お知らせ

隠れている仙腸関節不安定症!



世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。



おはようございます。


Joint解剖学・運動学テクニック「骨盤」


昨日は運動連鎖スキルアップコースに参加していきました。


毎回参加する度に「理学療法士の方のセミナーだったような・・・」と思うぐらいに修正エクササイズが多く盛り込まれて今日も股関節周辺が地味に筋肉痛です苦笑

「仙腸関節不安定症」

理学療法士の方々のセミナーに参加するようになって整形外科的疾患名を初めて聞くものやメカニズムを知る事が多く、


昨日は仙腸関節不安定症について評価したり修正エクササイズについて学びました。



整形外科で腰痛を主訴として来られた方には仙腸関節周辺のレントゲンを撮影するそうです。


変性があったり、歪みなどから診断をしていくのですが仙腸関節不安定症はレントゲンに写らないそうで医師が触診、評価しない限りは見つかりにくい。。。

レントゲンの撮影だけではなくきちんと触診、評価できる医師のところに行かなければリハビリも保険適応でできず、


病院で医療が受けれず難民の方は整体やカイロプラクティックに駆け込んでいるのが現状だそうで池野は驚きました。


仙腸関節不安定性のメカニズム。。。


仙腸関節が不安定になる理由として骨盤の閉鎖力が弱くなっていたり、左右で相対的に見たときに左右差が大きく出て代償動作が起きて身体の違和感が出てくる。

  • 腸腰筋低下
  • 骨盤底低下
  • 内転筋過緊張
  • 不安感、ストレス
  • 座位困難

明確な原因だったり、きっかけが特にない事で発見が遅れる方も多いそうです。

これは痛みや違和感の場所が散在して転移して何が原因なのかも分からず騙し騙し生活してしまうからのようですが。。。。


この仙腸関節不安定症は特に若い女性が多いそうなので、要注意です!



骨盤の閉鎖力は整体師、カイロプラクティックで調整して骨盤が整ったとしてもその後自身のインナーマッスルや筋肉群で補強できるようにエクササイズをしないと、同じ事を繰り返してしまうのが真実です。


骨盤の閉鎖力が作用しないがために、腰椎に違和感が出たり、膝が痛くなったり、頚椎ヘルニアになったり、他の場所に違和感が波及することも珍しくありません。



まさに池野のお客様に当てはまる方がいらっしゃるので、いくつか修正エクササイズをご案内していきたいと思います。


原因がよく分からない腰痛や身体の違和感をお持ちの方は誰に相談していいのか分からず、そのままにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。


医療機関でも診断されにくいので、運動連鎖アプローチ協会で学んでいる理学療法士の方に相談してみてはいかがでしょうか??


池野もエクササイズはご案内できるのですが、心配な方は医療に携わっているプロの方にご相談された方が安心かと思います!



あと1年なのか、あと1年しかないのか。


世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。


スポーツの盛り上がりが凄い!!


今夜はスポーツの生放送が多かったですね。


サッカーKIRINチャレンジカップ  対 パラグアイ戦


FIBA バスケットワールドカップ 対 カナダ


手に汗握って池野見てました。。。


オリンピックに向けてどの団体もテストマッチしながら代表選手を先行したり、チーム全体を構築している様子も伺えて、


あと1年あるのか、あと1年しか無いのか。。。


選手達からするとあと1年しかないので、毎日できることを個人でも集団でも必死に取り組んでるようにも見えます。


選手達の長期的な目標とそれに向けてピリオダイゼーション【区分け】して実践していく行動力は本当にすごいです。


それが本職だから当たり前と思ってしまいますが、

人生の全てをかけて自分にプレッシャーをかけながら肉体の限界を超えるように日々努力しています。


だから沢山の人に感動を与えられる存在になっていくのだと思いますが。。。


日本のため、応援してくれる人のために頑張れる。



アスリートではない私たちはどうでしょうか。


誰のために頑張るの??


自分のために頑張るのでしょうか??


それぞれに答えがあっていいと思います。


パーソナルトレーニング の第三の場所。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。



こんばんは。

パーソナルトレーニング の第三の場所。


今日は予てから予定していたレンタルジムに見学に行ってきました!


