猫背は現代病。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんにちは。

猫背で姿勢が気になる。

慢性的な猫背の姿勢は大人だけではなく子供たちにも広がっていますね。

パソコンやテレビゲーム、携帯電話を見ている時の姿勢がそのままに普段の姿勢に現れています。

猫背でも見た目を気にしなければ。。と思ってはいけません。

猫背は現代病。

猫背は背骨の周り、つまり「コアユニット」の筋力不足または柔軟性不足です。

コアユニットとは、

  • 骨盤底筋群
  • 多裂筋
  • 腹横筋
  • 肋間筋

などの背骨と胸郭にまつわる筋肉群です。

これは呼吸筋とも言われていますが、体幹を支えるのに必要な筋肉群です。

体幹トレーニング、筋力トレーニングをすることも猫背が改善されますが、

本来あるべき骨格の場所に収まっていない状態で筋肉を沢山つけても、間違った骨格の場所のままなので、

筋肉だけ成長して骨格は変わらず。

背骨のニュートラルを作るために。

背骨のS字を取り戻すためには、骨盤が後傾しないように骨盤を前傾に保つ必要があります。

猫背のお客様は前屈することが苦手で、太ももの後ろからふくらはぎまでの筋肉で骨盤を引っ張られる傾向があるからです。

別のタイプで骨盤前傾で猫背の方もいらっしゃいます

骨盤が後ろに倒れている状態では背骨を正常の位置(S字)に維持できないので、

まずやるべきことは骨盤と背骨の関係性を作り上げることです。

  • 長座で膝を曲げずに座る
  • スクワットで股間節をはめて縮める

など、骨盤と背骨が気持ち良く連携できるようになれば猫背も改善されるでしょう。

 

猫背は現代病。

頭痛、肩こり、呼吸が浅くなる、代謝不良、疲れやすい、

腰痛にいなりやすい、

などその他の弊害を誘発させてしまう猫背。

背骨の柔軟性、姿勢は老化のはじまりだとも言われています。

(お年寄りの方は前かがみになっていきますよね)

アンチエイジングのためにも猫背は今から予防しておきましょう!