お知らせ

身体をガチガチで過ごしている30代女子へ。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

身体ガチガチで過ごしている30代女子へ。

仕事もプライベートも一番楽しくて充実する30代。

周囲の期待も大きく、今までは任せてもらえなかった権限まで裁量権の中にあって、今までよりも俄然仕事の幅が広がる30代。

自分でも20代で悔しい経験をしてきたことから、「絶対に周りを見返してやってやる!」という強い気持ちで心の緊張感をより強くして仕事に立ち向かう日々。

 

一瞬でも気を抜こうものなら何か歯車が狂って失敗してしまいそうな気がして。。。

いつも心のハリを保ったまま仕事もプライベートも過ごすようになっていませんか??

自分では力を入れているつもりはないのに、肩や首がガチガチに。

美容院で背中をマッサージしてもらうと「カチカチっすね!」と言われてしまう。。。

 

こんなに頑張っているのに、仕事もプライベートも良い運気で回っていない感じがする。

身体をガチガチにして気を張っていたら、

身体と心が疲弊して「何のために頑張ってるんだろう」という目的を見失ってしまうかも。

でも頑張っていないと不安になるし、もっと頑張らないとこの先自分のポジションが確立できないかもしれないという不安も。

30代という年代はとても複雑で深い。

皆んな何かに悩んでいるし、自信があるように見えて不安を抱えている。

 

身体と心が壊れそうな時、身体をガチガチに固めている30代女子はまずは力みを抜いて、本来に自分のスタイルに戻りましょう。

自分らしくしなやかに、スマートな方がきっと毎日が楽しくてキラキラするに違いありません。

リニューアル中!

先日宣材写真を撮影して、HPのプロフィール写真を差し替えて頂いています。

以前の写真は26歳ごろの写真なので7年前。

 

HPのイメージ写真と実際の本人とのギャップを埋めるべく、宣材写真を撮影して頂きました。

メイクもポーズも全てカメラマンさんに言われるがまま。。。

素人なりに笑顔を作ってなんとかカメラマンさんのOKを頂けて一安心。

 

「池野さん、自撮りとか普段しないでしょ」とカメラマンさんにズバリ言われてしまい、

自分の得意な笑顔とか視線とかあんまり慣れてなさそうだからと言われ、

世の中の女子はいかに自撮りして自分の姿が満足いくかどうか鎬削っているというのに。。。

表現力のなさにちょっと恥ずかしさを覚えながら、普段の池野とは別人の写真にあたふたしてしまいました苦笑

準備が出来次第HPに反映致しますので色んな意味でお楽しみに!

 

 

女性ホルモンと運動【最高のデトックス】

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

生理中の運動について。

運動が大好きで習慣化になっている女性でも、運動が億劫になってしまう時期があります。

毎月定期的にくる生理期間中は色んな弊害があるので身動き取れない人が多いのではないでしょうか。

かといって1週間ずっと何もしないのも。。。そもそも生理中は運動した方がいいのか、安静にした方がいいのか?!どちらか悩みませんか??

 

①生理痛が酷い人【月経困難症】

生理痛が酷い人は立つのも日常生活も辛い。だから生理痛が酷い人は無理をしないで痛すぎる場合は婦人科から痛み止めを処方して活用しましょう。

ただ、生理痛がひどくなる原因として子宮内の毛細血管が強く収縮して痛みが発生しています。

【月経困難症】の疑いがある方は、血液の流れを改善することが月経痛の改善につながります。

子宮内膜の不具合で産生されるプロスタングランディンで子宮筋の収縮によるもので、下腹部痛や腰痛を引き起こします。

池野も生理痛は酷いので、立っているのもやっと。。。。

ただ、中学生の時から自然と生理痛に悩まされた時には安静時の姿勢を取るようにしていました。

実は骨盤の鬱血が少ない方が痛みが改善されやすいとの事で、身体が自然に回復体位を探していたようです。

 

※7年前にaranciaアカデミーを主催していた頃のアメブロの方にも「女性ホルモンと運動」というテーマで記事を書いていましたが、改めてこちらでもお知らせさせて頂きました。

上記は全て土屋先生がセミナーでお伝えしてくださった内容を噛み下してご紹介しております。

 

