お知らせ

10年単位で運動方法を見直す必要がある。


世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。



今日のスタートは70代のお客様とのセッションでした。


いつも「池野さんについていくのに必死よ」と言いながらも一生懸命ついてきてくださるので俄然池野もやる気に満ち溢れてしまいます笑


70代ぐらいになってくると「筋トレして筋肉量を増やす」ことはあまり期待できません。

どちらかといえば今以上に筋肉が落ちないように、バランスを取りながら重力に負けないように姿勢を維持したり、歩行に必要な動作を見直したりすることの方が重要です。



日々、自分の気づかないところで意識して使うことができなくなっている筋肉は増え続けていきます。


ライフスタイルが変化に富んでいない限り、日常動作が繰り返されるだけで習慣化されてしまえば同じ筋肉だけを使って生きていくことができるからです。



時々、スーパーでも腰が折れ曲がったご高齢の方をお見かけしますが、ご本人たちは気づかない間に体がどんどん前に倒れていき、背中の筋肉を使って上体起こしすることができなくなっています。



筋肉量が増やせられる年代はギリギリ50代ぐらいまででしょうか。


関節が強い負荷に耐えられるか否かで決まってくると思いますが、ずっと一生筋トレをし続けることはできません。


年代によってトレーニングの優先順位は変わってくるので、無理に筋肉量を増やさなければ!と思う必要もありません。


ただ、若い頃にはでき限り貯筋を作って健康寿命が伸ばせられることがこれからの課題ではないでしょうか。


ちなみにですが、10年単位で運動方法も見直す必要があると池野は感じています。




筋トレを中心に10年が経過するぐらいになって身体の不調が色々と出てきていたので、以前と同じような骨密度、腱の強さなど劣化してきている部分があります。


劣化している状態で強度をどんどん強くすれば関節や筋肉は傷んでしまい、回復力に関しても以前と比べれば治癒能力は落ちているはず。


筋トレがしっかりできるようになったら、次のステージに向けて新しいトレーニング方法と出会う旅に出てみてください。


私は早い段階でピラティスやマラソンと出会うことができましたが、次は運動連鎖と絡めて自分を成長させていければと思います!




股関節のゴリゴリする音が消えない!?


世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。


股関節のゴリゴリする音が消えない!?


股関節が硬くていつも前屈するのに苦労しているお客様。


今日は一段と固くなっていたので、念入りに時間をかけてセルフストレッチ、動的ストレッチ、パーソナルストレッチを組み合わせて柔軟性を評価していきました。


【セルフストレッチ】

お客様が自分でストレッチフォームを作って伸ばしていく方法です。身体の使い方が理解できている方はセルフストレッチでも十分に可動域を向上させることは可能です。


どうしてもセルフストレッチだと、狙った筋肉を伸ばして痛かったりすると余計な力が入り緊張する場合も。
筋肉のストレッチを感じたらその場で静止し、可動域が緩んで広がってきたらさらに伸長させていきます。


痛みに対して力が入りすぎないように呼吸を忘れずに行うことがポイントです!




【動的ストレッチ】

セルフストレッチとは違って、アクティブに身体全体を動かしながら関節可動域を広げていきます。
「1つの筋肉を集中して伸ばしていく」よりも、動きの中で筋肉、腱、関節の柔軟性を高めていくことが可能です。


お客様の右股関節を動的ストレッチで確認してみると、骨盤から大転子に違和感と「ゴリ、ゴリ」という音が聞こえていました。



右股関節は以前から内旋し、X脚の疑いもあり股関節の可動域が広がりにくい。。。


特に矢状面(身体の前後方向)、前額面(身体の横方向)の股関節に関わる筋肉達を整える必要があり、今の状態で股関節の音が鳴り続けてしまうと骨盤と大腿骨頭に負担がかかり変形性股関節症になるリスクが高くなります。


変形性股関節症になると人工股関節を手術で入れなければならず、閉経後の女性70歳以上になってくると変形性膝関節症と同じぐらいに疾患に苦しんでいる人が多いです。


基本的に関節音は鳴らない方が良い


関節を動かした際に「ゴリゴリ」「コキッ」と音が鳴るということは関節の中にある関節包で潤滑液が循環していない、筋肉の温度が上がりにくく血液循環が悪いなどの理由で本来の機能が失われています。


滑らかに動く関節からは音は鳴りません。


毎回関節音がする場合は何かしらのサインだと思って下さい!



