お知らせ

独立開業を始めた女性パーソナルトレーナーの皆さんへ。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

独立開業を始めた女性パーソナルトレーナーの皆さんへ。

この春からフィットネスクラブやマイクロジム、アルバイトスタッフでの活動をフリーランスパーソナルトレーナーとして契約した女性パーソナルトレーナーの皆さんおめでとうございます!

色んな不安や心配、焦りとやる気と入り混じった気持ちかもしれませんが、ようやくスタートラインです。

これから全て自分が描く理想の女性パーソナルトレーナーとしての活動が始まり充実した毎日が始まります。

えっ!そんな余裕はないって!?

 

独立はしたものの、実際にはスタジオインストラクターと並行して活動する?集客方法がわからないからとりあえずモニター募集したり低価格帯で広告していく?!

身の丈にあった活動方法があると思うのですが、

あまりにも価格を安くしすぎたり無料でセッションをしていくのは得策ではありません。

もう下積み時代は終わりました。

これからは夢と希望を持って自分が価値あるサービスを提供できる女性パーソナルトレーナーを目指さなけばなりません!!

その為には今の自分と未来の自分をきちんと分析してプロセスもある程度想像の範囲で組み込んでいく必要があるでしょう。

 

あなただけの魅力を表現するブランディングが必要。

今の時代、インターネットで情報を得て取捨選択していくことからは逃れられません。

成功している人の中には広告を打たなくても紹介マーケットでお客様を獲得できる人もいらっしゃいますが、限られた人だけです。

まず独立してすぐはお客様の獲得は死ぬ気でやり続けなければならないのでHPの製作、そしてSNSを活用して自分の理念や考え方、手段や方法、料金表、活動場所などを分かりやすく伝えなければ見つけてもらえない世の中です。

自分から売り込み、営業をしていく方法もクラシックではありますが方法の1つですが、

あまり効率的ではありません。

なぜなら”目の前のお客様が本当の自分のパーソナルトレーニング という商品を購入希望としている潜在顧客”であるか分からないからです。

 

当たって砕けろのような体育会系の営業方法は女性パーソナルトレーナーにはできないでしょう。自分らしさを表現しながら本当に出会いたいお客様と結ばれる為には、

何億、何兆という情報の中に自分色をつけて発信し続けるしか方法はないのです。

ただ、その発信の仕方に一貫性が無ければ本当の自分の言葉として受け止めて頂けずにファンにもなってもらえないですし、契約に至ることはないでしょう。

 

あなただけの女性パーソナルトレーナーとして考えていることや活動理念はなんですか?

池野は、「池野さんにお願いしたいって言ってもらえる仕事、価値を作り続けること」

そして「お客様の人生に関わる仕事をすることが私の幸せ」として毎日捉えています。

 

是非、あなたの女性パーソナルトレーナーとしての姿勢、そして考え方、理想とする仕事のスタイルについて今一度考えてみてください。

どうしても一人で悩み答えが出せない人はbody.make.planner@gmail.comまでお問い合わせください。

 

HPを製作したり、ブランディングをお手伝い致します。

なぜかといえば、皆んなに成功してもらいたいから。

女性パーソナルトレーナーが一生の仕事として続けられるような仕組みを作りたい。

そんな想いで綴っています。

胸が下がっている女性が多い!!

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

胸が下がっている女性が多い!!!

自分にも戒めておりますが、胸が下がっている女性が多くなっています。

これはデスクワークの影響もありますし、赤ちゃんを抱っこするので腕を前に組んだ姿勢が長くて猫背になりやすいなどの女性特有の悩みも原因です。

授乳中には女性ホルモンの影響で胸が腫れて乳腺症になり、服が擦れただけで痛みが出たり姿勢を良くしたら胸が痛み出したりして大胸筋や小胸筋を大きくストレッチさせる事が困難だったりする方も多いようです。

 

もともと男性よりも女性は筋肉が少ないのにも関わらず、胸の脂肪はしっかりあるために下に下がりやすい構造ですよね。

本来上半身の姿勢は背中の筋肉で引っ張り肩甲骨が背骨の近くに収まっている事が理想です。

 

※肩甲骨が後ろで支えられなければ胸を前に開いてトップバストが引きあがりません。

 

30代以降になってくると唐突に下着を着用する際にバストの形にフィットしているものでなければ形が崩れて綺麗に胸の形を作り出せません。

アンダーバストとカップの形やフィット感は試着して合わせなければ意味がなく、横から下から中央に引き上げて綺麗なバストを維持できるように下着をきちんと選ぶことも大切な要素ですが、

 

それだけでは足りません!!

