お知らせ

姪っ子の誕生。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。


私ごとですが、弟に第二子が生まれて家族中が大騒ぎになっていました笑

お嫁ちゃんが破水して病院に行く際、弟が仕事で間に合わないとのことで私の父が病院へ送り、


長女の姪っ子を幼稚園に迎えに行ったりとファインプレーで何とか無事出産の準備が整い、


先ほど無事に生まれたとのことでした!!


赤ちゃんが無事に生まれて、母子ともに健康であることに安堵し自分のことのように嬉しい知らせでした。


子供達が家族を繋げて、こんなに家族が1つになれる出来事は数少なく、


新しい家族が増えるって本当に素晴らしいことですね。


まだ私は経験していませんが、家族と家族の繋がりを強く感じています。


次女の姪っ子ちゃんに会えるのは年末年始だけなので、今から待ち遠しいです。


産後これから夜泣きと母乳でママは大変な育児がスタートしていきますが、今日と明日は病院でゆっくり体力を回復して欲しいと切に願います。


母体の体力消耗は激しいので、疲労回復をするためにも夜寝れると良いのですが。。。


私も神秘の出産を経験してみたい!!!

ハイヒールの為の痛くないインソール!

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。



こんばんは。


ハイヒールの為の運動連鎖インソール


昨日に引き続きハイヒールのインソールについてご紹介致します。


昨日製作した運動連鎖インソールはこちら!


こちらのハイヒールは7cmなのですが、底屈位(地面に対してつま先を下ろした状態)で距骨下関節、距腿関節が安定するのが右7.5cm、左7cmと微妙に違っていて右足だけいつもハイヒールが脱げそうになっていました。。。


特両足の大きさが違うのに、高低差のあるヒールを履くため前滑りが起きています。多くの女性が左右差がある中でハイヒールを履かなければならず、池野もいつも靴が抜けないように歩いて余計に姿勢は崩れるし、足は痛いし心の中で泣いております(苦笑)



 
前滑りが起きている原因と、アーチ形成で最も力が入る点を膝関節との運動連鎖を見てパッドを貼り付けていくのですが。。。


このパッドがちょっとずれてしまうだけでハイヒールが脱げてしまったり、バランスが崩れてしまったりと非常に繊細です。


素材、大きさ、場所、重ね方色んな角度で調整していくのですが、重要なのはどこに前滑りの原因が起き、支える場所を作るのか?というところでした。



ハイヒールのインソールは今や100均で全て材料が揃ってしまうというぐらいにクオリティが高いそうです!
 

本当に世の女性の皆さんにハイヒールでもリズムよく歩けるようになることを知って頂きたい!と思うぐらいに素晴らしいインソールが作れました。
早速他のハーヒールでも試してみたいと思います。

左ハムストリングが強くて体幹を中心に右回旋が出て違和感があったウォーキングが全く違和感なく真っ直ぐに歩けて心地が良い!



 
※ハイヒールはきちんと最後、中が見えないように覆いますのでご安心を!



足元見ずに身体全体は見れない!

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。


インソール製作セミナーに参加してきます。


明日からインソール作成のセミナーに参加してきます。


今まで興味はあったものの、どの団体のセミナーに参加して良いのか分らずそのままにしていましたが、


いつも参加している運動連鎖アプローチ協会が実施しているとのことでしたので行ってきます!


池野は普段、スニーカー、あるいはフィットネスシューズしか履かないのですがシューズによっても「合う」「合わない」があります。

  • 横幅が広い狭い
  • ソールが厚い薄い
  • 踵がホールドされている、されていない
  • 靴全体が軽い、重い
  • 足型にフィットするフィットしない
  • 足豆ができる、足豆ができない
  • 足が疲れる、足が疲れない
  • 足が浮腫む、足が浮腫まない

スニーカーだけでもこれだけの違いがあるので、普段ヒールやビジネスシューズをはいていらっしゃる方はどれだけ足に負担がかかっているか。。。


自分の足のことを理解していないのに、デザインや価格だけで決めてしまうのは足の疲れや身体全体の姿勢について考えるとあまり良くないように思います。


普段、ヒールやビジネスシューズを履いていると足指や足のアーチなど気にすることができずパーソナルトレーニング中に靴を脱いで頂くと皆さん色んな「足の形」をしている事が分かります。