②生理不順の人

生理不順の主な原因はホルモンの分泌や免疫、全ての身体の指令を伝える視床下部から指令が上手く伝わっていない可能性が高いです。

外部からの精神的ストレス、肉体的なストレス(疲労)の影響で、脳が混乱して自律神経が混乱しているためストレスを緩和してフラットな状態に戻しましょう。

生理不順だと精神的なストレスから過食を招き、本来ならば毎月デトックスできているはずの身体の不要なものが排出されずに浮腫やがずっと続いてしまいます。

 

メンタルがタフな女性で仕事がバリバリできたとしても、

女性ホルモンのバランスまでは自分でコントロールすることはできない。

頑張りすぎたらその分どこかでガス抜き!生理不順は薬でコントロールできるものではないので!

あえていうならば生理不順な人ほど運動をしてストレスを緩和させたり、ストレッチや姿勢改善を試みると生理不順から解放されるでしょう。

 

③生理周期を作る4サイクル

卵胞期:卵子を作る

排卵期:成熟した卵子を子宮に送り出す

黄体期:卵子が守勢して妊娠しやすい状態になる(体温上昇)

月経:妊娠しなかった場合、子宮内膜が剥がれ落ちる

この中で一番運動(ダイエット、ボディメイク、筋肉を作る等)の効果が出やすいのが卵胞期です。

月経以外は基本的に運動しても特に身体に負担はないのですが、

黄体期はイライラしたり過食したりしやすいので食事のコントロールが求められます。

エネルギーが満ち溢れている時期には筋トレが最もお勧め!

月経中は経血の排出が少なくなってきたら少しずつピラティスやヨガ、ストレッチなど軽い運動からはじめて体勢が辛くないものから実施してみてください。

女性は生理と運動は離して考えられないので、毎月リズムを作っていけると最高のデットクスです!

応援!

今日は男子サッカー日本代表のW杯初戦!

オアシスRAFEEL恵比寿はいつも夕方から混雑しているのにガラ空きでした笑

池野も予約をクローズしているわけではないのに、予約は入らずでしたので応援中!

 

 

 

本当に加齢ですか??

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

本当に加齢なのか。

これは加齢ですね

整形外科での診断が加齢に伴うことによって腰椎ヘルニア、膝関節症、肩のインピンジメントだと診断されたお客様。

池野の所へ「加齢と診断されたのですがどうしたらいいですか??」と迷える羊のようにいらっしゃいます。

「加齢」と言われれば表面的には分かりやすいですが、

実際問題、加齢で全て解決されていいのでしょうか。

 

加齢で片付けられてしまい、大量の薬や湿布を処方されて終了している方が全国に沢山いらっしゃいます。

加齢に伴い柔軟性や筋力が低下して行くのは私たちの宿命です。

かといって加齢で全てを片付けられていいのでしょうか??

私たち運動指導者としては「加齢」で片付けられる診断はほとんどないと共通認識を持っています。

医師の言葉で「加齢」は簡単に言える言葉ですが、私たち運動指導者の中では違います。

加齢で変わってしまう身体のそれぞれの組織についてある程度原因のについて様々な予測ができるからです。

 

腰椎ヘルニア

→肋骨と骨盤の間にある腹横筋と多裂筋でコルセットの役割を取り戻させることができれば毎月レントゲンを撮影する必要もありません。痛み止めの薬も必要なくなります。

コアと言われる胴体を支える筋肉を無意識化で使用することができるようになれば日常生活以上にフルマラソンも走れるようになります。

 

変形性膝関節症(主に半月板損傷)

加齢と共に半月板の組織に圧縮がかかり加重をかけたり、膝の向きを正面に向けないと負担がかかる状態です。

加齢とは別に体重が重くて支えられなかったり、股関節で全体重を支えられないことで膝に痛みが発症する方が多いです。

そのため膝と股関節、あるいは膝と足首の連動をスムーズに取り戻すことによって膝の痛みが軽減されます。

 

