お知らせ

自己満足か成果主義か。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

筋トレしてもどこに力が入っているのか分からない女子へ。

時々いらっしゃるのですが筋力トレーニングで負荷をかけていても、自重トレーニングで負荷をかけても「どこに力が入っているのか分からない」という女子がいます。

「トレーニングフォームの問題かな??」と思うのですが、

フォームが間違っているわけでは無い。。。。

筋力トレーニング中にどこにも負荷を感じないので、とりあえず重さをどんどん増やして負荷が重くなると多少の感覚は分かる程度。

意識できてない、感覚神経の問題か。。。トレーナーとしては悩みます。

ここでなぜ感じないのかをお客様に原因があると思っていはトレーナーの傲りです。

お客様は素人なので分からないのは当たり前。

分からないことを分かるように伝えてプログラムを提案するのがプロです。

 

ただ原因を見極めるのが非常に難しい。

感覚受容器が機能していないとなると、基礎工事からやり直さないと筋肉をいくら動かしても感覚を感じることができない。

理論で説明しながら根気よく腹横筋と腹直筋の違いから理解をして頂けるようにエクササイズを繰り返し行う必要があります。

 

何度かトレーニングフォームを見ていた時に自分との違いが何なのかじっと見てようやく分かることなのですが、

お客様の中に筋トレをしているのに力を入れないでできる方がいます。

筋肉は伸長(エキセントリック)と短縮(コンセントリック)を繰り返しながら負荷に対して力を発揮します。

負荷に対して筋肉で支えるのではなく、関節で支えることでトレーニングフォームを形作っている人もいます。

筋肉に最も負荷がかかる瞬間にお腹の力も、主動筋の力も抜けてしまうと脳で感じることもできません。

筋紡錘、腱紡錘に異常がないかりぎ私たちの筋肉と脳は繋がっています。

【この繋がりは脳の中でのイメージと実際の筋肉の動きが重なった時により効果を発揮します】

 

 

感覚派の方で筋肉を使うイメージや感覚がわかない人にとって、感覚でインプットするのは至難の技です。

 

伸長(エキセントリック)と短縮(コンセントリック)と等尺性収縮(アイソメトリック)をトレーニング中に筋肉がどのような形状になっているのかを考え、自分で意識することから始めなければ筋トレにはならないでしょう。

筋トレ中に力を入れない、あるいはどのように力を入れていいのか分からない時は、

トレーナーが使用する解剖学の図などを一緒に見ながら筋肉の起始と停止を理解頂いたりするなどの理論から入った方が良いでしょう。

 

筋トレ中に力を入れないでできる!のはあまり良いことでは無いですね。

筋トレ中は一瞬たりとも力を抜く瞬間なんてありませんから。

怪我の原因でもありますし、形だけのトレーニングなんて何の意味もないですから。

自己満足にするのか成果主義になるのかはみなさん次第です!

 

 

 

日本滞在中はめいいっぱい!

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

日本滞在中はめいいっぱい!

お客様の中にはご主人の海外赴任で日本を離れることになった方もいらっしゃいます。

渡航先で相性の良いパーソナルトレーナーを見つけるのはなかなか難しい。。。

日本人が求める美意識と、海外のパーソナルトレーナーが持っているトレーニングの考え方がマッチしていない事、

ピラティスなどの複雑で繊細な身体の使い方のレクチャーを受けるには英語力を問われることもあり、渡航先でパーソナルトレーナーを探せないとお話を伺います。

最近では日本のマイクロジムが海外に店舗展開し駐在員の方を対象にパーソナルトレーニング 業務を展開しているようです。

駐在員のコミュニティは狭く、日本人を対象にしたサービスがあれば口コミで広がりやすいのだと思います。

 