「足の健康」


色んなメディアや雑誌でのトレーニングの項目といえば「体幹」や「姿勢」「ストレッチ」「筋トレ」など見かけますが、


足の健康についてはあまり触れられていません。


(足というと地味であまり注目されにくいのは分かるのですが。。。)


しかしながら足のトラブルから身体全体に影響が出るのも事実です。

  • 魚の目
  • 扁平足
  • 外反母趾
  • 捻挫
  • バネ指
  • 足の浮腫み

重心が偏ると魚の目もできますし、足首や膝が硬くて血行不良で足が浮腫んでしまうのもトラブルに入るのではないでしょうか。


足のトラブルは根気良くトレーニングしたりコンディショニングをする必要があるのですが、


普段履いている靴を自分の足型に合わせて、あるいは偏っている重心を修正するインソールを使用することによって腰痛やひざ痛、あるいは姿勢改善が報告されています。


明日、明後日「足」の勉強からインソールで修正する方法まで学んで参ります!

明日、明後日はお休みを頂きますが何卒ご理解ご協力を頂ければ幸いです。



貧血とトレーニングの相性。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。


女性ホルモンと貧血。。。


お客様の中には閉経前の方がいらっしゃいます。


自律神経と深い関係にある女性ホルモンですが、個人差によって閉経に向かうまでのプロセスに差が大きくあります。


出産を経験している人と、そうでない人でいえば出産を経験している人の方が女性ホルモンの枯渇は緩やかです。


出産を経験していない人は生理の回数も多く、女性ホルモンの枯渇が早い事が指摘されています。


閉経前のお客様でよく伺うのが、

  • ホットフラッシュ
  • めまい
  • 体温調節ができない
  • 吐き気
  • 腰痛
  • 倦怠期から抜けれない
  • 疲労感
  • 貧血
  • 動機
  • 食欲不振
  • 睡眠不足
  • その他個人差による
  • 急激に不安になる


女性ホルモンがゆっくり減少していく中で、今までには感じなかった体調不良が目に見えて出てくる閉経前の症状。


自律神経と関わっていますが、女性ホルモンの減少での身体の不調改善はなかなか難しい。


自分の身体と対話しながら、症状に合わせて漢方や最悪の場合は薬を処方してもうらう必要があります。


池野のお客様で子宮内膜症の症状を薬で抑えている方がいらっしゃるのですが、出血があまりに多く貧血になりやすいため鉄剤を服用しています。


そんな状態なので激しい動きや運動強度の高いトレーニングをすると目眩が出てくるため、ストレッチから始まり体幹トレーニングや自重トレーニングを実施しています。


急激に血圧が上がるようなプログラムも息切れなどが出るため様子を見ながらです。。。


その日によって体調が違うのですが、コンディショニングで血の巡りを良くするように心がけたり、骨(骨芽細胞)に刺激が入るようにして何とかトレーニングからも貧血の症状が緩和されるように考察しています。


鉄とカルシウムの吸収をよくするためには、多少なりとも身体を動かして成長ホルモンを出したり、エネルギー効率を高めて栄養素の吸収率をあげていくこともトレーニングからできる貧血対策です。


トレーニング後にはしっかりプロテインも摂取して頂ければ言うことなし!


貧血だからといってずっと安静にしていても根本的な解決にはなりません。


しっかり筋肉を作り骨から造血作用能力が下がらないようにトレーニングをして質の高い食事をしましょう。


閉経前にかかわらず、過度なダイエットをしている女性も貧血でよく倒れたりされるそうで。。。


(細くなりたい女性の多くはダイエットをしすぎて低体重になり貧血症状が出ていたりするので、生理が止まったりしていると伺います)


後天的な貧血だったら改善できる!


鉄剤を飲むだけが貧血の根本的な解決ではないのです。。。



骨盤の「頷き」は。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。


ラグビーW杯日本代表準決勝進出!