 

下着の力も偉大ですが、やっぱり自分の持っている筋肉できちんとバストを下に下がらないように保つ、あるいは上に引きあがるように筋力をつける努力をしなければ重力に負ける一方です。。。

池野も20代の頃、バリバリでベンチプレスを60kg挙げていた頃は胸の筋肉が触らなくても分かるぐらいに発達していたのでスポーツブラが苦しかったです苦笑

今ではそこまでベンチプレスもしなくなったので以前のような大胸筋の発達具合はありませんが、30代に入ってもう一度やり直さなければ!!と思っている次第です。

バストを美しく見せるための秘訣は何と言っても後ろにある上背部の筋肉達です。

肩甲骨周辺、脇の下にある筋肉たちは頭部から胸を上に引き上げるレバーのような役割を持っています。

バストを美しく作り直すためには

  • ロウイング系トレーニング
  • プッシュ系トレーニング

この2つは欠かせません!!

 

池野も夏に向けてもう一回筋トレを見直していこうかと思うぐらいに、冬の寒い時期にランニングを一生懸命やって筋肉が下に落ちているような気がしてなりません。

天然の自分が持っている筋肉たちを生かして胸の形を綺麗に作ってまいりましょう。

池野も一緒に頑張ります!

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

運動連鎖アプローチ「体幹(脊柱)の運動連鎖アプローチ」に参加してきました!

今日は4月なのに冷えましたね。。。

移動が多かった方が大変だったと思います。

池野も今日は相模大野まで出向いて毎月開催されている運動連鎖アプローチ協会のセミナーに参加してきました。

講師は運動連鎖アプローチ代表の理学療法士天才山本先生です。

今回のテーマは「体幹(脊柱)」にフォーカスされたもので腰痛に関係性にある腰仙関節についての考察と運動連鎖について学んできました。

 

前回実施された「骨盤帯(仙腸関節)」と合わせて復習もしながらでしたので繋がりが分かりやすかったです。

体幹を構成している筋肉は仙腸関節や腰椎を支えていますが、

  • 大腰筋
  • 腰方形筋
  • 腸骨筋

上記の筋肉が骨盤と脊柱を安定させて体幹を守っています。

上記の筋肉が機能しないと脊柱と骨盤は不安定になり腰痛だけではなく、首やその他にもあちこちに負担がかかり

  • すべり症
  • 股関節痛
  • 急性期ヘルニア
  • 狭窄症
  • 頚椎前方突出

急性期のぎっくり腰や慢性的な痛みが発症してしまいます。。。

今日はフライエットの法則にならって脊柱の動きについて解説頂きながらパートナーと一緒に腰仙関節を見ながら脊柱を動かしていきました。

ちなみに、
①タイプⅠ
胸椎または腰椎が中間位(安静・正常)にある時、側屈と回旋の運動は、側屈と回旋の動きが反対の方向に起こり、凸方向への回旋を伴う。
②タイプⅡ
胸椎または腰椎が十分に前方または後方へ曲がるとき(非中間位)、側屈と回旋が同方向に起こる。

 

私たちパーソナルトレーナーは腰痛のお客様が来た際にストレッチなどで腰痛となっている原因を探りながらグローバルマッスルにアプローチしていきますが、

直接脊柱に対してのアプローチはできていない、というか見れていません。。。

理学療法士の方々が見ている骨盤、脊柱の機能性はフライエットの法則から考察して色んな角度で試して細かく治療に取り組んで事が分かります。

パーソナルトレーナーが到達できる領域ではないなと思うばかりです。

 

治療が終わり自由診療に切り替わったクライアントは病院での短いリハビリ時間に対して費用対効果の期待値は低く、私たち運動指導の現場、パーソナルトレーニング や出張パーソナルトレーニング に運動療法を求めてやってきています。

だからこそ、パーソナルトレーナーも治療はできなくても運動療法的な考え方で運動指導できるスキルを少しでも知識として取り入れていかなければ今後は腰痛疾患のお客様が増えた時に対応できないでしょう。

 

実際に池野のお客様にも慢性的な腰痛を持っているお客様が増えてきています。

治療まではないけれども慢性的にずっと違和感と付き合っている方々です。

ピラティスやトリートメント、そして最終的にはファンクショナルな動きを取り入れながら腰痛の違和感を取り除くことを目指していますが、

運動連鎖アプローチの考え方に触れて今では以前よりも自信を持ってアプローチする事ができています。

天才山本先生の講義はパーソナルトレーナーの私たちにも分かりやすく解説頂けるので分かりやすいです!