肩のインピンジメント

肩こりかと思っていたのがいつの間にか神経痛のような痛みが肩に発症。

シャツに袖を通す、ゴルフスイングをすると痛みが出たり日常生活の中でも痛みが出るような症状です。

主に肩のインピンジメントは上腕骨頭と肩峰の間にある組織や靭帯に負担がかかることによって痛みが発症します。姿勢を改善して肩甲上腕リズムを取り戻すことができれば肩の痛みは改善されます。

 

整形外科的疾患ですが、後天的なものはほぼリハビリやコンディショニングで改善ができるものばかりです。

整形外科で診断された「加齢」は嘘ではないですし事実です。

しかし薬やレントゲンで経過観察することよりも柔軟性や筋力、姿勢を取り戻すようにトレーニングを再開頂いた方が痛みを再発させることはないでしょう。

加齢と言われて諦めないで運動指導の中で解決できるものはもう一度身体と向き合って痛み(ペイン)から解き放たれた身体を取り戻しませんか??

痛みがあるうちはまだ解決できる範囲です。

身体のサインを見逃さないで、今一度自分の身体を見直すときではないでしょうか??

お客様のSOSを肌で感じる。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

お客様のSOSを肌で感じる。

パーソナルトレーニング のお客様の体調がいつも良い状態だとは限りません。

特に女性のお客様は毎月生理が来ることでメンタルも姿勢や身体の重たさにも違いがあります。

経営者のお客様や仕事を大切にしている方もストレスや運動不足の状態などでいつもとは身体の硬さに違いがあったりします。

お客様が自覚している場合は「主訴:患者の自覚症状のうち現在最も苦痛すること、あるいは最も不快とすること」をお伝え頂け原因も分かりやすい。

しかし、お客様自身でも気づいていない「主訴」があった時、

トレーナーが質問とお客様の回答で主訴をある程度把握する必要性があります。

 

自覚症状がないけれども、実際には身体に影響が出ている場合その①

  1. 重心が高く肩や首で身体を支えているため、肩を下に下げれない。
  2. 足に重心が乗りにくく、体幹も中心を保てない。
  3. 首から肩に始まり上半身を緊張させて姿勢を作っている。

→常に身体に力を入れて姿勢を作っているので筋肉を弛緩(リラックス)させることができない。

緊張している筋肉に負荷をかけても脳からフィードバックを得ることができないのでトレーニング中に「どこを使っているのか分からない」事が何度も起きる。また、トレーニング後に疲労だけが残って爽快感を得ることができないので辛い。

【解決策】

上半身で重心を保とうとしているので、首から肩、そして大胸筋の緊張を解く必要がある。中には腹直筋も硬いせいで内臓が過緊張し背骨のエロンゲーションを感じにくいのでまずは身体全体を伸ばす感覚を取り戻す。

 

自覚症状がないけれども、実際には身体に影響が出ている場合その②

  1. 歩行中に身体が左右にぶれる、あるいはお尻が左右に動く
  2. ちょこちょこ歩きで歩幅が狭い
  3. 地面と設置はしているが足のどこに力を入れて立てばいいのか分からない。

→身体の軸を保てないので、歩いているときにも足に力が入りにくいので体がふらつく。

よくつまづいたり腰を捻ったり、1つの筋肉を使いすぎたりしてどこかに必ず痛みの歪みがある。お腹に力を入れてみるものの、お腹の力にどうやって力を入れていいのか分からないので体幹トレーニングをしていても腰痛になりやすい。

 

【解決策】

自分の中心(軸、重心)を認識できるように仰向けの姿勢で身体の中心軸を獲得できるようなピラティスから始める。背中の緊張を解いてお腹に力が入るように行う。少しずつ座位、立位に移行して様々な姿勢でセンターラインを獲得していく。

 

お客様が気づいていないSOSを肌で感じること。

パーソナルトレーニング の中で価値を感じて頂けるのは、お客様が自分で気づいていない問題点について解決策を提案することです。

これは何度かお客様のパーソナルトレーニング を担当していくと、何がいつもと違うのか判断基準を設けることができ、信頼関係も構築することができます。

目で見える部分が全てが主訴ではない。

見えないところにも主訴があり、トレーナーが本当に必要とされる理由ではないでしょうか。

 

見えない敵と戦う30代女子たちは。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

見えない敵と戦う。

20代の頃は多少無理して寝不足でも栄養ドリンク片手に乗り切る!?なんて事ができていたのに、

30代に入るとガクンと疲労感が抜けなくなる。。。

土日に寝溜めしようと思って平日は身体が保てるギリギリまで無理して頑張るけど週末は疲労回復するのに時間を要して外に外出するのも億劫なんて事していませんか??