昨日のラグビー日本代表の試合ご覧になりましたか!!


池野は手に汗握ってずっと立ち見で応援していました。


試合を重ねるごとに日本代表の一体感、そして技術的にも連携が取れていて見ていて本当に気持ちの良いプレーばかりでしたね。


次の準決勝も楽しみで仕方がありません!


応援しましょう。


骨盤の頷きが上手くできていないと?


骨盤の頷きというのは前傾位を指していまして、


仙腸関節からはニューテーションが起こっている状態です。


腸骨が恥骨側に傾く事を前傾と言いますが、デスクワークなどで座りっぱなしの状態が続いてまうと腸骨が後ろの坐骨側に傾いて後傾位になってしまいます。


骨盤が後ろに倒れる後傾位になりますとお尻の筋肉が下に下り、背中が丸まってぽっこりお腹になりやすい。


日本人のほとんどの人が後傾優位なのではないか!?と思うぐらいに骨盤が後傾している人が多いですね。


後傾位の人は前屈に関わる筋肉が比較的硬くなりやすく、重心が身体の後ろ側にあります。


座っている時の重心の位置がそのまま立位の時にも応用されてしまうので歩く時の重心も後ろになりがちです。


歩行、あるいはランニングは前方に重心を移動させることが効率的ですので身体の重心を無理やり前傾させながら行うと腰が痛くなってしまったり、


後傾位のまま何とかバランスを保って行きたい方向と逆の重心のままで走って思ったようなパフォーマンスが発揮できないなどよく伺う話です。


上半身、下半身トレーニングする場所はあまり関係なく、トレーニングフォームをセットアップする際に必ず骨盤の前傾を「頷き」と称してお客様にご案内するように心がけています。


骨盤の頷きがうまくできるようになると、前屈で全く両手が床に届かなかった方も骨盤が動くようになり両手がつくようになったり、


スクワットで膝が痛かったフォームが股関節が使えるようになってお尻に筋肉痛を生み出すことができるなど「頷き」1つで身体の動く質を変えることができるのです。


最近では、腸骨だけではなく寛骨と仙腸関節の連鎖に興味があり、腰痛や坐骨神経痛との関わりがどのようにして織り成されているのかをお客様の身体をお借りしながら試行錯誤で実施しています。


筋肉だけを見ていても変えられない骨格調整。筋肉と筋膜、そして骨の動きをど見ながら評価してトレーニングするのはここ最近なのかもしれません。


人の身体は奥深いです!!

産後のぎっくり腰リスク。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。


産後のギックリ腰。


産後6ヶ月を迎えるお客様ですが、先日急にぎっくり腰を患いパーソナルトレーニングをスキップ。


鍼灸の先生に出張して頂いて次の日には立てるようになっていたようですが、寝不足と疲労で身体が硬くなり変な姿勢でものを取ろうとした瞬間に「ズキッ!」ときてしまったとおっしゃっていました。


妊娠中から赤ちゃんの成長により腰椎が前弯してコアが安定せず腰痛に悩んでる妊婦さんも多いですが、産後にぎっくり腰になる方も多く、


授乳の姿勢や抱っこも赤ちゃんのことを一番に考えていると姿勢が崩れていても気づかなかったりで腰背部に負担がかかりギックリ腰になりやすいのかもしれません。


今日のお客様も夜泣きなどで寝不足が続いていて、疲労が抜けないままに毎日を過ごしているような感覚とおっしゃっていました。


(本当にママたちは凄い!!)


