女性らしいしなやかな身体作りのために。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんにちは。

もうすぐ夏がやってくる!!!

皆様ご準備はいかがですか??

身体に脂肪がつきやすい場所は筋肉が少ない。

脂肪がつきやすい場所とつきにくい場所が個々で違いますね。

私は全体的に脂肪がついている!という方は、運動不足で全身代謝不良なので的を絞らずに全身トレーニングが必要です。

  1. 背中に脂肪がつきやすい方
  2. 極端に肩から二の腕にかけて脂肪がつきやすい方
  3. 太もも周りに脂肪がつきやすい方
  4. お尻から腰回りにかけて脂肪がつきやすい方
  5. お腹だけに脂肪がつきやすい方

だいたい上記に分かれてくると思います。

1、2番は姿勢または肩甲骨の動きが筋肉で正しく行えず脂肪が溜まってしまう方

姿勢が悪いというのは背中の筋肉が弱い、あるいは身体の前面の筋肉が固すぎて体幹を起こすことができなくなっている方です。

背中と体幹のトレーニングと同時に身体の前面(お腹や胸、股関節)のストレッチを行いましょう。

 

3と4は股関節の筋肉が特に伸展方向の筋肉が弱い、そして前屈に関与する筋肉が硬い可能性があります。

前屈が苦手なかたほどお尻に脂肪がつきやすい。。そしてお尻の筋肉が使えずに脂肪が溜まってしまう方です。

まずは前屈から開脚といった股関節周辺のストレッチと、股関節伸展筋(お尻、太ももの後ろ)の筋力トレーニング、

そして股関節の外転と外旋トレーニングを行いましょう。

骨盤を支持するための基礎工事から行うことで骨盤の歪みや崩れを整えることが先決です。

 

最後の5は四肢の筋力はある程度あるのに、体幹だけがすっぽり筋力が抜けて落ちている方です。

お腹の筋肉が硬いのか弱いのか、または両方の原因でお腹に脂肪がつきやすい方。

もしかすると内臓脂肪ということも考えられるので、四肢に脂肪がつかないでお腹だけに脂肪がつきやすい方は脂質が多いのかもしれませんので食事も見直す必要があります。

 

女性らしいしなやかな身体作り。

脂肪がついてしまう原因と対処法をざっくりをご案内しましたが、

脂肪を落としすぎると女性らしい丸みがなくなってしまうので、筋トレで身体を引き締めながらも、柔軟性でしなやかなも一緒に作っていくことが女性らしい身体作りの前提です。

柔軟性が高すぎて柔らかすぎる女性の方は筋トレで筋肉を強化したほうがよいですし、

あまりに身体が硬くて筋肉質状態であれば、ピラティスやマスターストレッチ等を組み合わせてしなやかさを出しながら再度筋力トレーニングフォームの見直しを実施し、

 

今までの筋トレで筋肉を硬くしすぎていた習慣をリセットする必要があります。

 

女性らしい身体作りは、正しい重心、姿勢を作ることにも繋がり無駄のない筋肉や脂肪を作っていくことが望ましいです!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お知らせ】

2017年度からNews Letterを配信!

食、筋力トレーニング、ピラティス、体幹トレーニング、フットコンディショニング、ランニング、女性パーソナルトレーナー養成講座、Organic等のセミナーで得た情報をさらに詳しく解説。

さらにHPやBlog以外での日常も綴ってみようと思います。

これから毎月第一、第三月曜日に配信致しますので

News Letterのお申し込みはコチラからお願い致します。

※メール受信可能なメールアドレスにてお願い致します。

普段話せないような内容もちょっと出したり、News Letterの中でお知らせするお得な特典等も記載しています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□