11年来ずっと恵比寿で活動を中心にしていたので、恵比寿のレンタルジムにてお客様をご案内する事にしました。


今日見学に行ったのはTHE PERSONの恵比寿店。


レンタルジムのシステムや規約の説明を受けて実際に見学もさせて頂きました。


レンタルジムでの池野が気になった点は、

  • キャンセルポリシー
  • 予約方法
  • 清掃方法
  • 時間厳守



①キャンセルポリシーは24時間


こちらはトレーナーがマイページを作成して予約をするのですが、24時間まではキャンセル料はかからず、24時間以降からレンタル料全額かかってくるそうです。
ただ、着替える時間も考慮して予約をしておかないと、次のトレーナーとお客様が来館してしまうので予約時間に関しては75分から90分の予約が必要のようです。


②予約方法

先ほどお伝えしたようにパーソナルトレーナーが基本的にはマイページを作成し予約を行います。

恵比寿以外にも都内にはいくつも規格運営で店舗展開しているようなのでお客様もトレーナーも場所を固定せずに選べるのでこれからフリーランスで活動するパーソナルトレーナーにとっては第三の場所として重宝されそうです!


③清掃方法

フィットネスクラブでしか活動していないパーソナルトレーナーだと、ジムを使用した後に清掃をしない人が意外と多く、プレートもそのままにして帰る人も多くて実は困ります。。。
汗かいているのに、シートを拭かないなどのエチケットもなっていない人もいるので事務局に確認しました。

清掃していない場合は、様子を撮影して事務局に連絡して良いとのこと。


④時間厳守


これも多いのですが、時間を守らないパーソナルトレーナー多いのです。。。
他の人の予約時間になってもオーバーしてセッションを続けていたり、予定よりも早く到着してセッションの途中で来館してきたり。。。

その事も懸念していたので事務局に対応策を確認してきました。


誰にも見られず、パーソナルトレーニング に特化してセッションを希望される方の新しい選択肢としてレンタルジムが今後増えてきそうな予感がします。


背景としては東京体育館でフリーランスパーソナルトレーナーが活動できなくなり、お客様共々彷徨い続けてニーズが増えている模様です。


マイクロジムも乱立しパーソナルトレーナーが足りない状況なので、ジムが稼働していない時間も増えて経営者としては悩みのタネ。


そんなオーナーの方が増えてレンタルジムとして貸し出す選択肢も増えているようですね。


フィットネスクラブに通うよりもしっかりパーソナルトレーニング を実施したいお客様には新しい形のパーソナルトレーニング が受講できる場所となりそうです!

お客様と同じ目線で、同じ共通言語で。



世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。



お客様のニーズを読み間違えないように。。



自分が良かれと思ったことが相手にとって望まれている事とは違う。


お客様がどんなその瞬間どんなニーズを持っているのかを冷静に読み間違えないようにしっかり引き出せているのか??は毎回確認する必要がある。


自ら主訴を訴えてくださるお客様ならば分かりやすいし、有難い!!


自分の主訴をあえて言わないで空気を読むように「分かってくれる」「きちんと聞いてくれる」をカウンセリングを交えて理解してくれることを求めているお客様の方が多いかもしれません。



共通言語がないままにパーソナルトレーニング を進めてもお互いがストレスになって仕方がない。。

どんなに技術があるパーソナルトレーナーでも、海外で経験値が高いパーソナルトレーナーでも、


お客様のニーズを読み取れなければ継続して頂けない。



パーソナルトレーナーで最も長けていたい能力の1つは「傾聴」する力と、


お客様の状況を自分の中で想像力を働かせて、評価テストから問題点を導く力。

この2つが現場で求められています。


私も日々お客様のニーズが変わったり、身体の状況が変わっていないかを目で、耳で肌で感じ取ることに神経を尖らせています。



お客様と同じ目線でお客様と共通言語を持つことが継続性を高める第一歩です!

人生3度目の閉鎖。




世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。



こんばんは。


人生で3度目。




池野が初めて経験したのは20歳の時。


2005年博多の中洲川端駅の真上に西日本最大級のフィットネスクラブ「株式会社EXPRESS」での活動をスタートしました。


25Mプールが6レーン、ウォーキングコース、ジャグジー、ミストサウナ等の最高クラスのプール施設。



ランニングマシンが20台、筋トレのマシンも20台、フリーウエイトエリアも充実した素晴らしい施設でしたが出資者と業務委託を請け負っていたフィットネスクラブのメガロス〈野村不動産系列〉の意見対立による業績不振でフィットネスクラブが閉鎖されることが決まりました。



(私の記憶違いでなければ1年も営業できていなかったのではないでしょうか。。。)


幸いにも立地的にも施設のキャパシティでも西日本最大級なのですぐに次の出資者とフィットネスクラブが決まり、早々に施設の改装を行って1ヶ月ほどでオープンすることができました。


