妊娠中から産後にかけてのボディメイクプログラム

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

 

妊娠中から産後にかけてのボディメイクプログラム

先月ご懐妊されたお客様から「妊娠したんですけど、先生、私運動は続けたいんです」とご相談させていました。

パーソナルトレーニング のお問い合わせを頂いていた当初から妊活中であることをカウンセリング中にご相談頂いていて、ご懐妊のご連絡を頂いた時にはびっくり!!

【妊娠中の運動のメリット】として、

  • 体力の低下を防ぐ
  • 出産時に身体のダメージが少ない
  • 血液循環を良くして浮腫みや足のつりを防止
  • 産後の体型戻りが早い!

主にピラティスを中心に骨盤周りの柔軟性を保ち、出産時、そして産後の早期回復を目的にご案できるように産前から準備をしていました。

 

妊娠中、女性は何が辛いって「悪阻」が続いて食事を取るのがままならないことです。。。

悪阻が治り医師からの運動許可が出て入ればパーソナルトレーニング は実施可能です。

ただ、いきなり妊娠して運動を始めよう!とするよりも、

妊娠を希望していく時点でトレーニングを実施していた方が「身体の感覚」を忘れないという利点があります。

 

妊娠すると赤ちゃんが大きく育っていくにつれて身体の感覚が鈍っていきます。

呼吸1つでも、自分がいつも楽に呼吸していた方法が横隔膜を圧迫されるため「どこに息を入れていいのか分からない」などが発生します。

肩で無理に呼吸したり、息を吐けなくて肺活量が勝手に落ちて苦しくなったり。

いつもはお尻を使ってスクワットできていたのに、赤ちゃんがお腹の前にせり出て重心がいつもと違ってバランスが取れなかったり。。。

 

今までパーソナルトレーニングを続けていた人でさえも身体の感覚が鈍くなりエクササイズを行うにも時間がかかったりするので、全く運動をしていなかったお客様だと妊娠中もですが産後もボディメイクのためのピラティスや筋トレを習得していくのにさらに時間がかかるかもしれません。

 

【妊娠中から変化していく身体】について

  • 重心
  • 体重
  • バランス
  • 柔軟性《リラキシンの影響で下半身のみ関節が緩くなる》
  • 筋力の低下《顕著なのは腹筋、骨盤底筋群
  • 姿勢不良
  • 浮腫み
  • 血圧

妊娠して産後までこれだけ身体が変わるのです。。。

体型だけではなく、様々な体力要素がマイナスになってしまうので、

赤ちゃんの育児も大変な中、自分の身体を戻すには今までと同じようなボディメイク方法だと難しい。。。

 

【妊娠中から産後にかけてのパーソナルトレーニング では】

①まずは体幹周りの強化(腹横筋や骨盤底筋ぐんも含む)

②失われた柔軟性を取り戻す(背中周りがガチガチ!)

③お尻を引き締めて脚周りのサイズダウン(骨盤を支える筋肉が必要)

④体力が落ちてきているので、重さは使わなくても自重トレーニングで十分!

⑤重心を学習(外側に体重が乗りやすい)

 

赤ちゃんが無事に生まれるように準備するのはママの努めです。

でも無事に出産することができたら、ママの身体はとにかく早期回復に向けて身体をいたわりながらもコンディショニングしていくことが大切!!