ギックリ腰になりやすい人の特徴。

腰椎の前弯が強く反り腰タイプ
👉腰椎を自然な前弯に保持できるようにコルセット筋をトレーニングする必要がある。肋骨が左右に開いている事も関係しているので呼吸で肋骨を閉じる、コアコントロールを獲得する必要があります。



股関節が硬くて腰背部の筋肉が引っ張られるタイプ
👉特に大腿直筋が硬くなると腰椎前弯が強くなるのでストレッチが必要です。背面にあるハムストリングも硬くなると骨盤を後傾させて腰椎に対してカウンターバランスを取る場合もあるのでギックリ腰を誘発してしまう場合があります。
股関節周辺の筋肉をストレッチして予防しておきましょう。


不安やストレスでギックリ腰になるタイプ
👉ストレスで自分の気持ちが押しつぶされそうになると姿勢も悪い方向に引っ張られて腹圧(お腹の力)が弱くなり、腰椎が不安定な状態からちょっとした姿勢の変化でギックリ腰になってしまう事があります。
気持ちを上手にコントロールしながらストレスを抱えないようにリリースすると不安感がなくなり結果、ギックリ腰のリスクも減らせます。


産後のギックリ腰で何が辛いかといえば、赤ちゃんのケアは毎日行わなければならない事なので、「動けない」というのが一番辛いそうです。。。



よくママのお客様が口癖としておっしゃっているのは、
自分のことよりも子供のことを一番に考えて
「自分に何かあったら困るのは子供達だから」
「子供二人抱えてもどこでも逃げられるように体力をつけておかないと!!」


そんな事を伺いながら、ママの強さに脱帽していました!


肋骨を制するのもウエストを制する。


世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。



肋骨を制するのもウエストを制する。


自分自身のトレーニングを見直してみると新たな発見が毎回あるのでお客様にご案内する時にもその感覚を忘れないように努めています。



ウエイトトレーニングで重量をあげる時には肋骨を開いて行った方が重いものを扱えるので、気にせず腰痛にならない範囲で胸椎、腰椎を反りに反っていました。


すると、胸郭から肋骨が前傾して肋骨が開きやすくなりウエストが引き締まりずらい。。。!!



様々な腹筋群にトライしても、起き上がれないし体幹トレーニングも長続きして耐えられない。。。


そこで自分の身体を作り直すべく、ピラティスの世界に入りました。
改めてピラティスのメカニズムを学んだ時「コアコントロール」についてレクチャーを受けたのですが、


ウエイトトレーニングのしすぎで「コア」が抜けやすく腰椎から骨盤が前傾しすぎて身体のバランスが崩れていることを知りました。


そこから呼吸やコアコントロールをするようになって徐々に胸郭から肋骨を内側に閉じる作用を働かせられるようになって腹筋群の意識もできるようになってきました。


頭の中で胸郭を思い浮かべながら呼吸を行うと「吸う」「吐く」によって心地よく息が入ったり出たりすることを感じやすいのですが、


胸郭や肋骨が前傾して開いている人は、「吸う」が得意で、
胸郭や肋骨が閉じている人は「吐く」が得意です。


肋骨が柔なく柔軟性のある呼吸ができるようになると、肋骨が内側に閉じる力が養われコアが育ちます。


その結果、呼吸筋もコントロールできるようになり胸郭が整い肋骨が引き締まってウエストが作られるというメカニズムです。



呼吸を見直してみると、肩の力を落として交感神経から副交感神経へのスイッチの入れ替わりにも有効で疲労回復は呼吸から!と言われるほどに、

私たちの身体を癒してさらに、能力を上げてくれる手段です。


自分の身体を内観する場合にも呼吸の姿勢や、回数、深さや自分のマインドと照らし合わせてみると非常に奥深いものがあります。


肋骨を整えるにはインナーユニットの活用が必要ですが、その前に呼吸が身体に優しく、そして必要な分だけできているのか見直すとピラティスや、エクササイズの効果が格段に上がります!

肋骨とフレンドリーになるためにはまず呼吸から!見直してみましょう。



出張パーソナルトレーニング で運動が続かないをバリアフリー化。




世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。


出張パーソナルトレーニング を活用して自宅をフィットネスクラブへ。


運動習慣がない人でも「運動は健康的な身体を作るためには必要だ」と気づいている人は多いはず。


運動が嫌いな人も必要性は日々感じているはずなのに、自分のライフスタイルに取り入れることができないのはなでしょう?

