お知らせ

医療機関と連携して

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

医療機関と連携して。

ずっと足首の不調を訴えられていたお客様。

背屈制限があるもののマスターストレッチが大好きで美Body作りに一生懸命取り組まれていました。

最初はトレイルランの登りの時だけ痛みが出るということだったのですが、

途中から平地を10km走ると痛みが出て最終的には歩くだけでも痛いということでかなり深刻な状態になっていました。

 

地元の整形外科に通って診断の結果は「使いすぎで傷めてる」という判断から、

運動強度は下げてご案内していたもののマスターストレッチで傷めてしまっている可能性もあったので私が判断できる領域ではないと思い地元の整骨院ではなく代官山にあるDr,KAKUKOスポーツクリニックに受診頂きました。

 

レントゲンやエコー診断、そして先日はMRIも撮って頂いて最終的な診断ではかなり深刻な状態になっているようです。。。

マスターストレッチの影響もあったのかもしれませんが、

何より地元の整形外科での診断が間違っていたことに衝撃を受け、さらにはその判断をもとに私たちパーソナルトレーナーや理学療法士、柔道整復師、鍼灸師は色々な戦略を持ってプログラムを構成したり治療にあたるからです。

セカンドオピニオンではないですが、診断結果を鵜呑みにせずに疑問を持ったら違う治療院や整形外科を受診するのも自分の身を守る1つの方法かもしれません。

 

お客様の場合は去年からずっと脛のあたりに内出血を起こしていましたし、何でこんなことになるのかパーソナルトレーナーという立場では判断ができませんでした。

そう思うと池野自身も早期にお客様に信頼の置ける整形外科を紹介すべきでしたし疑問を持つべきでした。

 

自分一人でクライアントを抱え込むことはできないし、しないほうがいい。

今日本では医療や治療に関して誰に何をお願いしていいのか明確になっていません。

パーソナルトレーナーにおいては治療家でもないのに腰痛を改善!など簡単に言っている節がありますが、運動療法でできることなのかどうかは医師の診断がなければできないことなのです。。。

トレーニングで腰痛が悪化してはならないのに、そうさせてしまっている現状を池野は知っています。

パーソナルトレーニング を受けて腰痛になったから池野さんに一度コンディショニングをお願いしたいなどの依頼を頂くこともあるからです。

 

これから日本も完全に分業化してお互いの領域から出ないようにお互いのお客様を交互に循環させていくことがお客様にとっても自分たちにとってもメリットが大きいのではないでしょうか??

だからこそ信頼できる整形外科医、内科医、理学療法士、鍼灸師、ATといった横のつながりが新しい価値を生むような気がいたします。

 

夜桜。

 

 

写真は紀尾井町で活動後に写したライトアップされている桜です。

腰を据えて桜を見る機会があまりないのですが出張パーソナルトレーニング にいく先々に色んな桜の景色があるので仕事の合間に楽しんでします。

桜を見てしまうとなぜか切なくなってしまうのは日本人だからなのでしょうか・・・

間も無く4月に突入し時代は平成から新しい時代へ!

何かが自分の中で変わっていきそうなそんな予感がしてなりません。。。