時々加齢を理由にされる方もいらっしゃいますが、加齢だけの理由ではなく適切な関節の位置を保てていなかったり筋力バランスが悪かったりなどの理由であることを認識しましょう。



出張パーソナルトレーニング は評価が重要。



世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。



こんにちは。


池野が「お客様の自宅に出張パーソナルトレーニングしてトレーニングしています 」と説明していると、知らない方の顔に

『自宅でどんなトレーニングするの??そもそも自宅でトレーニングなんかできるの??』という疑問が表情に見て取れます(苦笑)


フィットネスクラブのような器具があるわけではないし、自宅でできることなんて限られている。。。と思われるでしょう。


池野が主に時間をかけて重要視しているのは「評価」です。


評価がないままにトレーニングプログラムは提供できない。これは医師が診断し薬を処方するのと同じでカウンセリングをして症状から推測しながら原因を特定していく必要があります。


評価とは、


・姿勢評価(骨格、重心、上肢と下肢の関係性)
・評価エクササイズから評価(主にピラティス)
・運動連鎖評価(関節の連鎖、左右の相対性)
・呼吸の評価
・柔軟性評価
・脳と筋肉のフィードバック評価(意識や感覚)
・痛みの評価



書き出していたら、自分でもびっくりするぐらいにお客様の身体を色んな角度で評価していました笑


1つの側面では一概に言えない、見えないところも姿勢の評価から運動連鎖を組み合わせてお客様の身体を見たときに、


お客様でも気づいていなかった左右の相対的違いや、痛みの原因が見えてくることが多い。



そして、毎日同じ身体の状態とも限らないので、


「先週は右足部が硬くて使いにくい」

「今週は左足部がバランスが悪くて片足で立てない」


毎週お客様の評価をしていても、1週間の中で行動様式や行動量、環境(外出していたのかオフィスワークだったのか)でも全く異なる身体の状態。



毎週、繰り返し評価を行なっているとお客様の身体の反応や動作バターン【癖】が見えてくるから面白い!!


人の身体は複雑で面白い!!


メンタルの状態でも身体が硬かったり、重心が沈んでいたり、呼吸が浅かったり。。。


だから評価に時間をかけ、その日の戦略を立てることに注力します。



フィットネスクラブのような器具がない分、評価に時間をかけて特別なエクササイズをしなくても評価の中で発見した修正点をついていけば結果が出やすいのです。


筋肉をつけたい方はフィットネスクラブなどの器具がある場所に来ていただいた方が有効ですが、


これからは筋肉を沢山増やす運動よりも、効率的に身体を動かせ姿勢を保てる身体作りにシフトしていくでしょう。



新しい価値を求める声に出張パーソナルトレーニング がマッチしているのだと思います!


産後ママの悩みは抱っこ!!




世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。


産後ママの悩みは抱っこ!!


今日は産後のお客様のご自宅へ伺ってきました。

第二子の出産ともあってママは大忙し!一人目の時と違ってミルクも使いながら二人のお子様の育児に奮闘されています。。。



産後の体型は少しずつ戻ってきているものの、二人の子育てに体力の必要性を日々感じていらっしゃるようで最近は積極的に自宅でできるエクササイズについてご質問を頂きます。


女性同士だからこそ言いやすいですが、ママがてんてこ舞いでストレスを抱えると母乳がうまく出せなくて乳腺症になったり、


抱っこ姿勢が長くなって姿勢が崩れてきて肩こりや腰痛、時には膝にも圧痛を感じるようになったり1日に中赤ちゃんを抱っこしていると身体が辛くなってくるんです。。。

今日のお客様も「何より抱っこが大変!!」とおっしゃっていました(苦笑)


赤ちゃんを何時間も抱っこすると、腕も疲れて骨盤で赤ちゃんを支えようとしたりすると。。。



  • 重心が傾いて左右に偏りが出る
  • 骨盤を前に突き出すような姿勢で赤ちゃんを抱っこ
  • 腕で赤ちゃんを抱きかかえるの腕が疲れる
  • どちらかに赤ちゃんを抱きかかえるので肩が下がって肩こりに
  • 背中を丸めて抱っこして猫背から腰痛に
  • 重力に対してお尻の筋肉が使えず姿勢が保てない


赤ちゃんが鳴き始めると抱っこを止めるにもいかず、抱っこの姿勢が「いつもの姿勢」に変わっていき、身体のアライメントが崩れていく。。。


赤ちゃんは自分の存在よりも大事なことは間違いないけれど、ママの身体も家族にとっては優劣つけられないぐらいに大事なのです。


赤ちゃんの側にいてお世話ができるのはママだけだから。


子育てはロングランだからこそ、ママの体調は崩せない。


産後ママの悩みである抱っこの痛みや疲労から少しでも開放できるように池野式地味トレと運動連鎖アプローチでお悩み解決致します!