フィットネスクラブやマイクロジムはこれだけ最寄駅に乱立し、ヨガやピラティスのスタジオも進出してスーパーや病院と同じぐらいに身近になりつつあります。


自分の生活圏内に運動ができる施設は沢山あるけれど取り入れることができない。。。

  • 必然性
  • 動機
  • 利便性
  • 運動する時間
  • 価格
  • 目的意識

ライフスタイルに運動(トレーニング)を習慣化させるためには人ぞれぞれに選ぶ基準があるでしょう。

池野が毎年1200時間パーソナルセッションをして感じるのは、

Where(どこで)
運動する場所→ライフスタイルの中に組み込みやすい場所

Who(誰と)
誰にパーソナルトレーニングを依頼するのか?

上記の2つによって継続性はかなり違うと思います。


池野の半数以上が出張パーソナルトレーニング のお客様です。

時間が限られている中で自分のライフスタイルに合致した場所に指定して頂くのは「自宅」あるいは「マンションに付帯されているジム」です。

「ジムに通う」ということが既にハードルが高く感じるのであれば、障害を乗り越えて池野がお客様の元にパーソナルトレーニングをお届けすればいい。


そんな考え方でスタートした出張パーソナルトレーニング も産前、産後のママ達や、自宅にフィットネスルームを作っている方にとっては利便性の高いサービスであり世の中にニーズがあることを知るきっかけになりました。



ジムに行くのに30分
ジムに到着してトレーニングを終えるまで75分
ジムで身支度して次の目的地にまた45分


ジムへの移動からトレーニングを終えて次の目的地までに約150分必要なのです。。。。


そんな時間を捻出することも障害となるならば、バリアフリーにした方が皆さんのライフスタイルがより快適で健康的な身体を作り続けるサポートができる。



出張パーソナルトレーニング を使って頂ければ自宅がそのままフィットネスクラブやマイクロジムに早変わりする。


出張パーソナルトレーニング は皆さんの「運動が続かない」障害をバリアフリー化してくれる手段と方法です!


妊娠中から産後まで女性が働きやすい環境(身体)を応援!

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

妊娠中から産後までの道のりに。

 

今まで妊娠中から産後までエクササイズをして体型を戻すという文化が根付いていなかった日本。

女性の社会進出や、働き方改革もあり結婚して子供を産んでも「仕事を続ける選択」ができるようになり環境も少しずつ整備されてきているのだと感じます。

そこには家族の協力もしかりですし、仕事と家事、子育てを実践していくにはママの精神的、体力的な負担を軽減しなければなりません。

 

子供を授かると女性は一気に精神的な強さの解放が見られ、仕事も家事も子育ても頑張る!というスイッチが入ります。

ただ、気持ちは前向きに頑張りたいのに出産を機に体力が低下して身体がついてこれていない現状もあるようです。。。

今までのようなギリギリのところで無茶しながらでは続けられない。

創意工夫をしながら仕事に家事、そして子育てに向き合っている姿をよく目にしています。

 

産後からご一緒するお客様の多くは産前の体型に戻すために出張パーソナルトレーニングをご依頼頂きます。

産後から3ヶ月ほど経過してくるとリラキシンの分泌が低下して骨盤周辺緩んでいたのに、緩みがおさまり骨盤が形状記憶しようとしていきます。

ずっと骨盤周辺が緩い状態が続くのも尿もれや子宮脱臼などの原因となるので、産後から徐々に骨盤が安定するのは望ましいです。

しかしながら、全く筋肉を動かしていない状態で産後半年を経過してくると、そのまま骨盤が安定(固定)されるのと同じなので、

出産を経験し赤ちゃんが通るために必要だった骨盤が広がった状態で安定(固定)されてしまうと元に戻すために余計に時間がかかってしまうのです。

 

産後は医師と相談しながら産褥体操をして身体を慣らして少しずつピラティスなどのインナーマッスルを使用し骨格調整から筋トレに移行していくのが望ましく、

池野のお客様も産後3ヶ月から出張パーソナルトレーニングをご一緒したりするのですが、腹圧を高めることも難しいですし、お腹周りの筋肉と意思疎通に時間を要します。

 

脳と筋肉の間にある神経や運動連鎖が取り戻され意思疎通ができるようになれば筋トレをスタートしても問題ないでしょう。

 

以前と比べて妊娠中から産後のボディメイクを実施できるスタジオやパーソナルトレーニングジムが増えて赤ちゃんと一緒に外出できるようになってきています。

今までは産後は自宅でなるべく育てるスタイルが主流でしたが、今では赤ちゃんと一緒に出かけられる場所も増えてますます女性が社会進出しやすい日本になっているのではないでしょうか??

