安定すると手段や方法に頼りがち。。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

お客様が求めているサービスを考え尽くす。

職人はどうしても自分の技術を高めることに頭がいっぱいで、敏感に情報をキャッチするのも「HOW TO」や「手段」「方法」を高めるセミナーや本ばかりに投資してしまいがちです。

プロなんだから技術を高め続けるのは当たり前!というパッションが強く責任感もある。

何より「お客様のために」の想いが強すぎてしまって時々ビジネスであることを忘れてしまう。。。

この気持ちとてもよく分かります(笑)池野も以前はそうでした。

でもフリーランスのパーソナルトレーナーになりたての頃。自分のビジネスを確立していく中で今のやり方で本当にいいのだろうかと考え始めた時です。

 

お客様が求めているサービスや価値と、池野が持っている技術や理論が交わなければこの世の中に必要とされていないのと同じ。

世の中に必要とされるサービスや価値、そして人間になるためには何が必要なんだろう。。。

世の中にありそうで無かった、

世の中の人が気づかない価値を形にすることが世の中に必要とされ続けれるサービスや価値、人になれる。

ということは、他の人が既に取り組んでいることでは私の存在価値が低い。

他の人がやってない自分だけしかできないサービスや価値を作り出すためには??

上記のような事ばかりを考えていましたし、他の人と違う価値を作れた自分を想像すると楽しかったです。

職人でもビジネスとしてきちんと形成できている人は20-30%ぐらい。

ここでの池野が考えるビジネスとは

  • 価値づくり
  • 収益(収支のバランス)
  • 人材or商材・商品・投資のバランスを取れていること

他の職人はビジネスよりも自分の技術を高めることに時間とお金をかけてしまって他のことが見えてない人。

自分のことほど自分が見えていないとは上記のようなことですね。。。

お客様が求めているサービスは一体何なのかを意識して考え尽くすことが大切ですね。

 

自分がどうありたいかが大切!周りは関係ない。

20代後半から今までは「方法」や「手段」よりもお客様が求めている価値を作り続けれるように安定よりも挑戦をし続けてきました。

途中「安定」しそうになった自分を「挑戦」させるためにオーストラリアでフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動もしました。

周りからは「無謀」だと思われていたし、「何でそんなことをわざわざするの?」と言われていました。

「安定」してくると「方法」や「手段」に頼りがちになり、価値を作り続ける意欲が低下してくると思えたからです。

でも、無謀だと言われても周りの人は関係なく自分がどうありたいかが大切で、人生を切り開くための強さと考え方を学べたので私にとって素晴らしい時間でした。

 

年齢は関係なく、挑戦することは人生において何度か作らないといけません。

自らを衰退させないように。