高齢者の運動指導は特殊なスキルが必要。


世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。



こんばんは。


「駅まで買い物できるようになりたい」


先日お客様からのご紹介で新規のお客様のご自宅へ伺って参りました。

年齢がなんと88歳!




今までご案内させて頂いたお客様の中で一番の年長者です。。。


「先生、私駅まで買い物ができるようになりたいんです」


変形性膝関節症と脊椎管狭窄症、脊柱の圧迫骨折などを併殺されており運動に対してかなりリスクが高いように感じました。


治療家の方の先生に治療をお願いしたり、区のサービスで自宅に作業療法士のような方が来てくださっていたり色々とできることは取り組まれているようでした。


ただ、「自分としては何かが変わったような実感があんまり持てないんです・・・」


普通だったら88歳にもなってくると、身体のアチコチが痛くて怖くて身体を動かそう、運動しよう!とは思いにくいはず。



ひ孫さんがお隣にいらっしゃることもあり、まだまだ元気でい続けたい!というお気持ちも強いのかバイタリティに溢れています。

高齢者の運動指導は特殊なスキルが必要。




どうしても私たちとは違って脳と筋肉を結ぶ体性感覚が落ちている部分が顕著にあるため、筋肉に力が入っているなどのフィードバックを得ることができません。


筋肉は動いているけれど脳で受け止められないので「どこの筋肉を使っているか分からない」という回答が何度も返ってきます。


そんな高齢者の方に「この筋肉を使って欲しいから意識してください!」というのはかなりハードルが高すぎて時間だけが経過していくでしょう。


高齢者の方の運動指導には完璧を求めない、そして感覚受容器の働きが低下しているのでフィードバックを期待しないことを前提にしてセッションするべきだと考えています。


「できないことが当たり前」なので、理解できなくてもいいので正しい運動連鎖が私たちから見て少しでも構築できればそれで十分な運動効果に表れることが多いです。


88歳のお客様とパーソナルトレーニング をさせて頂けるのは私にとっても今までの中で感じたことのない引き出しを開けたり、リスクを取りながらもトレーニングをしていただくことはこの上ない経験です。




今までのプログラムを改定して運動強度を下げながら結果を出さなければなりません。


お客様の駅まで買い物に行けるようになりたい!を叶えて頂けるようにご案内して参りたいと思います!



noteを更新しました→ note



女性として生まれたからこそボディメイクを楽しんでほしい。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんにちは。

女性として生まれたからこそ。

GWいかがお過ごしですか??

池野もお客様がGWで東京にいらっしゃらないこともあり仕事もゆっくりなのでエネルギーをチャージしようと思っています。

その方法の1つが新しいトレーニングウェアを新調すること!

今までは配色が暗めで身体のラインがあまり出ないものばかりを選びがちでしたが、最近では明るい色をできるだけ選ぶようにして顔色が明るくなるように意識しています。

今までは自分でしっかりトレーニングもハードにこなしているしパーソナルトレーニングで正しいトレーニングフォームが見えるようにしか考えていませんでしたが、

身体を綺麗に見せるためにはどうしたらいいか??という視点で考えていなかったので全身のバランスがちぐはぐでした。

 

上半身は特に両肩とウエストの比率が絞れていなかったし、

ウエストに対してのお尻の形なども女性らしさを演出する上では重要なパーツです。

いくらスクワットが重い重量挙げられたとしても太ももとお尻の比率で太ももの方が太かったら下半身が太く見えるに決まっています。

背中にある肩甲骨の位置を補正しないと二の腕は細くなれないし、

背中で姿勢を引き上げられないと胸が下がってインナーマッスルも働かないので自信がないように見えてしまいます。

 

特に私たちのボディメイクに関してはお客様もよくご覧になっていて少し体重が落ちたり、トレーニングが定期的に行えると「あれ、池野さん痩せた??」「池野先生、トレーニングされてますね」と敏感に反応頂きます。

自分の身体は一種の広告でもあり、自分を表現する1つの方法でもあり、

「女性らしい身体作りの見せ方」という点でとても重要なことに気づきました。

 

