女性ホルモンの代わりになるのが筋肉たち。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

3連休いかがお過ごしですか??

池野は変わらずみっちり週末パーソナルトレーニングをご希望頂いているお客様のもとへ駆け込んでいます。

 

さて、以前よりも筋力トレーニングをしても筋肉痛にならなくなってきた池野。

理由は以前よりも重たい重さでトレーニングをしていたので、

次の日は歩くのも辛く階段では汗が出てしまうぐらいに次の日は大変なことになってします(笑)

 

が、今はそこまでトレーニングをすることを控えてしまいます。。。

不必要な筋肉を増やすことを辞めたからです。

筋肉が必要な人とそうでない人。

池野はこの10年で沢山の量の筋力トレーニングを実施していきました。

だからこれ以上は増やす必要はなく、

どちらかといえば今までに使っていない筋肉を使うためにピラティスやコアトレ、

ボディワークを取り入れながら筋力トレーニングと組み合わせて質を高くしていくのみです。

 

しかし、お客様を含めて今まで筋力トレーニングで筋肉を増やしたことがない方、

体重の比率に合わせて筋肉量が少ない方は最初に筋肉を作る作業が必要です。

筋肉は骨格を支え姿勢を整えるのにも必要ですし、

体力を向上させ身体を引き締めるために必須だからです。

 

筋肉を増やしたことがない方は、ピラティスやボディーワークだけで終わらずに筋力トレーニングをしましょう!

 

出産後、閉経後には筋肉が身体を守ってくれる。

女性の身体が変化するのは、

  • 出産後
  • 閉経後

女性ホルモンと深く関係がありますが、

女性ホルモンが年々枯渇していく中で血液循環(血液凝固阻止)と筋肉を作る作用を持っていますが、

閉経後は特に女性ホルモンがなくなるので身体を保つことも大変。

体力も落ちるし、女性モルモンで保っていた血液循環が崩れて動悸がしたり。

女性ホルモンの代わりになるのが筋肉たち。

だから年齢が重なっても体調を整えるためにも女性は筋力トレーニングはストレッチを変わらないぐらい大切な習慣です。

 

産後も同じく、妊娠中に筋トレがあまりできなくて筋肉が落ちている方が非常に多い。

海外の方が妊娠中でもしっかり筋トレをするので落ちていないようです。

10ヶ月間筋肉を増やすことができなかったこともあるので、

産後は特に身体を作るため筋力トレーニングを実施致しましょう!