池野がオーストラリア滞在中にも日本人のお客様からのお問い合わせを数多く頂きました。

皆さんフィットネスクラブに通った経験はあるものの、海外のパーソナルトレーナーに依頼するかどうかは悩まれるそうで、

日本人でしかも女性パーソナルトレーナー」というだけで安心感と難しい英会話も必要ないのでブランディングは大成功でした。

 

話は戻りますが、海外赴任、出張の多いお客様は日本に戻ってきた瞬間に滞在中にめいいっぱいパーソナルトレーニング のご予約をお取り頂きます。

日本滞在中にできる限り海外赴任中、出張中で崩れてしまった身体を取り戻すように、

そして再度海外に戻って、再び出張に合わせて体調を万全にするように。

 

海外赴任、出張では時差もあれば長時間のフライトで体調が崩れます。

それまで仕事ばかりで体調を整えるようなトレーニングもできていないので、体力も落ちています。

日本滞在中は食事もコントロールしやすいしトレーニングができる環境も整っているので、

日本に戻ってきたら必ずパーソナルトレーニング で微調整していきます。

 

理想は毎週1回から2回のパーソナルトレーニング で定期的に身体を動かしていけるのが一番理想ですが、

日本にそして東京に不定期でしか滞在できない方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は日本にいる時こそ身体の土台をしっかり作って行くことが自分を守ることに繋がるのではないでしょうか。

 

疲労しているからといって家でじっとしていても実は疲れは変わらない。

自律神経を整えて深い睡眠をとるためにあえて心地よく脳と筋肉を疲れさせてみましょう!

 

 

 

 

骨格の補正と筋トレの関係。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

骨格を補正すること。

ボディメイク、体型を変えるために私たちが最初に行わなければいけないこと。

それは筋肉を引き締めることよりも、まずは骨格を補正することからスタートではないでしょうか。

身体の歪みやO脚、猫背、反張膝、肋骨が開いている、といった骨格が正常せはない状態を顧みずボディメイクや体型を理想の形にしていくことは困難です。

 

骨格の補正」と聞くと整骨院や整体で骨を調整してもらう必要がある?!と想像してしまいそうですが、違います。

骨は自ら意志を持って動くことはなく、骨と筋肉を結ぶ腱や関節や骨を安定させるために働いてくれているインナーマッスルにアプローチをするだけで「骨格の補正」につながります。

  • 筋肉を意識化できるようにする
  • 筋肉の強い、弱いといったバランスを変える
  • 筋肉の硬い、弱いを調整する

 

身体が歪んだり、姿勢不良は主に上記のような3つが原因で起こります。

特に自分で意識できない筋肉が多ければ多いほど、身体の歪みは顕著に出るようです。

勿論私も身体の歪みはありますし、パーソナルトレーニング で見て頂かないと意識化できない場所もあります。

パーソナルトレーニング を何度も受講して行く中で、歪みの原因となっていた筋肉を動かせるようになって身体は毎年アップデート!

しっかり30代からアンチエイジングに心血を注いでいます笑

自分の身体ですから、自分の力で改善していければ多少海外旅行で毎日のルーティンであるトレーニングができなくても元には戻せると思うのです。

 

そう、身体の歪みや不調をできるだけ取り除いてから筋トレをすることを推奨します。

なぜなら身体の歪みや姿勢不良をそのままにして筋トレしても自分の理想とする体系には近づけないからです。

できる限りニュートラルな状態に戻して、バランスを少しでも整えて筋トレした方が筋肉の引き締まり方に違いが出るからです。

骨格を補正して、骨まで綺麗に整えられたら周りの筋肉は自然と力が入りやすくなるし、がむしゃらにトレーニングしなくても自然と全身バランスよくトレーニングすることができます!

 

だから池野は最初から筋トレをせずに、ピラティスやマスターストレッチのメソッドを組み合わせて身体の歪みを起こしている筋肉たちを使って頂きます。

地味トレは意識化できていない筋肉たちを呼び起こすためのとレーニンングでもあります。

骨格の補正があって初めて筋トレに取り組める。

女性らしいしなやかな身体を手に入れたい人はピラティス×筋トレです!