一緒に参加している理学療法士の方々(皆んな年下でびっくり!)

私が知らない世界で活躍している彼女達の話はまた刺激的でした。

 

慢性的な腰痛を毎日我慢しながら過ごしているとしたら、

一度運動連鎖アプローチのセッションを受講してみてください。

骨と骨の関係性、靭帯の関係性、筋膜の関係性、ありとあらゆる角度で身体が生まれ変われますよ!

自宅にフィットネスジムがあるという価値。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

自宅にフィットネスジムがあるという価値

高層マンションには常設されていると言っても過言ではないぐらいに、

都内の高層マンションにはフィットネスジムスペースが付帯されています。

  • 住友不動産が運営している物件「ラ・トウール」
  • 三井不動産が運営している物件「パークアクシス」
  • 三菱地所が運営している物件「パークハウス」

 

(マンションではなくても一戸建ての自宅の中にジムスペースをお作りになされている方もいらっしゃって、今ではフィットネスクラブに通う時代ではない気がします。。。)

 

色んな場所に出張パーソナルトレーニング に伺わせて頂きましたが、

ジムスペースにはランニングマシンだけではなく筋トレのマシンも常設されていたりダンベル一式が用意されていたり、

ストレッチポールやバランスボールなども用意されていてマイクロジムと変わらないぐらい充実しいました。

しかも利用者はマンションにお住いの方に限られているので、時間が被らなければプライベートジムにもなって自宅にながらトレーニングができる環境が整っている。

 

運動やトレーニングが続かない理由の多くは「フィットネスクラブに行く時間が作れない」が上位に上がってきます。

フィットネスクラブに行くまでに前後1時間、トレーニングに1時間から1時間30分、そしてシャワーなどの着替えに30分。

最低でも3時間を見繕ってスケジューリングしなければなりません。

経営者のお客様、忙しいワーキングママ、管理職の方々も1日のうちの3時間を捻出するのは大変ですよね。。。

池野もパーソナルトレーニング を予約するためには前後の仕事を管理するためには自分の仕事をブロックしておかないといけないので気を使います。

 

フィットネスクラブに行くためにはスケジューリングも習慣化させていかなければならないので、忙しい方にとって毎週何曜日の何時と決められたら一番楽なのですが、

自分だけのスケジュールではなく家族や従業員、お取引先の都合なども考慮しながらなので時間が作らなくなってくるとループから抜け出せなくなってしまう事が多いようです。

そうなると入会していたフィットネスクラブから遠ざかり利用する価値を感じなくなってしまって退会してしまう。

 

そんな忙しい方の為に1週間のうちに1時間だけでもいいので在宅頂く時間を設けて頂ければ私たちパーソナルトレーナーがサービスをお届けに出張するのが出張パーソナルトレーニング のスタイルです。

自宅にながらもパーソナルトレーニング を受講できるので3時間捻出する必要もなく、効率よくお客様の身体の状態に合わせてトレーニングを受講する事ができます。

何より一人でトレーニングをするよりも自分の手が届かない所までしっかりやり込んで頂くのが私たちの仕事(サービス)です。

パーソナルトレーニング 後自宅に帰ってタンパク質を補給するもよし、

シャワーを浴びて次のタスクに取り掛かるもよし、

1日の色んな可能性を広げる事ができます。

 

子供の送迎の隙間時間に、あるいは赤ちゃんを自宅のジムに連れてきて頂いて様子を見ながらパーソナルトレーニング を実施することも可能なので色んな可能性を模索する事ができると言えるでしょう。