何とかボロボロの身体と肌、そして髪を綺麗にしようとプロの手を借りてメンテナンスをするけれども追いつかない。

普段料理する時間も気力もないから外食やコンビニでお惣菜で食事を済ませるようになったら何だか身体がブクブクしてきたような気がする。

(今まではそんな事なかったのに!)

 

30代に入って仕事もプライベートも充実させようと心の中では思っているけれど、現実はできていない。

頑張っても頑張っても自分の中に何かが満たされないような気がして、頑張り方が分からない。どうしたらこの呪縛から解き放たれるのだろうか。。。

池野の周りにも仕事をこなせるだけこなして、身体をボロボロにしてメンテナンスに来て頂くお客様もいらっしゃいます。

身体が疲弊しているのに「トレーニングで身体を鍛えましょう!」とは言えないです(苦笑)

 

ただ、せめてガチガチに固まって疲労が抜けにくい身体の状態をリセットぐらいにはコンディションを戻せたら。。。と希望を持ってご案内しています。

トレーニングの意味合いには「教育する」も含まれているので、緊張状態が形状記憶している脳や筋肉たちを解き放して制限されない身体に整えるのもトレーニングの意味の中には含まれています。

ピラティス、正しいムーブメント、姿勢、ストレッチ&コンディショニングを組み合わせてお客様の心と身体を正常な状態に取り戻す!

そして心の余裕が出て「次はもう少し身体絞れるように頑張りたいかも」と思えるようになったらステップアップしながらピラティスから筋トレに移行していけばいい。

普段から頑張っているのに、これ以上頑張る必要なんてないから。

タイミングもあるし、お客様が何か断

捨離できて次のステージに行けた時に二人でタッグを組み目標達成に向けて爆進していけばいいから。

 

社会、そして世間体、会社、周りに見えない何かと戦っている30代女子。

毎日何かのプレッシャーを感じているかもしれません。

プレッシャーを楽しめるぐらいの余裕があったほうが仕事もプライベートも楽しめると思う!

だからギリギリまで身体を疲弊させすぎないように。池野からのお願いでした。

妊娠中の安全なトレーニング及びガイドライン!

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

先日妊娠中の安全なトレーニング及びガイドラインについて話し合う機会がありましたのでこちらでもシェアさせて頂きたいと思います。

 

妊娠中の安全なトレーニング及びガイドライン!

まずは妊娠中に起こる生理学的変化について。

①妊娠中は安静時の最大酸素摂取量が30%増加し、呼吸数も同時に増えます。

→赤ちゃんの呼吸もお母さんが代わりにすることになり、酸素摂取量が必要となるのでちょっとしたことで息切れを起こしたり、今まで何事もなかった運動中に息切れを起こしやすくなります。

②妊娠期間を通じて血液量が40-50%増加し、日常生活などの活動中に置いて心拍数が20%増加します。また、心拍質量は30-50%増加し胎盤と成長中の退治に最大限の血液を送っています。

→血液量が40%も増加すると、それだけでいつも以上に代謝が良くなり身体が火照りやすくなります。水分補給は意識して行うことが望ましいですね。

 

③妊娠中は女性ホルモンが変化し胎児の通過を容易にする為下半身の靭帯を柔らかくするリラキシンの分泌が多くなる。下半身の靭帯が緩くなる為つまづいたり、重心の方向転換が今までよりも難易度が高くなる

リラキシンの影響で骨盤周辺の靭帯が緩くなり広がる。妊娠中に適度な運動を行い靭帯が緩みすぎないようにコントロールしておくと産後に骨盤が開ききった状態にはなりにくい。妊娠中から軽度な運動をしておくことが産後体型の改善・回復につながる。

 