 

ボディメイクで自分に自信を持てるようになると色んなトレーニングウェアにチャレンジしたくなるし、洋服を選ぶことも楽しくなってきます。

今は自分の洋服を選ぶことも億劫でスタイリストさんにお願いをしてセレクトしてもらうサービスもあるようですが、せっかくなら自分の身体にフィットした洋服、身体を引き締めてからお気に入りの洋服を着た時の喜びを知ってほしい。

 

お顔のメイクやスキンケアは時間をかけて頑張るのに、

身体のボディメイクにはなかなか意識と時間をかけている方は少ないように思います。

 

女性として生まれたからにはメイクもボディメイクも頑張って、自分に自信を持って毎日を楽しんで欲しいと思っています!

 

 

色味で全然顔の表情やカメラの色彩も変わって与える印象に差ができますね。。。

最近は怖い池野トレーナーから、優しい池野トレーナーにブランディングを変更中!笑

Google先生は教えてくれない。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

Google先生は教えてくれない。

現代ではスマートフォンやパソコンがあれば分からないことは「Google先生」が教えてくれます。

新しい場所へ行く時も地図で検索すれば駅からの道順も楽々。

考えなくてもGoogle先生が教えてくれるので効率的なのかもしれません。

 

ただ、Google先生でも明確な答えが出せないのがダイエット関連の「痩せられない原因」や「ボディメイク方法」を特定できないことです。

個別性によって理由は様々、痩せられない理由があり手段や方法も沢山ありすぎて特定する事が難しい。

ダイエットの真髄で言えば、

  • 運動やトレーニングをして消費カロリーを増やす
  • 食事コントロールで適切なカロリー摂取を行う
  • ストレスを減らして睡眠をよくとる

この3つが噛み合った時に体脂肪は減らしやすいし、筋トレを定期的に行えば必ず筋肉量が増えて筋肉の美しさが外側に見えてくるようになるでしょう。

ダイエットもシンプルなはずなのに、迷走してしまうのは多くの人が食事コントロールができないからだと言えます。

 

食事のカロリーを削れば削るほど体重は落ちるでしょう。

ですが、ずっと一生食事制限し続けることはできません。というか人生が楽しくないです。

大事な人と一緒に食事して命をつなぐためにエネルギーを身体に入れなければならないのに、それを削り続けるというのは。。。

池野が好きではありません(苦笑)

 

どんな身体でいたいですか??とお尋ねすると「太りにくい身体作り」とお答えいただく事が多いのですが、

答えの先には「身の回りにいる大事な人と一緒に美味しい食事を楽しみたい!」というお客様の願望が隠れているのではないでしょうか。

ダイエットして痩せることの先を見た時、

お客様の願望を満たすものでなければ意味がない。

 

  • 異性にアプローチされたい、
  • 健康管理ができるようになりたい
  • 自分に自信を持ちたい
  • 自分の殻を破りたい、

「ダイエットしたい」という言葉の裏側にどれだけの想いが詰まっているのだろう??と思ってしまいます。

カウンセリングの時にお客様自身でも気づいていない本当に叶えたい願望がパーソナルトレーニング で叶えられたら、

きっとこの先辛い事があっても難なく乗り越えていけるのではないでしょうか。

結果としては自分のコンプレックと向き合って1歩踏み出せたのだから。

 

Goole先生は教えてくれないかもしれませんが、

私たちパーソナルトレーナーが痩せない理由を突き止めて一緒に問題解決していきます!

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

運動連鎖アプローチ「体幹(脊柱)の運動連鎖アプローチ」に参加してきました!

今日は4月なのに冷えましたね。。。

移動が多かった方が大変だったと思います。

池野も今日は相模大野まで出向いて毎月開催されている運動連鎖アプローチ協会のセミナーに参加してきました。

講師は運動連鎖アプローチ代表の理学療法士天才山本先生です。

今回のテーマは「体幹(脊柱)」にフォーカスされたもので腰痛に関係性にある腰仙関節についての考察と運動連鎖について学んできました。

 