 

 

本気で身体を変えて人生を変えたい情熱があるか。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

運動やトレーニングが長く続けられない人。

運動やトレーニングを長く続けられない人。

一見、「怠け者」に見えがちですが実際には違う方が多いです。

 

運動が続けられない人のタイプ①

自分に必要な運動が分からない。

流行っているメソッドは一通り試してみるけど自分に必要なものなのか分からなくなり途中で諦めてしまう人。

 

運動が続けられないタイプ②

運動やトレーニングをすると身体が痛くなる。

自分としては身体を動かして体力作りや痩せたいのに、運動やトレーニングをすると関節や筋肉が痛くなって続けられなくなる人。

 

運動が続けられないタイプ③

運動する時間を作ることができない、習慣化することができない人。

プライオリティ(優先順位)をつけることがでなくてタイムスケジュールの中で相殺してしまう人。

本気で身体を変える!という意思のもとでスケジューリングできるように価値・意義を高める必要がある。

 

運動が続けられない理由があるのなら、その理由をきちんと受け止めて方法を変える必要があります。

トレーナーと合わなかった、メソッドが合わなかった等の理由もあるかもしれません。

でも、もしかしたら自分の心の奥底から「本気で自分の身体を変えて人生も変えたい」と情熱が出てきていないのかも。

 

自分の気持ちにコミットするならば、時間は作れるはずだからです。

運動やトレーニングもできないぐらいに何かに追い込まれているとしたら、日々のスケジュールが埋れすぎて自分を見失ってしまうぐらいに現状は大変かもしれません。

だとしたら、運動やトレーニングができるぐらいに何かを捨てて自分の中に余裕を作ってみてはいかがでしょうか。

心と身体を酷使続けて毎日を送っているとしたら、何年も長くは続けられない。

 

笑顔のない人生だなんてあまりにも寂しすぎるし、価値を上げ続けることはできないでしょう。

日々の中で笑って過ごせるぐらいの心の余裕と、運動できるぐらいのスケジュールの余裕はあってもいいはず。

日本人は真面目すぎるので過緊張の人が多すぎます。。。

運動やトレーニングができるぐらいの余裕は健康のバロメーターです!

30代で筋トレをしても筋肉のメリハリが出にくくなっていることを感じます。。。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

10代・20代と30代の頃との違い。

13年間パーソナルトレーナーとして活動していますが、

ウエイトトレーニングの基礎を学んで肉体改造していた時期も入れると15年目になります。

 

10代の頃は理論と実践を繰り返していました。

20代の頃は無我夢中で自分がどこまでウエイトトレーニングができるのか限界までやり続けてきました。

30代に入り、女性らしく引き締まった体型を作るためには?を考えながら筋力トレーニングを継続しています。

10代、20代、30代と15年間の中で感じていることは、年代が重なるにつれて筋トレしても筋肉が増えにくくなってきている事です。

以前と比べて重い重量を使わなくなってきたことも影響していますが、

30代で筋トレをしても今までのように筋肉のメリハリが出にくくなっていることを感じます。。。

「質より量」にトレーニングプログラムを転換し、トレーニングに慣れがあるなどの理由は分かっているとしても今までと同じようなスクワット60kg、ランジ40kgでトレーニングしたとしても筋肉のメリハリに変わりがあるかというと感じられない。。。

これは30代から毎年筋肉量が落ち、その中でも特に速筋線維(筋力、パワーを発揮する筋肉)が落ちていくからです。

年齢の上昇と一緒に反比例して、神経系、速筋線維の割合は低下していきます。

運動やトレーニングを意識的にしなければ毎年筋肉は落ち、60-80歳にはピーク時の約半分まで落ちると言われています。

私たちが今後生きていく中で大切な筋肉が減ってしまう。。

  • 筋肉が落ちる→代謝が落ちる
  • 筋肉が減る→姿勢を維持できなくなる
  • 筋肉が落ちる→体脂肪が増えやすくなる
  • 筋肉が減る→疲れやすく外出が億劫になる
  • 筋肉が落ちる→膝や腰が痛くなる