今まで3時間かけて実施していた身体作りから、より質を高めて自由な時間を作り出す。

そんな可能性を秘めたサービスが出張パーソナルトレーニング の醍醐味でしょう。

身体のバランスが保てない〜修正能力をつける重要性〜

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

身体のバランスが取れない。。。

一般のお客様、そして私たち運動指導者でさえも身体のバランスは左右均等、前後バランスは均等ではありません。

究極を言ってしまえば臓器が左右対称にしてあるわけではないので比重も違えば、左右で内臓の機能も偏っています。

理学療法士の先生曰く「臓器が左右均等ではないにしろ、外側の関節や筋肉はなるべく左右バランスに差がない方が良い」とおっしゃっていました。

 

お客様の身体を評価する際

矢状面 →身体を正面から見て左右に見て輪切りにした状態で評価する面

全額面 → 身体を横から前後に見て輪切りにした状態で評価する面

水平面 →身体を上半身と下半身に分けるように輪切りにした状態で評価する面

 

上記のようにしてお客様のバランスを評価していきます。

さらに細分化して首、肩、肩甲骨、胸郭、骨盤、股関節、膝、足首といった関節ごとに左右差を見分けてどの筋肉に問題点があるのか確認していくのですが、

このバランスが崩れていくと歪みや関節に負担がかかり神経的な痛みや慢性的な痛みが出て違和感となって残っていきます。

肩こりや腰痛といった現代病も姿勢が崩れて筋肉や関節に負担がかかり症状として出ているのです。

姿勢崩れや身体のバランスが保てない状態を長く続けてしまうことによって今度は姿勢が崩れている状態が環境として成り立ってしまい、

環境の中で脳はなんとか適正にしようとアンバランスで身体を支えようとするので、バランスが崩れていても生きてはいけるのですが。。。

 

今度はどこに自分の軸があるのか脳がすり替えて記憶しようとしてしまうので、

昔の歪みが無かった頃の状態を思い出そうにも思い出せないままに身体が崩れていきます。

年齢を重ねていくと筋力も低下(サルコペニア)、柔軟性や身体の軸を作るための体幹を連鎖させて動かす作用も失われて機能不全が起きていくのが老化です。

 

多くのお客様が何かしたのアンバランスで日常生活を送っていらっしゃいます。

自分でバランスが崩れていることを感じ取れている方もいれば、

自分の身体がバランスを取れていないことに気づいていないことも。。。

 

まずは自分の正中線である軸をきちんと作っていくことが重要で、

多少バランスが崩れても自分で修正する力をつけていけることが痛みや違和感をなくしてライフスタイルを確立していける秘訣です!

修正能力を高めてバランスを崩さないようにするために自分が持っている能力を呼び起こしていきましょう!

自分らしさを追求する。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

自分らしさを追求する。

本当のところ自分では「池野百恵らしさ」というのは分からず、評価は自分でするものではなく周り評価したり感じていることが真実で、自分ができることは理想や願望を追求するだけ。

自分では当たり前のことだけれどマイルールを思い出します。

 

  • 成長できる環境や学びがあるなら投資する
  • マンネリ化させないように新しい視点で物事を見る努力をする
  • 今までの自分よりもできることを増やしている
  • 夜は仕事をしない
  • トレーニングはできる時に少しでもいいから取り組む
  • メンターのアドバイスを受け入れる
  • 両親に感謝し家族を大切にする
  • お客様の話を傾聴する
  • 成功している人の良いところをできるだけ吸収する
  • 本当に救いたいお客様がどんな方か常に想像する
  • 3年後よりも今の目の前のお客様に集中する
  • 辛いことから逃げない
  • その道のプロの人にアウトソーシングする
  • 誰かを紹介する時には責任を持つ
  • 努力を惜しま無い
  • 早寝早起き

 

もしかしたらもっとあるのかもしれませんが、今思い出せる普段から思考の中にあるマイルールです。

仕事で壁にぶち当たっても越えていくためには創意工夫をして自分らしさを一旦壊してより成長できるように何かを変える必要がある。

それが何なのかを自分で気づいて修正して変化できた時、きっと私は変われる。

 