妊娠中に避けるべきトレーニング

①重い重量を使って息を止めて行うようなトレーニング(バルサルバ法)は避ける。

②バリスティックストレッチなどの強度の強いストレッチは避ける。

③体型が大きく変わり、バランス感覚に問題が生じやすいのでバランスが必要なトレーニングは避ける(例:片足立ち、ジャンプなど)

④妊娠中期から後期は仰向けの姿勢でトレーニングを避ける。腹筋の離開が生じて筋繊維が断裂する。

⑤うつ伏せの種目は13週目以降行わない。妊娠12周目までが流産の危険性がある為無理はしない。

妊娠中のパーソナルトレーニングについて。

適度な運動はママの睡眠の質、筋力向上、肥満の抑制、腰痛や便秘の解消、足の浮腫みや筋肉の痙攣を解消するのに繋がるので、医師に相談して運動の許可を得られた場合はトレーニングをすることをお勧めいたします。

妊娠中は上記にお伝えしたように今までの体力以上に消費エネルギーが増えますので、体力の向上は難しくても体力の低下を最小限に抑えることを念頭に置きながらトレーニングをすることが良いでしょう。

頑張りすぎる必要はなく「やってみようかな」ぐらいの心持ちの方がストレスなく続けられるでしょう。

※必ず医師と相談し運動の許可を得ることが前提です。

中程度の有酸素運動は母体の体力レベルの維持に役立ち、陣痛や分娩時の身体的要求に役立つように体調を整えることができます!

また筋力トレーニングは筋肉の機能を調整し陣痛や分娩時に重要な役割を果たします。

 

産前から少しずつ運動を継続しておくとさらに身体の感覚を忘れないため、体型も体重も戻りやすい!!

今まで妊娠中のガイドラインは出ていませんでしたが、少しずつ臨床としてガイドラインがまとまってきています。

世界基準でいうとバラツキがありますが・・・

上記のことを念頭に妊娠中のパーソナルトレーニングをご案内して参ります!

喘息の不調を整えるピラティスプログラム。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

おはようございます。

 

喘息中に不調を整えるピラティスプログラム

先日理学療法士でもあるPolestarpilatesのメンターでもある山口先生に喘息中に提案して頂いたピラティスプログラムをご紹介。

喘息による身体の不調、問題点

  • 咳のし過ぎて背中が丸くなり首が前に出る
  • 咳が止まらず呼吸に関わる筋肉が緊張する
  • 外側の筋肉の緊張により内臓の筋肉に緊張が二次的に伝わり緊張する
  • 身体の緊張により血液循環が遮られ頭痛がする
  • 酸素の摂取量が制限されて高地トレーニング状態になり疲労回復できない
  • 仰向けに寝ると咳が出て仰向けになって寝れない
  • 左右に骨盤や肋骨が歪んでどこが中心なのか分からない

 

上記のような問題が起こりました。

まず山口先生に提案されたのは「首から呼吸器に関わる筋肉の緊張を取る」です。

ピラティスのマシンには特徴的な器具があり、全てはリハビリを患者さまに対して負担や制限なくトレーニングをするために作られています。

首の緊張を取るために特殊なスプリングを頭に引っ掛けて首を後ろに牽引するように仰向けに寝させられました

 

先ほどもお伝えしたように仰向けになると咳が止まらなくなるのですが、スプリングを頭に接続しているため「首を後ろに引く」ことを強制的に行っているために咳による首の緊張が緩和!

それだけで喘息で頭痛が酷く、立っていることも辛かった池野の頭からズキズキと連続していた頭痛が減って呼吸が楽にで切るようになりました。

 

首の位置が整うだけでこれでけ呼吸が楽になるのか!ともう感激と感動です。

喘息中に胸や背中のストレッチも行っていましたが、ここまでの改善は感じたことはありませんでした。

外側の筋肉の緊張が取れたとしても、喘息で横隔膜や肋間筋の緊張状態が取れなければ自然な呼吸を取り戻すのは難しい。

そこで、首の緊張を取りながら呼吸が自然に戻せるように胸郭や背骨の柔軟性を取り戻すように側屈、回旋の種目を取り入れて頂きました。

しかし急に運動強度を上げるとめまいが。。。

まだ脳に酸素が行き渡らずにいたので急激に酸素を必要とするようになると頭痛が再発です。

動いては調整、動いては調整。。。

 