 

池野は出張パーソナルトレーニングで妊娠中から産後までお客様の元にパーソナルトレーニングをお届けしておりますが、

これからはどんどん赤ちゃんと一緒に運動できる場所が増え女性のお客様がパーソナルトレーニングを続けられる環境になってくると思います!

女性が働きやすい環境を応援!パーソナルトレーニングを通じて頑張りたいママ、女性を応援しています!

自宅にフィットネスジムがあるという価値。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

自宅にフィットネスジムがあるという価値

高層マンションには常設されていると言っても過言ではないぐらいに、

都内の高層マンションにはフィットネスジムスペースが付帯されています。

  • 住友不動産が運営している物件「ラ・トウール」
  • 三井不動産が運営している物件「パークアクシス」
  • 三菱地所が運営している物件「パークハウス」

 

(マンションではなくても一戸建ての自宅の中にジムスペースをお作りになされている方もいらっしゃって、今ではフィットネスクラブに通う時代ではない気がします。。。)

 

色んな場所に出張パーソナルトレーニング に伺わせて頂きましたが、

ジムスペースにはランニングマシンだけではなく筋トレのマシンも常設されていたりダンベル一式が用意されていたり、

ストレッチポールやバランスボールなども用意されていてマイクロジムと変わらないぐらい充実しいました。

しかも利用者はマンションにお住いの方に限られているので、時間が被らなければプライベートジムにもなって自宅にながらトレーニングができる環境が整っている。

 

運動やトレーニングが続かない理由の多くは「フィットネスクラブに行く時間が作れない」が上位に上がってきます。

フィットネスクラブに行くまでに前後1時間、トレーニングに1時間から1時間30分、そしてシャワーなどの着替えに30分。

最低でも3時間を見繕ってスケジューリングしなければなりません。

経営者のお客様、忙しいワーキングママ、管理職の方々も1日のうちの3時間を捻出するのは大変ですよね。。。

池野もパーソナルトレーニング を予約するためには前後の仕事を管理するためには自分の仕事をブロックしておかないといけないので気を使います。

 

フィットネスクラブに行くためにはスケジューリングも習慣化させていかなければならないので、忙しい方にとって毎週何曜日の何時と決められたら一番楽なのですが、

自分だけのスケジュールではなく家族や従業員、お取引先の都合なども考慮しながらなので時間が作らなくなってくるとループから抜け出せなくなってしまう事が多いようです。

そうなると入会していたフィットネスクラブから遠ざかり利用する価値を感じなくなってしまって退会してしまう。

 

そんな忙しい方の為に1週間のうちに1時間だけでもいいので在宅頂く時間を設けて頂ければ私たちパーソナルトレーナーがサービスをお届けに出張するのが出張パーソナルトレーニング のスタイルです。

自宅にながらもパーソナルトレーニング を受講できるので3時間捻出する必要もなく、効率よくお客様の身体の状態に合わせてトレーニングを受講する事ができます。

何より一人でトレーニングをするよりも自分の手が届かない所までしっかりやり込んで頂くのが私たちの仕事(サービス)です。

パーソナルトレーニング 後自宅に帰ってタンパク質を補給するもよし、

シャワーを浴びて次のタスクに取り掛かるもよし、

1日の色んな可能性を広げる事ができます。

 

子供の送迎の隙間時間に、あるいは赤ちゃんを自宅のジムに連れてきて頂いて様子を見ながらパーソナルトレーニング を実施することも可能なので色んな可能性を模索する事ができると言えるでしょう。

今まで3時間かけて実施していた身体作りから、より質を高めて自由な時間を作り出す。

そんな可能性を秘めたサービスが出張パーソナルトレーニング の醍醐味でしょう。