えられてしまうのは最もな理由だと思います。

 

パーソナルトレーニング の現場の中には資格セミナーでは得られない情報や経験の宝庫。

現場で学ぶべきこととして、

  • お客様との会話
  • プログラムの伝え方
  • 運動強度
  • アレンジメント
  • 結果

 

様々な視点で改良は沢山できると思います。

今のスタイルは今出せる全力のプログラムだったとしても、また数ヶ月後には何かが変わっている。

池野のトレーナーとしての時計時間は常に進んでいるし、いつも「もっとできることはないか??」と考えています。

経験値が蓄積すると頭が固くなって新しいことへチャレンジしたり、自分の経験則だけで判断をしてしまいがちです。

経験値はある側面から見ると諸刃の剣です。

時に経験則が邪魔をしてしまうことがあるからです。

だからこそいつも新しい切り口を新しい発想で目の前のお客様をみなければいけないと思うのです。

毎日8セッションも続けているとクロリティを維持するのが難しい。。。

だから池野は1日6セッションまでとボーダーラインを決めています。

沢山のお客様にご案内できればそれはまたトレーナー冥利に尽きるのですが、毎日「新しい切り口、新しい発想」を続けられないのです。

 

池野が逆の立場であれば疲れているトレーナーに指導されていてもモチベーションも上がらないし「いつも同じパーソナルトレーニング 」で面白さも達成感も得られずに脱落してしまうでしょう。

「今日は池野さん何を提案してくれるのだろう」というワクワク感を持って頂けるようなパーソナルトレーニング を提案したい。

毎回何か1つでも発見があるようなパーソナルトレーニング を作りたいと思っています!

 

お客様と長年の積み重ねが今に至った結果であり、これからもきっと変わり続けるでしょう。

これもひとえにお客様から頂いたパーソナルトレーニング のおかげです。ありがとうございます!