次の池野が経験したのは23歳の時。



22歳で東京の上京して恵比寿で当時飛ぶ鳥を落とす勢いでパーソナルトレーニング を広めていた「株式会社フィジカル・アーキテクト」に就職。


福岡では経験したことのないパーソナルトレーニング システムがあり、器具も最新のものばかり。
恵比寿(溶岩ヨガ)2店舗、表参道(ロッククライミング)、六本木(シュミレーションゴルフ)といったそれぞれ違うコンセプトで運営していました。


芸能人からプロ選手もご来場していた現場で水を与えられた魚のように吸収していったパーソナルトレーニング の技術。


しかしながら、いつの間にか表参道と恵比寿の店舗が閉鎖され、最後は六本木の店舗も閉鎖する話が出ていた当初。頭の中には福岡のフィットネスクラブで経験した「倒産」がよぎりました。


8ヶ月ほどフィジカル・アーキテクト六本木でお世話になりましたが、閉鎖することが段々と肌で感じ取れてきたため退職。



私が退職した後半年後に恵比寿も閉鎖して従業員もバラバラになってしましました。


池野の3度目の経験は先週。



先週伝えられたのはWill work out六本木の閉鎖。


今日お客様各位にもWill work out六本木の閉鎖が伝えられていますが、8月末までで閉鎖になります。。。
かなり急な話だったので今後お客様とお話しして、継続するのか他のジムに移動されるのか相談する必要が出ています。


池野はジム経営者ではないので、ジム経営の難しさ、売上や固定費についても把握していません。



私の立場からは見えない苦悩や難しさがあるのだと思いますが、現場でご一緒しているお客様の気持ちを思うとやるせません。


都内に何万店舗とあるフィットネスクラブ、パーソナルトレーニング ジムの中から私たちの場所に来てくださって1年以上ご一緒していたのに。。。

人生で3度目となるジムの閉鎖は何度経験しても気持ちが不安定になります。


どこで、誰と一緒に仕事をするのか?という点ではこだわっていた節がありましたし、


一人で活動するのに大きな事業をするのには限界があると気づいて仲間を探していたところだったので。。。

女性パーソナルトレーナー養成に向けてまた仕切り直しです。




運動連鎖道場〜頭蓋(顎関節)〜


世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。



今日は運動連鎖道場最後のセミナーに行ってきました。


テーマは「頭蓋(顎関節)」です。



身体の中で最もストレスを感じている場所はどこだと思いますか??



実は「頭蓋顔面」の至る所にトリガーポイントがあります。


最近代官山のDr,KAKUKOスポーツクリニックにて山本先生にメディカルワークアウトを実施頂いていますが、めまいが酷く出ています。。。


1つは上部平衡系システムが上手く機能しておらず、上位頚椎に問題があるようです。


今回のセミナーで学んだことは噛み合わせなどで全身の筋膜が整い、不定愁訴と間違われそうな違和感や疲労感、フラフラする感覚など、頭蓋から顎関節にかけて咬み合わせ(歯と歯の溝の埋まり方)によってバランスが崩れて脳内への不安定さにも繋がっているということです。



自分自身でも感じることですが、左右で噛みやすい側、左右で口が開きやすい側があり、顎関節が途中外れるような感覚があります。


今日は常に顎関節の調整方法をお互いに試したので、とても快適に咀嚼できております笑




【上部平衡系システム】

  • 開口反射
  • 咬合と下顎運動
  • 閉口筋
  • 眼球運動
  • 舌骨上筋群

顎関節を主に調整していくのですが、開口反射についてきちんと整えてできている方は少ない!!


左右均等に顎関節を使って口を開けることがこんなに難しいとは。。。



細かいことかもしれないけれど、顎関節周辺を整えるだけで安眠だきたり代償動作をしていた歩行や姿勢が矯正されるという山本マジックを見て今日も勉強になりました!!



この梅雨の時期、自律神経の乱れや気圧の変化で不調を訴える方も多くなってきますが果たして本当に天気だけの問題なのでしょうか??


