お知らせ

急性ヘルニアあるいは腰椎不安定症?

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。


今日はヘルニアから復活されたお客様から、

『池野さん、また腰をやってしまったようで相談させて下さい』


緊急連絡!


フィットネスクラぐにご来場頂いたのですが、歩き方がゆっくりで前屈みになろうとすると表情が険しくなり辛そう。。。


受傷して3日目にご来館頂いて状態を確認しながら今できる事をご案内させて頂きました。


病院には行かれていないようですが、

ヘルニアの時と同じ場所から痛みが発生しているらしく、頭を前に倒すのも辛そうで車の運転や日常生活でパソコンを使ったりすることもお辛いようでした。



立位姿勢で前屈と側屈に痛み有り。

仰向けで股関節の可動域を見るとどの角度でも痛みが出ていて前屈に関わる筋肉は特に緊張していました。


ゆっくりゆっくりストレッチ、壁に使って頭を倒す練習、四つん這いで背骨の可動域を取り戻す練習などできる事をご案内し、


動かす度に「腰が引っ張られて伸びてます。。。」過緊張の筋肉と関節を緩めることに徹しました。


急性期の腰痛では整形外科に行くと


  • 痛み止めの薬
  • コルセット
  • 安静にする事


処方されるのですが、本当に激痛なので安静にする事が難しい(苦笑)


急性期の場合はあまり激しく動かしすぎるのはよく無いのですが、可動域制限が出過ぎていると日常生活に支障が出てしまうので今日はできる範囲で前屈の可動域を取り戻せるようにご案内しました。


痛みが伴うので怖いと思います。。。


いつ、いつも通りの腰の状態に戻れるか不安でいっぱいだと思います。。。


ただ、薬を飲んで痛みを取り除いてもまた日常生活を送った場合繰り返してしまうことの方が確率は高いです。なぜなら痛み止めで痛みを抑えているからです。


なぜギックリ腰のような状態になってしまったのかを検証して、足りない要素を埋めて再発防止をトレーニングやコンディショニングで行わなければなりません。

腰を痛めてしまった事は残念なのですが、前を向いて早く日常生活を取り戻すことに集中!しないといけません。

運動制限も出ているので、時間がかかるかもしれませんがお客様と相談しながらコンディショニングを進めていく予定です。


お団子!


昨日宣言したようにお団子スタイルでお仕事してきました。


何が良いって、首回りがすっきりしてヘアスタイルが崩れにくい!!


トレーニングをご案内していると途中仰向けになったり体制を変える事があるのですが、後ろに髪を縛っていると崩れてしまったりするのでヘアスタイルを気にしなくて良いのが良いですね。


人生の中で一番髪が長いかもしれません!!


「池野さん、今日空いてる?」

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。


「池野さん、今日空いてる??」って言われるの嫌いじゃないです。


突然でも予定を聞いてもらえるなんて、心くすぐられちゃいます!



予定を聞かれたのはストレッチの予約枠が空いてるかどうかって事でしたけどね。。。笑



時々、当日になって予約を入れて頂く事があります。


主にパーソナルストレッチの希望が多いですが、ジムエリアで私を見かけたりすると必ず「今日空いてる??」とお声がけ頂きます。


予約が立て込んでいる場合はお断りすることもしばしばありますが、


夕方以降でしたら予約が落ち着いているので当日でもご予約をお受けする事が多いです。


「今日池野さんがいたら、絶対やってもらいたかったんだよねー!」なんて言われると私もとても嬉しい気持ちでご案内させて頂いています。




20代から唯一無二の存在になる為に!と走り続けたきた積み上げが、お客様をかえして見えてくると今までの積み重ねが走馬灯のように思い出されます。



誰かに必要とされると心が温かくなる。


社会に必要とされると心が熱くなる。


大事な人に必要とされると涙が出るほど心が踊る。


自分のためじゃない、誰かの為に何かできる自分でいたい!



新型コロナウィルスの影響。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。

新型コロナウィルス。


連日テレビでも報道されていますが、中国で発症された『新型コロナウィルス』が日本にも入ってきていますね。


皆さんは外出など控えていらっしゃいますか??


池野の高齢のお客様が免疫力が引くことを懸念してフィットネスクラブや公共の事務等の集団の中でパーソナルトレーニングを延期したいとの申し出がありました。

どこから感染するか分からない状況ですので、ご本人の意思で判断頂ければと思います。

感染予防にてマスク着用中。

現在、業務委託契約しているオアシスRAFEEL恵比寿ではスタッフ、業務委託パーソナルトレーナーはマスクが着用するように本社からの通達がありました。


現在、パーソナルトレーニング中にマスクを着用させて頂いております。



体調が悪いわけではなく、予防で着用しているだけなので皆さんにはビックリされるますがお気になさらずに。


新型コロナウィルスがオリンピックに影響がないといいのですが。。。


夏になると気温が上がり菌の増殖が抑えられるそうなので、9月ごろには終息するような予想が上がっています。


それでも個人でできることは、免疫力を落とさないでしっかり手洗いうがいで予防する事が大切です!!


