筋トレには有効期限がある。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは!

 

筋トレにも有効期限がある!

車を運転したり、同じ姿勢で長時間デスクワークをしていると酷い腰痛になってしまうお客様。

原因を究明し、筋肉が弱い箇所は筋トレをして強化し、硬い箇所はストレッチやトリートメントを実施してコンディショニングをご案内しています。

 

池野とご一緒する場合は痛みは感じなくなるのに、日によって痛みが再発してくる事が何度かあったそうです。

腰痛が出てきたとしても歩いたり少しずつストレッチで身体をほぐすと痛みが和らぐそうなのですが、なぜか痛みが再発してしまう。。。

最初は

  • 筋バランスが整っていない
  • 体幹の筋肉が育っていない
  • 姿勢が悪い
  • 体が冷えている

など色々考えたのですが、どれも当てはまる(苦笑)

問題点は分かっているけれど日常生活に支障が出ているお客様の状態を何とか少しでも緩和して頂けたらと思い何ができるかと考えました。

 

するとある事が思い浮かんできたのですが、「筋トレには有効期限がついている」という事です。

これは筋トレやランニング、体幹トレーニングやサーキットトレーニングでも筋繊維が損傷するような運動強度でトレーニングを実施した場合、

筋繊維や細胞レベルで回復をするためにはトレーニング直後の48時間から72時間が回復に必要な時間だとされています。

 

逆を言えばパーソナルトレーニングで筋肉を強化できたとしても、成長ホルモンなどのおかげで48時間から72時間後には筋繊維や細胞は回復していることになります。

筋肉が回復しきると、また同じ日常生活に戻っていくのですトレーニングしていたことを忘れそうになってしまいます。。。

せっかく池野とパーソナルトレーニングをしても48時間から72時間たてば回復してしまうため、筋肉が緩んでしまうこともあるのです。

トレーニングしている時には筋肉たちが機能的に関節や組織を支えていても、

形状記憶までに至らなかったら同じ痛みを誘発してしまうことは大いに考えられます。

 

お客様のケースですと、池野とのパーソナルトレーニングを終え3日から4日経過したぐらいからいつも痛みが出るとおっしゃっていたので、

1週間、トレーニングの間が空かないように途中で自主トレーニングを実施頂くようにお願いをしてきました。

本当はパーソナルトレーニングを週に2回実施できれば一番良いのですが、なかなか時間も取れないので自主トレーニングをお勧めし、

常に間を空け過ぎないようにして頂くようお伝えしてきました。

トレーニングの頻度で言えば週に2-3回が理想だと言われるのは、

筋肉が回復しきる手前で常に新しい刺激や負荷を筋肉に与えることによって成長を続ける事ができるからです。

まさにAIかもしれません。