 

書き出したら止まらないぐらいに弊害が沢山あり、日々を健康的に過ごせるかどうかは「貯筋」をいくつ貯めておけるかでしょう。

上記を考えると、年齢を重ねて筋肉のメリハリや身体を引き締める効果を期待するならば思い立ったら吉日。

そして日々落ちていく筋肉を作るように継続していかなければなりません。

20代の頃よりも30代で筋肉を減らさないようにしなければ!と切実に感じます。

30代でこんなに感じるのだから40代になったらもっと筋肉が増えにくくなるのかと思うと。。。

怖くなります(苦笑)

 

30代のうちにある程度身体を動かす習慣と筋肉を作る作業(トレーニング&意識してタンパク質摂取)に取りかかなければ!

一掃の努力が必要だと思います。

正直にあなたという人が現れている体型は好きですか?

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

身体はあなたを映す鏡です。

自分が思っている以上に身体は嘘をつかない。

60分みっちりトレーニングを習慣化してできれば体型は変わるし、

誘惑に負けて甘いのもを毎日何かご褒美をあげていたら体重は落ちない。

徹夜が入ったり仕事が忙しくて休息が取れなければガタガタになるし、

毎日遅くまで起きていれば体内時計は狂ってしまって夜型生活に慣れて太りやすくなるし。

身体は毎日を過ごしているあなたを映す鏡です。

 

身体を見ればその人がどんな人なのかが分かります。

 

対人関係で第一印象は3秒で決まると言われています。

この3秒の中であなたが他の人にどんな印象を与えられるか意識したことはありますか??

他の人が第一印象で感じるあなたはどんな人でしょう??

正直にあなたという人が現れている今の身体(体型)は好きですか?

 

洋服では身体をごまかせるかもしれませんが、姿勢(態度)や立ち居振る舞いまでは隠せない。

あなたという人柄をダイレクトに伝えるためには身体の芯を強く太くしなければいけないと思うのです。

伝える力、影響力を与える、仕事を円滑にすることができる!ために、

あなたを映し出す身体(体型)を作り直してみてはいかがでしょうか?

 

自分の体型を好きになれたら、きっと今までの自分よりも勇気を出して色んなことにチャレンジできる気がする。

背中を押してくれる力になるのではないでしょうか。

アンケートのご協力をお願い致します!

Will Work out for womenで一緒に活動している鍵森が、この度クラウドファンディングで製作した「Tバック」を作る準備をしています。

最近スパッツでトレーニングする女子が増えてきていますが「下着のラインが見えて目のやり場に困る。。。」という第三者の声を聞いて、

 

鍵森がアパレル製作会社と作成した「Tバック」は、アスレティックトレーナーというバックグラウンドから機能解剖学を視点にしたTバックを製作!

欧米では主流のTバックですが、日本ではなかなか普及しずらい。

というのも可愛いデザインのものが少ないのと、欧米発祥のものなので日本人女性の骨盤のフィットしていなくてつけ心地があまりよろしくない。

色々改良を加えてデザインレースが付いていたり、下着がくいこまないようにクッションを取り付けたりと細部にこだわっているそうです!

(まだ現物を見ていたいのですが。。。)

今回クラウドファンディングで製作していることもあり、アンケート調査でデータが必要とのことで女性の皆様にコチラのアンケートにご協力をお願い致します!

見えない敵と戦う30代女子たちは。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

見えない敵と戦う。

20代の頃は多少無理して寝不足でも栄養ドリンク片手に乗り切る!?なんて事ができていたのに、

30代に入るとガクンと疲労感が抜けなくなる。。。

土日に寝溜めしようと思って平日は身体が保てるギリギリまで無理して頑張るけど週末は疲労回復するのに時間を要して外に外出するのも億劫なんて事していませんか??