マスクを着用する事が予防ではなく、自己免疫機能を落とさない事がコロナウィルスに負けない身体を作る事が予防となります。


菌に感染する事は怖いですが、

  • 自宅待機でも定期的な運動を実施
  • 栄養が偏らないようにしっかり食事をする事
  • ゴールデンタイムの22:00-26:00でとる事
  • 笑顔を作って自己免疫作用を高める事
  • ストレスを抱えない事

普段の生活をちょっと意識して変えるだけでもウィルスに負けない身体を作る事ができます。


新型コロナに負けない身体作りを目指しましょう!!


マスクが早く一般に販売されると良いですね。。。

ストレスによる急性腰痛。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。

ストレスで急性腰痛。


急に「腰が痛くて痺れるような感覚が。。。」「腰に力が入らなくて立てない。。。」


お客様からSOSの連絡をいただく事があります。



明らかに変な姿勢を取ったり、疲労が蓄積して筋疲労で腰痛を引き起こされる方が多いのですが、


時々別の理由で急性の腰痛になる方がいらっしゃいます。

それは、


ストレスです。


平常時では特に何も感じていない方でも、突発的なストレスにより血圧上昇、アドレナリン上昇、全身の筋肉が硬直し神経が高ぶったために腰痛を引き起こされる事があるからです。


池野のお客様の中でも週に2回定期的に運動しているのにも関わらず、急に神経的な痛みが発症する事があります。


お話を伺うと仕事や、家族のことで精神的なストレスが身体に加わり、急に腰が痛くなったそうです。


精神的なストレスが引き金となって思いもよらないタイミングで腰痛が引き起こされるという事を皆さんに知って頂きたいと思います。


整形外科的な問題であれば、評価して筋肉や関節の動きや安定力を見ながらコンディショニングする事ができるのですが、

精神的なストレスによる腰痛は運動療法よりも、心と身体に受けたストレスを緩和させることの方が優先順位が高いです。


誰かに話を聞いてもらったり、気持ちの切り替えができるようにリラックスできるように環境や自分の心を整える時間を作ることの方が原因不明の腰痛緩和につながるでしょう。


ストレスによって腰痛を引き起こしているのに、運動を頑張り過ぎて腰痛を悪化させてしまうので注意しましょう。


思い当たらない突発的な腰痛の場合は、ストレスケアを行いましょう!



視力矯正で姿勢矯正

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。


眼精疲労やガチャ目で姿勢不良。。。

実は今日生まれて初めてコンタクトレンズを処方して頂きました!


去年から眼精疲労が凄まじく、眼鏡を作った時も左右の視力が違う状態でいわゆる「ガチャ目」でレンズを処方してもらいました。


お客様や手元は見えるのですが、遠くがぼやけてピントが合わず遠くの人がいても誰か分からない。。。



左右の視力差で利き目で景色を見たり視点を合わせようとするので眼球に合わせて身体が傾き、頸椎がねじれたり腰痛が出たりしている可能性があるようで目からの影響が非常に大きいのではないか?と思うようになりました。


理学療法士の山口先生からも目からの情報量が大きく姿勢が崩れたり身体のねじれとの因果関係が強くあるとのアドバイスもあり、


なるべく眼鏡をかけて移動をしたりしていましたが、どうしても仕事中は眼鏡をかけることが難しいのでコンタクトレンズを検討し今日早速言ってきました!


眼鏡と違ってフレームがないので、眼鏡はフレームの内側と外側でぼやける場所と視界がクリアになるので池野にとっては非常に見やすい!


コンタクトになってから今まで見えなかった遠方に視野が広がって今までの視界不良が嘘のようです。


コンタクトレンズをつけるにあたってはかなり時間がかかり出勤前にコンタクトを短時間で装着できるのかどうか・・・

それだけが不安です笑


コンタクト装着した状態でトレーニングも実施してみましたが、身体の軸を作ったりトレーニングフォームを見直したり、当たり前のことが当たり前のようにできることが嬉しくて、目からの情報を正しく得ることの重要性を感じました。


眼精疲労など、パソコン作業で感じている皆さん!!!