「喘息でそんなに辛いの??」と思われるかもしれませんが、

呼吸器の疾患は直ぐには元どおりに戻りません。

薬で抑えたとしてもまた喘息が再発する可能性が大いにあります。

ステロイドで喉の炎症を抑えたり、気管支を広げたとしても喉だけにステロイドが効いているわけではなく全体に効いてしまうのでだるさが残ります。

その場だけ抑えているだけなので根本的な解決にはなりません。

 

自分の持っている自己免疫を高めて呼吸を楽にしてあげること。

横隔膜や肋間筋がいつも通りに使えないだけで酸素摂取量が制限されて寝れない、疲れが取れない、食欲が出ない、運動しようにもできない。。。

人間らしい生活ができない(苦笑)

これだけ喘息のリハビリテーションにピラティスが有効であることを自分の身を持って体験でき、

呼吸器内科に通っている喘息の患者さまに是非ピラティスをご紹介したい気持ちでいっぱいになりました。

 

呼吸が正しくできるだけでこんなに身体が楽になる。

喘息関係なく姿勢が悪くて呼吸がしにくい方も何百万人といらっしゃると思います。

姿勢と呼吸を取り戻すだけで生きづらかった毎日が変わりますよ!

喘息が及ぼす日常生活への弊害。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

喘息が及ぼす日常生活への弊害。

喘息が2週間続いていましたが、ようやく咳も落ち着いて日常生活にも支障がなくなってきました。

(お客様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません)

実はこの2週間のうち奇跡的に山口先生のピラティスセッションの予約をしていました。

※山口先生の予約は3ヶ月先も埋まっていて予約が取れない先生なんです。。。

こんなに喘息が治らないことも初めてで、軽く風邪も引いていられないです(苦笑)

 

喘息が身体に及ぼす影響①

喉の炎症と痰が出続けて咳が止まりません。

会話をしようとすると咳が止まらなくなるので、いつもよりも呼吸を大きく吸う・吐くといったことが困難になります。。

咳喘息の特徴なのか、仰向けになると咳が止まらなくなります。

夜辛くて寝たいはずなのに、仰向けに寝ると咳が止まらなくて座位の状態で寝なければリラックスできませんでした。

 

咳が止まらないので食欲が湧かず、寝不足も重なって身体が怠く疲労が蓄積していました。

というのも、咳を繰り返し行う動作を何十回、何百回も続けていると腹筋が筋肉痛になります。

(これはポジティブな腹筋の使い方ではありません)

 

腹筋を何度も使って無理矢理に縮めているので、左右対称、左右均等の筋力で腹筋を使っているわけでは無かったので、実は身体が歪んで左右のバランスが崩れていました。。。

さらに横隔膜や呼吸に関わる筋肉(肋間筋、腹筋、大胸筋、胸鎖乳突筋など)も緊張状態で硬くしなやかさが失われてしまったので、酷い頭痛に悩まされました。

頭痛の原因は何かお分かりになりますか??

 

咳のしすぎで全身が緊張状態になり、血液循環が滞って頭に血が巡らない状態と、咳のしすぎで頭が前に倒れて姿勢が悪くなり酸素摂取量20%!みたいな高地トレーニング状態に陥ってしまいました。

いつも通り生活していると思っていたのに、運動すると頭痛が激しくなって辛くなる。こんな経験初めてでした。

 

喘息が身体に及ぼす影響その②

酸素摂取量がいつもよりも低いので、呼吸をしていても力を入れて無理矢理吸おうとしているので、インナーマッスルが働きにくくなり、

外側の筋肉が気管支や背骨を左右に引っ張り合い自分の身体がまっすぐて立てません。

果たして自分が今どこに立っているのか分からなくなり精神的にも不安定になりました。

 

呼吸することが辛いと生きることが辛い。

どうやったらこの暗闇から抜け出せるのか分からなくて「明日こそ、明日こそ」と願って寝ていましたがやはり咳をしながら毎朝5:00に目覚めていました。

頭痛の限界もあり、病院に行こうと思っていましたが処方されるのは頭痛薬であることが分かりきっていました。

喘息で頭痛がすると言っても病院で対処してくれることは限られていることが分かっていたからです。

するような気持ちで理学療法士でもあり、ピラティスの師匠でもある山口先生に相談して喘息で起きている身体の不調を伝えてプログラムを組んで頂きました。

 

山口先生が処方してくれた喘息対処のピラティスプログラムについてはまた後日ご案内したいと思います!