何とかボロボロの身体と肌、そして髪を綺麗にしようとプロの手を借りてメンテナンスをするけれども追いつかない。

普段料理する時間も気力もないから外食やコンビニでお惣菜で食事を済ませるようになったら何だか身体がブクブクしてきたような気がする。

(今まではそんな事なかったのに!)

 

30代に入って仕事もプライベートも充実させようと心の中では思っているけれど、現実はできていない。

頑張っても頑張っても自分の中に何かが満たされないような気がして、頑張り方が分からない。どうしたらこの呪縛から解き放たれるのだろうか。。。

池野の周りにも仕事をこなせるだけこなして、身体をボロボロにしてメンテナンスに来て頂くお客様もいらっしゃいます。

身体が疲弊しているのに「トレーニングで身体を鍛えましょう!」とは言えないです(苦笑)

 

ただ、せめてガチガチに固まって疲労が抜けにくい身体の状態をリセットぐらいにはコンディションを戻せたら。。。と希望を持ってご案内しています。

トレーニングの意味合いには「教育する」も含まれているので、緊張状態が形状記憶している脳や筋肉たちを解き放して制限されない身体に整えるのもトレーニングの意味の中には含まれています。

ピラティス、正しいムーブメント、姿勢、ストレッチ&コンディショニングを組み合わせてお客様の心と身体を正常な状態に取り戻す!

そして心の余裕が出て「次はもう少し身体絞れるように頑張りたいかも」と思えるようになったらステップアップしながらピラティスから筋トレに移行していけばいい。

普段から頑張っているのに、これ以上頑張る必要なんてないから。

タイミングもあるし、お客様が何か断

捨離できて次のステージに行けた時に二人でタッグを組み目標達成に向けて爆進していけばいいから。

 

社会、そして世間体、会社、周りに見えない何かと戦っている30代女子。

毎日何かのプレッシャーを感じているかもしれません。

プレッシャーを楽しめるぐらいの余裕があったほうが仕事もプライベートも楽しめると思う!

だからギリギリまで身体を疲弊させすぎないように。池野からのお願いでした。

30代女子の好きなものに囲まれていたい。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

好きなものに囲まれていたい。

30代に入ると自分が身に付けるもの、洋服、料理した時の食器、部屋の家具など好きなものに対してこだわりが出てくるもの。

好きなものに囲まれて生活できたら・・・20代では実行できなかったことが30代に入って妥協せずに選びたくなりますね。

 

身に付けるもの以外にも人間関係も同じく、同じ価値観であったりお互いの上質空間を理解し話せる人。

努力を惜しまずに成長し続けたい!という前向きな気持ちの人と一緒に過ごせたら心地がいい。

誰と、どこで何を一緒にするのか??」という問いに対する答えはとっても大切ですね。

30代以上のお客様は特に人間関係をも大切にされるので、

毎週会うことになるパーソナルトレーナーを選ぶ基準は必然的に厳しくなります。

人間関係も「好きな人たちに囲まれる」という点に対してハードルが高いように感じます。

 

楽しい人、学べる人、一緒にいて居心地が良い人と。

特にパーソナルトレーニング は「トレーナー×お客様」の関係性が重要で、

距離が近すぎても遠すぎてもいけない。

  • お客様が気持ちよく運動できるように上質な空間を演出する。
  • お客様が手に入れたい理想の身体作りをするためのメソッドを持っている。
  • お互いに正直であること。

お客様とのパーソナルトレーニング 中「このトレーナーは私に一体どんな価値を提供してくれるのだろう??」という期待感と緊張感を持った視線を感じます。

パーソナルトレーニング 中ではとてもセンシティブでプライベートなお話をさせて頂くこともあるので、パーソナルトレーナーを選ぶ基準はお客様によって違いますが「楽しい人、学べる人、一緒にいて居心地が良い人」の中から選べれているような気がします。

 

お客様の上質空間に少しでも近づけるように!とも思いますが、「良いトレーナー」を演じるのではなく、

パーソナルトレーニング の中でお客様に常に新しい価値、もしくはお客様が求めている価値を提供し続けていくことが私にできる唯一のこと。

小手先ではなく、本質をお伝えすべく活動中です!