今日のセミナーを聞いていると、顎関節や開口反射がきちんとできずに側頭部の筋肉や咬筋(深層、浅層)の問題も関係性があるのでは。。。


と思ってしまいました。


身体の不調を整えるのは運動が全てではないですし、調整が必要な場合は優先して運動連鎖で身体の動きや繋がりを調整した方が心と身体の両方が解放されるのではないかと思います。


今回はたまたま女性の参加者が多かったようですが、いつもは男性陣ばかりのセミナーのようです。

たまたま同じ団体のピラティストレーナーも多く、山本先生曰く「右脳ではなく左脳に響くように設定しました!」といつもよりアレンジして頂いた運動連鎖道場のようです。

傾聴・シンクロ・Guid



世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。




先日受講したワークショップを機に、池野の中でもお客様と接する時にお客様が「求めているもの」について改めて考えています。


相手が誰であろうと自分の軸を崩さない、周りの環境に左右されないで池野らしさを表現できるように努めてますが、


今まで何となく「感覚」で実践していたことを改めてロジック化していきたいです。


「何となく」の感覚を文字や文章で表せるようになれば自分の中で意識化して無意識のうちにできるように研鑽してけるのかもしれません。


振り返ってみるといつもお客様の話を「傾聴」し、お客様と同じ目線、気持ち、状態にシンクロすることを自然に行なっていたのかも!?という発見がありました。


しかし、シンクロするだけではパーソナルトレーニング の真の価値ではないように思います。
お客様が望む達成感や目標に近づけるようなプロセスようにGuidしていくことに一番力が発揮できるのではないでしょうか。

傾聴=シンクロ
シンクロ→Guid(連れていく、引っ張っていく)


そして、お客様の心に刺さるような言葉がけ、心のスイッチがどこにあるのかをコミュニケーションを通じて模索していくこと、


年齢や立場などを超えてお付き合いできるような間柄を形成していくためにはお客様が普段誰にも出せていないような悩み、あるいは気づいていないけど困っていることなどを少しずつお話を共有していけるような関係性を作っていくこと。


海外で言うなれば、カウンセラーのような立場でお話を伺うことも求められる場合があります。


家族や会社の人には言いにくいような事も、守秘義務があるパーソナルトレーナーだったら言いやすい場合もあるからです。



同調だけでは心と身体に響くようなセッションはできない。

お客様によって心地よさ、距離感、言葉のトーン、求める運動強度、結果の出し方、プロセス、それぞれに違います。

常にアンテナを張って傾聴し、Guidできるようなパーソナルトレーナーはどんなカラーのお客様でも信頼関係を構築していけるような気がします。

改めて目の前にいるお客様とのセッションをシンクロとGuidを意識して、無意識にできるようになるまで高めていきたいと思います!



心と身体に響くCueingを!

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。



心と身体に響くCueingを!



昨日はBMS(Body-Mind-Spirits)の第一回目ワークショップを開催致しました!
                                       
(ちなみに山本先生とスタジオオーナーの齋藤さんと企画して2週間後に開催するというスピード感満載なスタートアップでした笑)



「受動的になってしまいがちなセミナー形式と違って、このワークショップは、ファシリテーターを中心として参加者全員が経験、考え、感覚、感情などを能動的にシェアしながらインタラクティブ(相互作用的)に学んでいくことを目指しています。

どうしてもインプットに重きを置きがちですが、実はセミナーの中で最も学びを深めて成長できるのは講師陣だと言われているほどに、情報と技術はアウトプットして初めて自分の身体と脳に刻まれ新しい発想に生まれ変わるからです」





昨日は運動連鎖アプローチ協会代表の山本尚司先生にファシリテーターをお願いし「Cueing」についてディスカッシン致しました。
どうしても解剖学などの専門用語を使いがちな私足しですが、本質的なCueingとはどんなことなのでしょうか?
                                       
————————————————————————  
                                       
【Cueing:合図、きかっけ】

⑴視覚的リハーサル(説明・理解)
⑵脳内リハーサル(ミラーニューロン、記憶照合、イメージ転換)
⑶Cue(Go!!!)
                                       
→このような準備を用いてCueingを行うことが効果的なタイミングでお客様も心地よく受け取りやすい。
インストラクターやパーソナルトレーナー、運動指導者は感覚だけでCueingしている場合が多く、脳科学理論にもとずいてCueingしている人はどれぐらいいるでしょうか??
                                       
====================================================
                                       
【お客様をリズムに引き込む方法】

⑴モニタリングで視覚でお客様の反応を拾う
⑵お客様の波長などを受け入れて同調(シンクロ、傾聴)
⑶追随しながら変化を見てインストラクションに引き込む


→お客様の心と身体に響くセッションをするためには身体に対する説明ばかりでは届かない。
モニタリングして信頼関係を築いて、もっと深いところに届くCuingが必ず見つかるはずです。

====================================================  


                                    
                                       
心と身体に響くセッションを目指してBody-Mind-Spiritsのワークショップを定期的に開催致します!