良い方向へならどんどん変わりたい、成長したいと思う反面、どうやったら自分が成長できるのだろうと模索する日々です。

成長とか挑戦と言葉では簡単に言えるけれども実際に行動に移すとなると難しいものです。。

壁が見えているなら行動するだけなのですが、

壁が見えてさえもいない場合、どこに向かって努力を積み重ねていけばいいのでしょうか。

解決方法や手段を増やしていく方法も1つの成長なのかもしれない。

でもそこは大して大きなことではなく、自分らしさとか自分の考え方に幅広く、あるいは重量感が増えていかなければ根本的には変わっていないように思えてならないのです。

 

成功しているお客様とお話をしていると本当に自分の至らなさしか見えなくて、

成功している方々に少しでも近づきたい。

まずは自分がどんなことが足りていないのかを吟味して、何が必要なのかを冷静になって考えられたら第一歩が踏み出せそうな気がします。

私だけじゃない、皆さんもきっと変われるはずです!

産後ダメージを軽くすためには。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

新元号が「令和」と発表されましたね。

平成も残り1ヶ月にもなりいよいよ!という感じもしますし、

次の「令和」が日本にとって平和で充実したものになることを祈るばかりです。

 

「令和」の発表中に池野は産後1ヶ月のお客様との産後ボディメイクで出張パーソナルトレーニング に出かけておりました。

只今絶賛昼夜が逆転中で睡眠時間が短い中でも「慢性的な肩こりをなんとかしたい」という強いご希望と、産前の体重に戻すべくご一緒させて頂いています。

前回は産褥エクササイズが中心でしたが、特に身体に痛みも反動もないということでいつものピラティスやストレッチといったやや運動強度を上げてのプログラム構成にいたしました。

 

お客様の場合は妊活中から妊娠中までピラティスなどで伸ばす、力を入れる、脱力して内臓を引き上げるといったことを継続頂いていたので出産のダメージがほとんどないようで驚きです。

 

「脳と筋肉のフィードバック」がとても上手く、筋肉を意識することは全く運動していなかった妊婦さん、あるいは産後の方とは愕然に簡単にクリアされていきます。

ただ、赤ちゃんがお腹にいた感覚が残っているようで肋骨がやや開いてリブフレア状態がニュートラル(自然)と形状記憶されているようで、

今日は胸郭の修正のために肋骨を内側にしまうような呼吸、ピラティスエクササイズを実施しました。

赤ちゃんがいたために骨盤も前傾しやすく後傾位になりにくいので今日は骨格調整を中心にインナーマッスルを動かして頂きました。

 

産後のダメージを軽くするためには日頃からのエクササイズが重要!

お客様とご一緒していて思うのは、産後ダメージが少ない方はやっぱり妊娠中も継続的に運動やエクササイズを続けているという点です。

昼夜逆転していると睡眠時間もままならず、体力的にも辛いはずなのに隙間時間にエクササイズやストレッチを少しするだけで身体の疲れ方が全然違う!とお話を伺わせて頂きました。

 

抱っこが多くなるので肩の緊張が抜けないでいるため肩こり、首こりが酷くなってトリートメントを受講しても変わらない状態に。

結局、姿勢が崩れて骨格も筋肉も正常時に戻せないことが疲労の蓄積になっているため、

今できることは筋肉を沢山増やすことよりも、重心や柔軟性、骨格の位置を整えることが先決です。

 

産後のダメージは劇的に変われるものはなく、毎日赤ちゃんと向き合いがあるたびに調整する必要があります。

赤ちゃんとにつきっきりだと中々時間を作るのは難しいかもしれませんが、

この先の長い長い子育てのことを考えると今のうちに産後のリカバリーは早い方が良いでしょう!

 

それにしても最近ではシッターさんをご依頼頂いたり、海外の方と直接契約してナニーさんが在宅されていたりと働くママのバックアップ体制が整備されているようにも感じます。

今まではご主人に赤ちゃんをお願いしていたりしていましたが、今ではシッターさん、ナニーさんがいらっしゃるのですね。

皆んなで赤ちゃんを育てていく!という日本のチームスピリッツを感じます。

どんな人と何をどこで取り組むかによって「質」は変わる。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

お客様からのご相談。

先日、以前ご一緒していたお客様からご相談を受けました。

「今お願いしているパーソナルトレーナーとトレーニングをすると腰が痛くなるんです。。。」

「腰が痛いから今は自重トレーニングを中心としてもらっていますが、またこの前ヒップフラストやったら腰が痛くて。。。

「一生懸命やってくれるんですが、私の希望とするプログラムとはちょっと違っていてどうしたらいいでしょうか??」

オーストラリアに渡豪するまでご一緒していたお客様。

渡豪中に転勤などを得てまた東京に戻っていらっしゃったのですが、自宅近くにできたマイクロジムでパーソナルトレーニング と受講しているとお話を伺っていました。

お客様曰く、「トレーニングした次の日にいつも腰が痛くなる」ということで、せっかくボディメイクのためにトレーニングしているのに日常生活に支障が出るぐらいに腰が痛くてご相談頂きました。