 

 

新規開拓!

いつも同じお店に行ってしまうので、時には新規開拓!

と言ってもいつも探すお店のカテゴリーは「和食」です。

先日お邪魔したのは「味のなかむら」さんです。

西麻布にある隠れ家になっている和食屋さんで「こんなところに!」という意外性のあるお店でした。

 

奇抜な味よりも素朴な味の方が好き。

見た目は地味なのに、食べてみると下ごしらえがしっかりしていて美味しい!と思えたときの感動。目で見て美しいと思える食器や盛り付け、空間が好き。

職人技が見え隠れすることに同じ職人として感銘を受けてしまいます。

心をほっこりさせてくれるのはやっぱり和食です。

写真を撮り忘れてしまいましたが、お肉もお魚のメニューも豊富でお酒の種類も沢山ありました笑

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お知らせ】

 

2017年度から発信しているNews Letterを配信!

食、筋力トレーニング、ピラティス、体幹トレーニング、フットコンディショニング、ランニング、女性パーソナルトレーナー養成講座、Organic等のセミナーで得た情報をさらに詳しく解説。

さらにHPやBlog以外での日常も綴ってみようと思います。

これから毎月第一月曜日に配信致しますので

News Letterのお申し込みはコチラからお願い致します。

※メール受信可能なメールアドレスにてお願い致します。

普段話せないような内容もちょっと出したり、News Letterの中でお知らせするお得な特典等も記載しています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

目指せ中村アン!の美BODY!

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

目指せ!中村アン!

今日Instagramを見ていたら中村アンさんのアカウントに衝撃的な写真が。。。

次回の「anan」に表紙を飾っているのが中村アンさんの美BODYだったのです。

同じ女性でも魅了されてしまう中村アンさんの身体は洗練されていますよね。

(写真は中村アンさんのInstagramよりお借りしております)

兼ねてからストイックにトレーニングをされてる中村アンさんはクロスフィットを中心に筋トレと有酸素運動を組み合わせて身体作りを行っています。

中村アンさんの美BODYの秘密!

クロスフィットトレーニング中の動画もいくつか拝見致しましたが、

重い重量を使っての筋力トレーニングプログラムよりも軽い重さや自体重トレーニングを高回数を繰り返して行うプログラムが主流のようです。

どちらかといえば「中程度の運動強度×有酸素運動」、わかりやすく言えば「ややきつい」運動をずーっと続けているようなプログラム。

筋力トレーニングで一気に終わらせるプログラムではないので、最も辛いトレーニングゾーンです。

(VOGUEのYoutubeチャンネルでご自身でもおっしゃっていましたが、筋トレよりも有酸素運動の方が得意だとおっしゃっていました)

 

クロスフィットは全身をバランスよくトレーニングすることができるメソッドなのですが、体幹を支持できなければ怪我をするトレーニングも多く組み込まれているのでトレーニング経験がある人でもなかなか継続することは難しい。

「日常生活でこんな筋持久力必要?!」と思うぐらいに繰り返し繰り返し反復してトレーニングを行います。

中村アンさんの動画を見ていると、体幹がブレずにキープできて代償動作を行っていませんし、

体幹の支持と合わせて柔軟性もしっかりキープされているのでしなやかさも失われていません。

 

自分の限界ギリギリまで追い込む心の強さも感じるし、努力を重ねて美BODYを作っている中村アンさんの身体には脱帽ですね。。。

久しぶりにビビッとモチベーションを上げさせられました(苦笑)

皆さんも目指したい美BODYを具体的に作っておくことをお勧めします。

成功している人の真似をすることが最も成功への道に近づける方法です。

 

抽象的よりも具体的に。

成功している人がいるのならばどんな事を取り入れているのかまずは真似をするだけでも成功する道を近づいていけるでしょう。

中村アンさんの身体に近づきたい!と思ってしまった池野でした笑

妊娠中の安全なトレーニング及びガイドライン!