次回は7/4(木)19:30- 駒沢公園近くに新規オープンしたピラティススタジオ「Footnotes」にて開催致します。
                                       
資格団体に限らず理学療法士、ヨガインストラクター、パーソナルトレーナーもご参加頂いています。


ご参加ご希望の方はbody.make.planner@gmail.comまでご連絡ください。

駒澤大学ピラティススタジオ「Footnotes」

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。


目まぐるしいスケジュールでてんてこ舞いでブログの更新が滞ってしまいました。


さて、昨日は仕事を終えて来週に開催するワークショップでスタジオをお借りする齋藤さんFootnotesにお邪魔してきました!


(まだHPが完成されていないそうなのでご容赦ください、、、)


駒澤大学深沢キャンパスにほど近いところにある完全プライベートスタジオ。



雰囲気は日本ではなく、海外のスタジオにいるようなスタイリッシュで非日常。


天井も高くてロフト形式なので、自分の身体にフォーカスするのには素晴らしい空間でした。


昨日はお邪魔させて頂く代わりにマスターストレッチを持ってセッションをして次回のワークショップについてMTGをしていたのですが、


齋藤悠さんのキャラクターといいますか、芸術家さんの雰囲気も持ち合わせているので「感覚」に対して人一倍敏感で、私とは正反対。。。


だからとても興味深くてお話がとても面白い!


同じ考え方の人と話をしても楽しいのですが、新しい考え方には至らないし、同じ景色を行ったり来たりになってしまいます。



自分を成長させてくれる人は「自分と違う人」なのかもしれません


違う考え方を知ることで自分が受け入れるのか、意見が違うことを主張するのかなど様々なリアクションになります。


自分の脳をフル活用してディスカッションすることが最近とても楽しいです。


特に「海外での経験」という点では共通認識、共通感覚があるのでこれから一緒に仕事ができるのでワクワクしています!



noteはじめました。


えっ!いきなり!?と思われても仕方がないですね。

自分が今までの人生の中で苦労した経験が誰かのためになる!という考え方があることを知り、自分では苦労話なんて皆んな興味ないだろう。。。と思っていましたが、


世の中どんなことに価値があるだなんて分からないものです。


自分では普通だと思っていることが、周りの人からすれば特別なことだったりしるからです。


その経験を言葉にして分かりやすいプラットフォームで書き出してみたらまた自分のアウトプットにもなりブログとは違った価値になるのかもしれないと思い、はじめてみました。


「継続は力なり」なので頑張ります。


最近では自分の体験が他の人には特別なものになり、「価値」として商品になってきています。こんな世の中が来るだなんて思いもしなかったですね。


私が今までの人生で苦労したのはやはり渡豪した頃のことですね。


その話を細かくnoteを使って書き出していきたいと思います。


詳細はコチラ

相手のために伝えよう。



世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。



こんばんは。

相手のためになるなら嫌われてもいい。


恐らく池野のことを知っている人ならよくご存知かもしれませんが、


思った事を面と向かってお伝えする性分です。


オブラートに包んだり、ありのままを伝えたり相手との距離感によって多少の柔軟性は違いますが、相手を想えばこそ言葉にして言うことが多いです。


パーソナルトレーニングの中でもはっきりと

  • 「ここの筋肉が弱いです」
  • 「ここができていません」
  • 「ここが足りません」
  • 「⚪︎⚪︎さんのここに問題点があります」


言葉だけで見たら物凄く冷たい人間に見えますが(苦笑)セッション中は笑顔で優しくお伝えしてます!


できていない事を「できてる」ということが無責任に感じるし、優しさではないからです。

お客様も機嫌を取ってもらうためにパーソナルトレーニングを申し込んで頂いているわけではなく、「自分にとって何が必要か知るため」に来て頂いてます。


池野がお客様にとって必要とされているのは原因を特定して対処すること。


相手を想えばこそ、嫌なことでも面と向かって言うのです。


パーソナルトレーニングに関わらず、相談事や意見交換する場所でも思ってることを言ってしまうのところもあるのですが(苦笑)


自分の考えや意見のスタンスを明確にすることで、お話しするときに分かりやすいし自分から扉を開くからこそ、相手も心を開いてくれる。


「こんなことを言ったら嫌われるかも。。。」とネガティブな発想からだとどうしても本当の自分の言葉で表現できない。


気を使って本音をさらけ出せていないのは相手にも実は伝わって、逆に距離ができてしまいます。


嫌われることを恐れては伝えられないことが沢山ある。


相手を信じて、信頼関係の名のもとにきっと伝わる。


相手のために伝えよう。