前回実施された「骨盤帯(仙腸関節)」と合わせて復習もしながらでしたので繋がりが分かりやすかったです。

体幹を構成している筋肉は仙腸関節や腰椎を支えていますが、

  • 大腰筋
  • 腰方形筋
  • 腸骨筋

上記の筋肉が骨盤と脊柱を安定させて体幹を守っています。

上記の筋肉が機能しないと脊柱と骨盤は不安定になり腰痛だけではなく、首やその他にもあちこちに負担がかかり

  • すべり症
  • 股関節痛
  • 急性期ヘルニア
  • 狭窄症
  • 頚椎前方突出

急性期のぎっくり腰や慢性的な痛みが発症してしまいます。。。

今日はフライエットの法則にならって脊柱の動きについて解説頂きながらパートナーと一緒に腰仙関節を見ながら脊柱を動かしていきました。

ちなみに、
①タイプⅠ
胸椎または腰椎が中間位(安静・正常)にある時、側屈と回旋の運動は、側屈と回旋の動きが反対の方向に起こり、凸方向への回旋を伴う。
②タイプⅡ
胸椎または腰椎が十分に前方または後方へ曲がるとき(非中間位)、側屈と回旋が同方向に起こる。

 

私たちパーソナルトレーナーは腰痛のお客様が来た際にストレッチなどで腰痛となっている原因を探りながらグローバルマッスルにアプローチしていきますが、

直接脊柱に対してのアプローチはできていない、というか見れていません。。。

理学療法士の方々が見ている骨盤、脊柱の機能性はフライエットの法則から考察して色んな角度で試して細かく治療に取り組んで事が分かります。

パーソナルトレーナーが到達できる領域ではないなと思うばかりです。

 

治療が終わり自由診療に切り替わったクライアントは病院での短いリハビリ時間に対して費用対効果の期待値は低く、私たち運動指導の現場、パーソナルトレーニング や出張パーソナルトレーニング に運動療法を求めてやってきています。

だからこそ、パーソナルトレーナーも治療はできなくても運動療法的な考え方で運動指導できるスキルを少しでも知識として取り入れていかなければ今後は腰痛疾患のお客様が増えた時に対応できないでしょう。

 

実際に池野のお客様にも慢性的な腰痛を持っているお客様が増えてきています。

治療まではないけれども慢性的にずっと違和感と付き合っている方々です。

ピラティスやトリートメント、そして最終的にはファンクショナルな動きを取り入れながら腰痛の違和感を取り除くことを目指していますが、

運動連鎖アプローチの考え方に触れて今では以前よりも自信を持ってアプローチする事ができています。

天才山本先生の講義はパーソナルトレーナーの私たちにも分かりやすく解説頂けるので分かりやすいです!

一緒に参加している理学療法士の方々(皆んな年下でびっくり!)

私が知らない世界で活躍している彼女達の話はまた刺激的でした。

 

慢性的な腰痛を毎日我慢しながら過ごしているとしたら、

一度運動連鎖アプローチのセッションを受講してみてください。

骨と骨の関係性、靭帯の関係性、筋膜の関係性、ありとあらゆる角度で身体が生まれ変われますよ!

身体のバランスが保てない〜修正能力をつける重要性〜

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

身体のバランスが取れない。。。

一般のお客様、そして私たち運動指導者でさえも身体のバランスは左右均等、前後バランスは均等ではありません。

究極を言ってしまえば臓器が左右対称にしてあるわけではないので比重も違えば、左右で内臓の機能も偏っています。

理学療法士の先生曰く「臓器が左右均等ではないにしろ、外側の関節や筋肉はなるべく左右バランスに差がない方が良い」とおっしゃっていました。

 

お客様の身体を評価する際

矢状面 →身体を正面から見て左右に見て輪切りにした状態で評価する面

全額面 → 身体を横から前後に見て輪切りにした状態で評価する面

水平面 →身体を上半身と下半身に分けるように輪切りにした状態で評価する面

 

上記のようにしてお客様のバランスを評価していきます。

さらに細分化して首、肩、肩甲骨、胸郭、骨盤、股関節、膝、足首といった関節ごとに左右差を見分けてどの筋肉に問題点があるのか確認していくのですが、

このバランスが崩れていくと歪みや関節に負担がかかり神経的な痛みや慢性的な痛みが出て違和感となって残っていきます。

肩こりや腰痛といった現代病も姿勢が崩れて筋肉や関節に負担がかかり症状として出ているのです。

姿勢崩れや身体のバランスが保てない状態を長く続けてしまうことによって今度は姿勢が崩れている状態が環境として成り立ってしまい、

環境の中で脳はなんとか適正にしようとアンバランスで身体を支えようとするので、バランスが崩れていても生きてはいけるのですが。。。

 