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

先日妊娠中の安全なトレーニング及びガイドラインについて話し合う機会がありましたのでこちらでもシェアさせて頂きたいと思います。

 

妊娠中の安全なトレーニング及びガイドライン!

まずは妊娠中に起こる生理学的変化について。

①妊娠中は安静時の最大酸素摂取量が30%増加し、呼吸数も同時に増えます。

→赤ちゃんの呼吸もお母さんが代わりにすることになり、酸素摂取量が必要となるのでちょっとしたことで息切れを起こしたり、今まで何事もなかった運動中に息切れを起こしやすくなります。

②妊娠期間を通じて血液量が40-50%増加し、日常生活などの活動中に置いて心拍数が20%増加します。また、心拍質量は30-50%増加し胎盤と成長中の退治に最大限の血液を送っています。

→血液量が40%も増加すると、それだけでいつも以上に代謝が良くなり身体が火照りやすくなります。水分補給は意識して行うことが望ましいですね。

 

③妊娠中は女性ホルモンが変化し胎児の通過を容易にする為下半身の靭帯を柔らかくするリラキシンの分泌が多くなる。下半身の靭帯が緩くなる為つまづいたり、重心の方向転換が今までよりも難易度が高くなる

リラキシンの影響で骨盤周辺の靭帯が緩くなり広がる。妊娠中に適度な運動を行い靭帯が緩みすぎないようにコントロールしておくと産後に骨盤が開ききった状態にはなりにくい。妊娠中から軽度な運動をしておくことが産後体型の改善・回復につながる。

 

妊娠中に避けるべきトレーニング

①重い重量を使って息を止めて行うようなトレーニング(バルサルバ法)は避ける。

②バリスティックストレッチなどの強度の強いストレッチは避ける。

③体型が大きく変わり、バランス感覚に問題が生じやすいのでバランスが必要なトレーニングは避ける(例:片足立ち、ジャンプなど)

④妊娠中期から後期は仰向けの姿勢でトレーニングを避ける。腹筋の離開が生じて筋繊維が断裂する。

⑤うつ伏せの種目は13週目以降行わない。妊娠12周目までが流産の危険性がある為無理はしない。

妊娠中のパーソナルトレーニングについて。

適度な運動はママの睡眠の質、筋力向上、肥満の抑制、腰痛や便秘の解消、足の浮腫みや筋肉の痙攣を解消するのに繋がるので、医師に相談して運動の許可を得られた場合はトレーニングをすることをお勧めいたします。

妊娠中は上記にお伝えしたように今までの体力以上に消費エネルギーが増えますので、体力の向上は難しくても体力の低下を最小限に抑えることを念頭に置きながらトレーニングをすることが良いでしょう。

頑張りすぎる必要はなく「やってみようかな」ぐらいの心持ちの方がストレスなく続けられるでしょう。

※必ず医師と相談し運動の許可を得ることが前提です。

中程度の有酸素運動は母体の体力レベルの維持に役立ち、陣痛や分娩時の身体的要求に役立つように体調を整えることができます!

また筋力トレーニングは筋肉の機能を調整し陣痛や分娩時に重要な役割を果たします。

 

産前から少しずつ運動を継続しておくとさらに身体の感覚を忘れないため、体型も体重も戻りやすい!!

今まで妊娠中のガイドラインは出ていませんでしたが、少しずつ臨床としてガイドラインがまとまってきています。

世界基準でいうとバラツキがありますが・・・

上記のことを念頭に妊娠中のパーソナルトレーニングをご案内して参ります!