女性パーソナルトレーナーになるために。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

女性パーソナルトレーナーになるには何をしたらなれますか??

世界中で、日本で運動指導を目指す中でパーソナルトレーナーを目指す方も多くなってきています。

パーソナルトレーナーになるために。

まず整理整頓すると、

  • スポーツ専門学校、体育学校 → 専門の資格を取得する場所
  • トレーナー養成スクール →パーソナルトレーニングプログラムの作り方を学ぶ場所
  • パーソナルトレーナー専門のマイクロジム→パーソナルトレーナーとして経験を積む場所
  • 海外の資格取得コース →最新の解剖学やエビデンスをもとにトレーニング方法を学ぶ場所

になります。

池野はこの3つを経験して24歳の時にフリーパーソナルトレーナーとして独立しました。

専門職として資格を取得しプログラムデザインを学び、マイクロジムで経験を積みましたが、

その中で足りなかったものは「集客力」です。

経験が増えれば増えるほど、今までお客様の問題点が見えていなかったことに気付き、

提案力が増えてきます。

逆に今のままだと解決できないと悟ったらセミナーに参加して自分でも考えてプログラムに磨きをかけていく、この繰り返しでパーソナルトレーナーとしての職人技が向上していきます。

集客力が永遠のテーマ。

これは若手のパーソナルトレーナー、ベテランのパーソナルトレーナー関係なく、

お客様と出会う術、カウンセリングして新規の顧客として獲得いていく中で集客していく力が無ければベテランでさえもトレーナーとしての活動が続けることはできません。

ただ、ある一定のお客様とパーソナルトレーニングを実施していき結果が出て身体が変わってきたら、

「あれ?最近痩せた?」

「なんかしてるでしょ?」

と言われるようになりパーソナルトレーニングの事をご紹介頂けるようになってきます。

紹介制までたどり着けると集客に関しては不安や焦りを募らせる事なく、

自分のパーソナルトレーナーとしての技術を高めていく事、

そしてビジネスマナーや、新しい事業にステップを進める事ができるようになるのです。

今の自分に何が欠けているのかを冷静に分析。

専門学校では資格を取得する事だけが主な時間です。

卒業していきなりパーソナルトレーナーとして活動するのは、一度社会に出ている方、

既に治療家としての資格を取得している方ぐらいです。

20歳の若者ができる術は、

  1. フィットネスクラブでインストラクター兼パーソナルトレーナーとして活動する
  2. パーソナルトレーナー専門ジムで下積みを積む
  3. 働きながらトレーナー養成コースに入る

3年は下積み時代が必要だと思います。

身体の評価方法、パーソナルストレッチの技術、ウエイトトレーニングのプログラムデザイン、

運動パターンの見分け方、骨格を補正するための技術、競技特異性の理解、

運動負荷の設定方法、様々な事を身につけないといけません。

 

下積みがないままに何となくトレーナーデビューしている人は、3年後にいなくなってます(苦笑)

情熱を持って素晴らしいパーソナルトレーナーが増えてくれる事が日本を変える力になる。

そう信じています。

女性パーソナルトレーナーが少しでも増えてくれるように、女性パーソナルトレーナー養成講座を作っていますので、

ご興味のある方はお問い合わせください。