眼精疲労はできるだけ回避しましょう。


眼精疲労によって目から身体感覚が鈍ったり姿勢不良が起こる可能性を池野自身が感じました。


眼科に行って目の状態を把握しておくのも身体の不調を取り除くのに必要な要素だと思います!



精神的な不安から女性らしい身体作りはできない。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんにちは。


精神的な不安から女性らしい身体作りはできない。



ダイエットがうまく結果が出ない、続けられない方ほど精神的な不安を抱えていたり気持ちの浮き沈みが激しく気持ちに余裕がなくて比例するように体重が増えているように思います。


特に女性は生理も毎月あるため精神的な、あるいは情緒不安定に陥ると食べることで精神安定を図り健康的なメンタルを維持しようとしているのかもしれません。


しかし、無自覚でその状態を続けていけば、食べることで精神安定をしようとするので食べずにはいられない。お腹が空いているから食べるというよりも不安だや焦りから食べる習慣がついてしまい、


何度も食べないようにしては、自分の心と向き合えなくて結果食べてしまう負け癖がついているのかも。。。


自分を客観的に見ることができるか?


女性は感情が安定しにくい理由として生理周期があるので、身体の状態と同様に心の状態も1ヶ月の中で変化していきます。


身体がしんどく感じていると、感情も一緒に辛い方向に引っ張られる。。。。


生理前後に無性に食べたくなるのはメンタルケアができていないためだと池野は考えます。


そんな時にまず試して頂きたいのが

  • マインドフルネス(瞑想)
  • 呼吸
  • ウォーキング


自分を客観視して内面と向き合うことで、なぜ無性に食べたくなっているのかを冷静に考えてみると食べることに逃げないで、


食べ過ぎずいつもの自分を取り戻せるのではないでしょうか。

池野も只今生理中!生理後のゴールデンタイムに向けて食事コントロール中です!


緊急要請!

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


緊急要請!


昨夜お客様から緊急要請がありました。


「池野さん、今日時間ある!?」


突然お客様からお電話を頂きました。


何事かと思い、折り返しお電話をしたところ、


「池野さん、腰をやってしまって。。。」


ギックリ腰ではないけれど、トイレから立ち上がって歩き出した瞬間歩けなくなってビックリしたとのこと。


今まで経験したことがない腰の違和感と不安で池野にご連絡頂いたようですが、


池野も治療家ではないので、池野が対応して良いのか迷いました。ご連絡頂いた当日は21;00以降でないとご案内できない旨をお伝えし、後日ご案内する日時を調整させて頂きました。



有り難いことに、トラブルがあった際にご相談頂けるような存在として感じていただけるのはトレーナー冥利に尽きます。


本来でしたwら整形外科や治療家の方にご相談されることがほとんどだとお思いますが、身体の専門家として池野の意見も聞いて頂けるようで、


池野のおパーソナルトレーナーとしての立場からアドバイスさせて頂いています。


池野は治療はできませんが、問題点を見つけてポジティブに課題に取り組むことができます。

筋肉が弱い、硬いを評価すること、左右差、上半身と下半身の評価、様々な角度でお客様の身体を評価をし解決できるように努めています。



痛みの原因の多くが痛い場所に問題があるわけではなく、痛みを発生させている原因となる筋肉や関節、アライメント(アライメント)があげられるのでその原因を探ることは可能です。


即効性はないかもしれないけれど、お客様の痛みの原因となっている根本的な門外を見過ごしたくない。


緊急要請でお客様に腰痛のご相談を頂きましたが、池野なりにできることをご案内した結果、その日のうちに痛みが軽減され車の運転も、前屈みも問題なくできるようになったとのこと。


骨の変性や神経的な問題でなければ、エクササイズで修正できる問題だと改めて認識を確認に変えらることができました!



ライフスタイルを生まれ変えよう!

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。



お客様がバタバタだと、池野も必然的にバタバタです!笑


芸能人と見間違うぐらいに分刻みにスケジュールを組んで実践されているお客様ばかりで「池野さん、今日は45分で切り上げたいから!」などの休息を取らずに駆け抜けてのパーソナルトレーニングになることも!


