筋肉の形を綺麗にするトレーニングプログラムとは。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

今日は駒沢トレーニングルームでパーソナルトレーニングを実施させて頂いたのですが、

お客様から「プログラムの組み立て方」についてご質問頂きました。

筋肉の形を綺麗にするトレーニングと筋肉を作るトレーニングは違うの??

お客様と今後のトレーニングプログラムを組み立てる時、

自分の体重を使ってトレーニングする方法と、バーベルやダンベル、マシンで負荷をつけて行うトレーニングを組み合わせてパーソナルトレーニングプログラムを組んでいました。

今までお客様とご一緒させて頂き、上半身の筋肉量があまりにすくなく身体を支える「stabilize:安定性」が懸念されていました。

下半身に関してはどちらかといえば、上半身と比べると筋肉量も多く下肢の「stabilize:安定性」は保てていたので、

そこまで重さにこだわってトレーニングする必要はないかもしれない。。。

そんな事を考えながらお客様にその旨をお伝えしたのです。

 

「確かにIn Bodyを測定すると上半身の体幹がいつも筋肉量が足りないと出ます。。。」

そこで上半身は筋肉量を底上げするために重さにこだわってトレーニングをする方向に。

下半身は筋肉量が少ないわけではないので、

筋肉の形を綺麗にするためのトレーニングプログラムに切り替える方向にしました。

 

そう、筋肉の形を綺麗にするトレーニングと筋肉を作るトレーニングは明らかに違うのです。

筋肉の形を綺麗にするトレーニングとは??

筋肉を作るトレーニングは重さにこだわりしっかり筋肉痛が来るぐらいに負荷を多くします。

さらにプロテインの摂取も欠かさず行い筋肉の超回復を繰り返し行い筋肉を成長させます。

一方、筋肉の形を綺麗にするトレーニングに関しては、

まずターゲットとなる筋肉を意識できるように準備します。

代償動作をしたりして他の筋肉を使わないように柔軟性を出して正しいフォーム作りを目指します。

さらに、筋肉を意識しながらも高回数を行います。

回数を沢山行うことによってできる限り脂肪を燃焼させて筋肉のラインがでるようにします。

 

同じ動作を繰り返し行うと筋肉が形状記憶しようとするので、重さを持たないで回数を沢山行うと筋肉を太くせず女性らしい身体作りが可能になります。

 

ただただ重い負荷をつけてトレーニングするのは筋肉量が増えるかもしれないけど、姿勢を整えたり身体のラインが綺麗になるのとはまた違います。

プログラムの方法で違いが出るのがパーソナルトレーニング。

自分がどんな身体になりたいのかを決めておくと、本当に自分にあったパーソナルトレーニングと出会えるでしょう。