【お客様の状態を今日担当させて見させて頂きましたが、想像以上に負荷がかかりパーソナルストレッチをしようとしたら腰が痛くて片足を持ち上げることさえもできない状態で。。。】

 

 

 

担当しているパーソナルトレーナーはトレーナーの資格を取得しているようですが活動経験年数がまだ少ないのか、

動きの評価、姿勢評価、筋力評価などの指標を持ち合わせていないのか、

お客様の抱えている身体の問題点などがあまり見えていない印象でした。

 

池野とも長年パーソナルトレーニング をご一緒していたこともあり、スクワット、ランジ、デットリフト、ヒップフラストなどある程度の筋トレは理解されているお客様。

お客様が「腰が痛いからその種目をしたくない」と拒絶をしたこともあったそうですが「自重トレーニングだけだと効果がないので少し負荷も増やしていきましょう」と提案され渋々受け入れたところ、

次の日の朝に立ち上がれないぐらいに腰が痛くなったそうです。

 

パーソナルトレーニングはパーソナルトレーナーが評価してプログラムを構成するものですが、もしやりたくない種目があったりトレーナーの言っていることが理解できない場合は質問したり、

拒否することは当たり前ですがお客様には当然あるべきです。

理解できないものを不安を伴いながら全力を発揮してトレーニングすることは困難ですし、

逆に不安を持ちながらトレーニングすると怪我のリスクが高くなり危険です。

 

池野はお客様の表情を見て「お客様が理解できていない」と感じたら途中でも一度止めて頂きお客様が納得頂けるように説明し、それでも納得頂けない場合は他の種目に変更します。

 

パーソナルトレーニング はお客様とトレーナーが2人で作り上げるものです。

お客様に信頼頂けない状態で実地頂いても結果に繋がらない。

よく理解されないままにトレーニングを実施してもトレーナーが意図する効果が出ず、さらに怪我をさせてしまうようなら本末転倒です。

 

池野がお客様にお伝えしたのは「自分の身体を預けるに値するトレーナーと一緒にやらないと○○さんが安心してトレーニングができないと思います」

どんな人と何をどこで取り組むかによって「質」は変わってくるというのは池野の自論です。

そんな想いをお客様にお伝えさせて頂きました。

 

【経験年数が少ないとか言い訳にはできないし、プロとしてやる以上お客様に負荷をかけてしまっている状況を把握できていないトレーナーに憤りを感じずにはいられませんでした】

 

お客様の期待値を超えていけるように。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

お客様の期待値を超えていけるように。

人の考え方や目的は一定ではなくちょっとずつ変わっていくものです。

以前はAだと言っていたものの、色んな人の意見や自分の体験してきたことによってBになったりするものです。

価値観も実はちょっとずつ変わって、目的や目指す頂の高さも変わっているので常に同じプログラムやサービスを提供していても飽きられる、あるいはお客様の目標達成に対してコミットできていないことになります。

 

今のお客様の心の状態、真理を見極めて今までとは違った方法や手段で期待値を超え続ける、あるいはお客様に一定の安心感を持ってパーソナルトレーニング に価値を感じて頂けなければ継続になりません。

継続いただくことが全てのゴールというわけではないのですが、

お客様が抱えている問題を解決に導いていけるかで私たちの力量やプロとしての姿勢が問われています。

 

パーソナルトレーニング の時間が楽しい時間だった!というのは1つの価値ですが、

池野のお客様は楽しいからパーソナルトレーニング を継続されている方はほとんどいません。

自分にとって必要だと思って頂いたり、自分一人ではできないと感じて頂けるような「価値」を表現しているからだと池野としては表現しています。。。

 

一人一人によって深層心理に思っていることや願望は違うため、

同じやり方だと通用しない部分は多くに存在します。

 