今度はどこに自分の軸があるのか脳がすり替えて記憶しようとしてしまうので、

昔の歪みが無かった頃の状態を思い出そうにも思い出せないままに身体が崩れていきます。

年齢を重ねていくと筋力も低下(サルコペニア)、柔軟性や身体の軸を作るための体幹を連鎖させて動かす作用も失われて機能不全が起きていくのが老化です。

 

多くのお客様が何かしたのアンバランスで日常生活を送っていらっしゃいます。

自分でバランスが崩れていることを感じ取れている方もいれば、

自分の身体がバランスを取れていないことに気づいていないことも。。。

 

まずは自分の正中線である軸をきちんと作っていくことが重要で、

多少バランスが崩れても自分で修正する力をつけていけることが痛みや違和感をなくしてライフスタイルを確立していける秘訣です!

修正能力を高めてバランスを崩さないようにするために自分が持っている能力を呼び起こしていきましょう!

スクワット嫌いな女性達へ。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

スクワット嫌いな女性たちへ。

1年ぐらいご一緒している女性のお客様。

最初は全く筋肉が無くただ細いだけのボディラインだったのがこの1年間、週2回のパーソナルトレーニング を経てメリハリボディを完成形に近づけています。

筋肉量が増えて体重は増えているのに、ジーンズのサイズは落ちて見事は6パック!

池野が羨ましいぐらいな綺麗な筋肉をつけていらっしゃいます。

Willworkout六本木にあるグルーツビルダー(お尻専用の筋トレマシン)を中心にお尻も造形的な美しさです!

(写真でお見せできないのが残念です。。。)

 

デットリフト、シングルランジ、ワイドスクワット、ヒップフラスト、サイドランジといったお尻をトレーニングする種目にトライ頂きある程度の種目ができるようになってきました。

そんな中、「今日はフォーマルなスクワットに挑戦してみましょう」とご提案したときに

 

「スクワットって脚が太くなりませんか??」

「以前自己流でスクワットしていた時に太ももばかりが筋肉痛になった印象しかなくて」

下半身トレーニングで代表的なスクワット。知名度は高いものの初心者の女性が独自に挑戦してみた感想は「太ももに筋肉痛がくる」という事実。

テレビや雑誌ではお尻を鍛えたり太ももを細くするためのエクササイズだと紹介されているのに自分でやると太ももが心なしか太くなる実感しか湧かない。。。

いつしか女性の心にはスクワット=太ももを鍛えるトレーニングとして定着されてしまったのかもしれませんね。

スクワットもシンプルで分かりやすいのですが、実は緻密にトレーニングフォームを作らなければ正しいフォームで目的の筋肉を意識して負荷をかけることができません。

足首、膝、骨盤、そして体幹といった関節を安定と可動を同時に行いながら重心を上下するこの運動。。。

 

【考察】

足首が固たい人:足首が硬いと下にしゃがめないため、膝がつま先よりも前方に出てしまい太ももで身体全体を支えます。

股関節が固い人:お尻を突き出しながらしゃがめないので膝がつま先よりも前方に出て太もも全体で身体を支えます。

猫背の人:自然なS字カーブを保てないため、お尻を突き出すことができずに太もも全体で身体を支えます。

体幹で支えられない人:肋骨と骨盤の間にある「コア」を支えられず腰椎前弯が顕著に出て腰に負担を抱えながらスクワット姿勢を作ります。

 

1つの問題がスクワット姿勢を作るために大きな壁になって本来鍛えたい場所に負荷をかけられずに終わってしまうという残念な結果が残ってしまっているとしたら勿体ない!

スクワットは全世界で推奨される素晴らしいエクササイズの1つなのですが、その前に下準備ならぬストレッチや体幹トレーニング、部位別エクササイズなどを組み合わせて最終的にスクワットフォームを完成していくのが理想です。

 

パーソナルトレーニング では苦手なトレーニングやエクササイズがなぜできないのか??を考察して問題点を評価しながら進めていきます。

できない種目があるとすれば筋肉が硬い弱い、あるいは間接の不安定性、連鎖反応がうまく表現できていないなどの問題点が考えられ日常生活の中にも支障をきたす場合があるからです。

 

頑張って努力してトレーニングしても結果が出なければ、成果が見えてこなければ継続する気持ちもしおれてしまう。。。

そうならないためにも結果を出せるように、自分の身体を今よりもちょっとでも好きになれるように一緒にパーソナルトレーニング で美Body目指してみませんか??