女性の為の筋トレ〜歴史〜

港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

女性の為の筋トレ

人生で最も時間をかけて、そしてこの先もやり続けていくだろう「女性の為の筋トレ」。

学生時代から始めたのは高重量で行うウエイトトレーニングでしたが、

人生で精神的にも肉体的にも身体が変わったと思います。

これは「良い意味と悪い意味」どちらも実体験で感じた事です。

 

※ウエイトトレーニングはスクワット、ベンチプレス、デットリフトなどを高重量でトレーニングする方法

※筋トレ様々な方法、レジスタンスで運動強度を高くしてトレーニングしていくこと。

 

学校の授業でも「女性は男性ホルモンが少ないから男性ほど筋トレをしても筋肉が太くならない」という風に学んできました。

10年前は女性で熱心に筋トレしている人はボディビルダーを目指している人ぐらいしかいませんでしたし、

筋トレができる施設に行っても「こんなところに女性がいる」という目で見られたほどです。

女性はスタジオレッスン(エアロビクス)に参加するかプールで泳ぐかの選択が多かったように思います。

 

10年前は「女性の為の筋トレ」という概念は全くなく、筋トレは筋肉を大きくしてコンテストに出る人が行うものとしてとらえられていたようです。

しかし、女優さんや芸能人の方が筋トレやピラティスやヨガなどを取り入れて美しい身体を作るために色々試している様子を見て、

腹筋が割れている女性はかっこいい!

お尻が引き締まってスタイルがいい!

 

という風に価値観が変わってきた頃から、女性も筋トレに目覚めて本格的にパーソナルトレーナーと一緒に身体作りを始める人が増えました。

しかしながら、今まで男性のクライアントしか担当した事がない男性トレーナーは男性と同じように女性たちに筋トレを指導したり、

女性の身体の構造についてよく分からないままにプログラムを提案してしまったのか、

今まで全く運動したことのない人にも最初から筋トレを勧めてしまった為

  • 「自分が思っていた体型にならない」
  • 「全体的に引き締まったけど筋肉が太くなった気がする」
  • 「筋トレすると腰が痛い」
  • 「筋トレしても体重が増える」

 

筋トレで筋肉は太くならないと言われたのに、自分としては筋肉質で筋肉が太くなった気がする。。。

そんな経験から筋トレから離れてしまった人も多く、「女性パーソナルトレーナー」として検索してくださり池野のところにもう一度奮起して来てくださった方々はまさにそうでした。

 

その時感じた問題点は

  1. 女性の身体、仕組みに合わせた筋トレのプログラムがない
  2. 女性パーソナルトレーナーが劇的に少ない
  3. 「女性らしいしなやかな身体」が抽象的なので具体的にどんな身体がお客様の理想なのか明確になっていない
  4. 男性と同じ筋トレをやらされてしまう

 

今では当たり前ですが個人事業主の女性パーソナルトレーナーも増えました。

10年前は本当にいなくて男性社会!

 

そんな経験もあって「女性の為の筋トレ」を始めようと思ったのです。