ただ、他のトレーナーと何が違うとか優れているとか、「一般的には」というのは全く魅力がありません。

他者と比べるよりも、オンリーワンになるためにどんな工夫が必要か考え表現することの方がより重要で簡単に言えば「他者は関係ない」ということです。

市場調査という点では、他の人と被らないように現存の広告や価値をリサーチしておく必要はあるかと思うのですが、

他者と比べて何かサービスを作り出そうとするのは間違いです。

自分本位ではなく世の中の流れの中に価値を作るのは一番最初に取り組むことではないからです。

 

まずは自分がお客様にどんな価値を提供したいかが大事で、その次に社会の中で世の中の流れで皆んなが「こんなサービスがあったらいいのに」という考え方にしていかないと、

社会が、世の中の価値が常に入れ替わっている状態だからこそ「自分にしかできないオンリーワン」を作ることがお客様の期待値を超え続ける基礎になるのだと思います!

 

 

「Tips _for personal _trainer」Instagramはコチラ→⭐︎

「選ばれ続けるパーソナルトレーナーになる!」:Twitterはコチラ→

女性パーソナルトレーナーによるセミナーを開催致します。

詳細はコチラ→⭐︎

脳と筋肉が繋がらない?!ロコモティブシンドローム。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

脳と筋肉が繋がらない。。。

長時間のデスクワークで首に鈍痛が続いているお客様。

間も無くパーソナルトレーニング をご一緒して1年になりますが、当初の姿勢といえば視線も下を向いているのが当たり前で頭が身体よりも1つ出ているような姿勢でした。。。

最初はグルーツビルダー(美尻を作る専用のマシン)を希望して来て頂いたのですが、

池野から「まずは身体の不具合を取り除きましょう」という新しい提案から筋トレよりもピラティスやコンディショニング、身体の使い方、重心の移動戦略を整えるところからスタートしました。

 

スポーツも苦手でトレーニングも全くの初めて!!ということで、

  • 重心がどこにあるか?
  • どこの筋肉が伸びているか??
  • どこの筋肉に力が入っているか??
  • 呼吸した時に胸郭が広がっているか?

新しいエクササイズや新しくアップデートしたトレーニングをご案内する度に身体と対話して頂きました。

というのも脳と筋肉の繋がりが薄くフィードバックを得られないことが多々見られたのです。

 

1つの筋肉は意識することはできるけれど、

  • 体幹+肩甲骨
  • 体幹+お尻
  • 体幹+頭部の位置

というように体幹とその他の関節や筋肉を意識することができず1つの筋肉、1つの場所だけでしかモーターコントロールすることができなくて戸惑われています。

脳と筋肉の間で感覚が失われている、あるいは経験値がないためわからない場合はまず理論的にご理解いただくことから始めていきます。

それでも分かりにくい場合は池野が実際にエクササイズして目的としている筋肉や関節に手を当てて筋肉の動きをイメージして頂きます。

ご自身の筋肉や関節も触って頂くとイメージ出来る場合もあるので試行錯誤なのですが。。。

 

お客様の悩みとしては首の違和感や鈍痛を無くしていきたいということでしたので、根本的な解決でいえば姿勢を保つ戦略を変えなければ何度もマッサージやトリートメントを受講しても何も変わらないということ。

だからこそ左右差があれば修正する必要がありますし、筋バランスでどこかが硬すぎる、弱いなどがあれば使っていない筋肉を起こしてアクティブに反応できるように再教育する必要があります。

包括的に身体全体を見ていかなければ総合的に心地の良い姿勢というのは作り出すことが難しいからです。

 

「自分の身体と対話する」ではないのですが、自分の身体を意識できるようになれば不具合がどこからきているのかも感覚的に分かるようになり対処もしやすくなるでしょう。

一番厄介なのが脳と筋肉の繋がりが乏しい、あるいは意識しようにもできないという状況です。

同じ筋肉ばかりを酷使して使っていくと今まで使っていなかった筋肉たちは痩せて細くなって日の目を見ないまま衰退していくのみです。

 

これがロコモ(ロコモティブシンドローム)になって老化現象を辿ってしまうプロセスです。

そうならないためにも自分の身体に目を向け声を聞けるように意識できる訓練(トレーニング)を欠かさないようにしていきたいですね。