12月だからなのでしょうか?皆さん本当にお忙しそうなご様子です。



1週間が1日のように、1ヶ月が1週間ぐらいの感覚で時間が過ぎていくので予定を先へ先へ組んでおかないと、


やりたいことができずに予定に相殺されてしまうお気持ち池野も共感できます。


優先順位を決めておかないと、他の予定が入ってきてしまうので気づいたら仕事のスケジュールばかり!なんてことは当たり前です。


そんな中、やはり身体のメンテンナンス、あるいは体調管理、そしてボディメイクを必ずやり遂げたい!というお客様は定期的に予約を入れてくださいます。


仕事や時間に流されてしまえばそのまま。


忙しい中でも自己実現のためには一人で黙々とトレーニングをするよりも、短い時間の中でも凝縮された内容の濃いパーソナルトレーニングを求める方々は常に良い情報を、良い人財(名医、治療家、パーソナルトレーナー)最高の場所で(ジム、自分の自宅等)を探しています


忙しくて時間がない!のは周りも同じなんです。


その忙しいスケジュールの中で効率が悪い仕事の仕方や、生産性のない時間の使い方を見直してみるのも身体のダイエットと同じでマネジメントできるはずです!


何かの歯車が噛み合わなくて余裕がないこともあげられるかもしれません。


でもずっと忙しくて身体のメンテナンスすら時間を取れない日々の暮らしは長続きさせることはできません。


できたとしても、何かしら身体の痛みや不調を抱えながら仕事とプライベートを両立させなければならない。。。

池野もそんな経験をしてからはアウトソーシングしたり、一旦手放してみて自分のスペースを作り余裕を持って自分の「今」と「未来」を照らし合わせます。


微調整を繰り返しながら、トレーニング、休息、仕事、家族、余暇などをバランスよく時間を作っていくことが人生の楽しみ方なのではないでしょうか??




時間の使い方も、食事や運動の仕方も今の自分のライフスタイルを生まれ変えましょう!


フットレストで腰痛。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。


こんばんは。

フットレスにご注意を。


男性のお客様で高級外車に乗っている方の中に同じような症状が出ていることに気づき、こちらでシェアさせて頂きます。


高級外車に共通しているのが、フットレストやアームレストが完備され、さらには座るシートも身体を包み込むような形状をしているためリラックスして運転することができる!というのがコンセプトになっています。



しかし!!


運転しやすいラグジュアリーシートや設備になると、身体が固定されてしまって姿勢を修正することができない!!


骨盤が固定され、後ろに重心を取らざる得ないので胸を張って猫背を修正することが難しいのです。


お客様からよくお話を伺うのが


「運転した後に腰が痛くなる」です。


アクセルとブレーキ操作のため片脚が浮いている状態になると思うのですが、片脚が浮くと骨盤が代償して高さが変わったり、シートに寄りかかる状態が長時間続くとお腹に力を入れて身体を制御できなくなったり、


いつもなら重力に負けずに姿勢を保てるのに、車に乗ると自分の力で姿勢制御ができなくなって何度コンディショニングを試しても戻ってしまうという現象が出て来ているお客様が何人かいらっしゃいます。


運転時間で顕著にその違いがあるようですが、


週1回パーソナルトレーニングで調整しても、毎日車を運転しているとトレーニングの効果を持続させることが難しくいつもの状態に戻ってしまうという悪循環によって腰痛改善が進まない。。。。


根本的に解決するためには車を変えて頂くか、車の運転中に姿勢制御ができる身体作りを進めるなどの対策です。


また運転中の姿勢を変えたりする方法も取り入れる必要があるでしょう。


車の運転が好きな方が多いですが、日頃デスクワークで固まって腰痛にならないよう適度に身体を動かし、運転中の腰痛を回避できるようにしていきましょう!

身体の環境を整える。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。


身体の環境を整える。


頸椎不安定症に見舞われて今年は自主トレも含めて本当に彷徨った1年でした。


昨日お伝えしたプチ更年期も影響があるのかもしれませんが、


自分の身体が変化していることに敏感になりすぎてかなり保守的に。。。


目眩や首の違和感が常に頭の片隅に感じているので筋トレもおさえていたので、筋肉が落ちた。。。と思いきや筋肉はそこまで落ちていない模様です苦笑




今年は無理をしないでピラティスや運動連鎖を取り入れて身体の環境を整えることを中心にしたおかげもあり、お客様の身体の不調や痛み、整形外科的疾患から運動療法を取り入れるパーソナルトレーニングも実施することができたように思います。




ただ、女性ホルモンの生成に対しては筋肉が必要なのでやはり高重量ではなくても軽い筋トレは継続的に実施したほうが良さそうです。


頸椎不安定症で筋トレに不安を覚えていましたが、今までとおないように実施する必要はなく、適切な負荷で血行促進させながら筋肉が落ちないようにして今までの身体の環境から変えすぎないように!と山口理学療法士からアドバイスを頂きました。


身体の中でギャップが生まれ過ぎるとバランスが取れなくなるので、スピードを求めて急激なダイエットなどをするとリバウンドや反動があるのと同じで、


身体を急激に変え過ぎないこと!!


この1年池野が自分の身体と向き合ってみた感想です。