ご存知かもしれませんが、ピラティスを開発したピラティス氏も喘息でした。

喘息から影響する身体の不調がこんなに直ぐに改善されるとは思っておらずで、本当に今は呼吸が楽で生きてることが苦じゃない!(笑)

 

この感動を他の喘息を患っている方々にお伝えしたくてなりません。

ライフスタイルに合わせて出張パーソナルトレーニング !

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

 

ライフスタイルに合わせて出張パーソナルトレーニング !

今までの仕事場所は必ず会社内であり、自宅にいない時間が多かった日本のビジネスマン、キャリアウーマン。

仕事帰りのアフター5」というのも会社に通勤しているからこその言葉だと思いますが、

昨今のインターネット普及のおかげで仕事場所が会社に限定されることなく、様々な場所で仕事ができるようになりました。

 

東日本大震災を期に「リモートワーク」も進められ、あえて会社にこないで自宅で仕事をする仕組みを作っている傾向です。

特に女性のキャリアアップ途中に出産、育児が入るとなかなか社会復帰するのが困難。

そこで在宅で仕事ができるように仕組み化したり、社外に仕事をアウトソーシングして働き方が変わってきているようですね。

そう、今までと違って会社にいかなくても仕事ができるようになったので在宅率が今までよりも少しずつ高くなってきています。

 

家にいる時間が今までよりも長い。

仕事にプライベートの時間を自宅で過ごすことが増えているため、

私が提案している出張パーソナルトレーニング も毎年需要が高くなっているように感じます。

 

今までは会社の通勤途中にあるフィットネスクラブに入会して運動する人が多かったので、首都圏の駅前には必ずフィットネスクラブがひしめき合っていました。

しかし、家から外出しないで仕事やライフスタイルを送る人が増えてきているので自宅に様々なサービスを届けるニーズが高まってきています。

 

  • キャリアップを目指している女性の方々(30-40代)
  • 産後ダイエットを希望し社会復帰の準備をする方々(30-40代)
  • 自宅が会社事務所でなかなか自宅を離れられない方々(30-60代)

 

様々なライフスタイルに合わせて出張パーソナルトレーニング を対応させて頂いていますが、

在宅で運動する機会を喪失している方が出張パーソナルトレーニング のお問い合わせをしてくださる方も増えてきていて、出張パーソナルトレーニング の可能性を感じる日々です。

 

出張パーソナルトレーニング を希望頂く方は、

  • フィットネスクラブに行く時間を作れない
  • 効果を実感できるサービスに投資をしたい
  • 一人で運動ができない
  • トレーニングを習慣化させたい
  • 在宅の時間を有効利用したい

 

フィットネスクラブに行って帰ってくるだけで最低3時間は必要です。

その時間を捻出することよりも在宅で1時間集中してパーソナルトレーニング を受講した方がメリットが多いと感じて頂く方は出張パーソナルトレーニング を選択されているように思います。

 

それぞれライフスタイルが違えば優先順位、選択の方法が違うからこそ、

自分の生活の中にパーソナルトレーニング を取り入れるために出張パーソナルトレーニング を選択されるのではないでしょうか。

 

自分の家の中はパーソナルトレーニング ジムに一変!

パーソナルトレーナーが出張するだけで環境が180度変わります!

NY Pilatesを受講しに!

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんにちは。

 

飛行機の代替え便が決まりましたがホテルを移動しなければならず、大雪の中スーツケースを持って何とか次のホテルに到着。

外を歩くと全身がびしょ濡れになるぐらいに雪が降っているので今日は外には出れそうもありません。。。

さて、連日池野はKim先生のパーソナルトレーニング を受講致しました。

NY Pilates を受講しに!

マディソンスクエア公園の近くにあるKim先生のスタジオの周りには教会を買い取ってフィットネスクラブに改装したgymがあったり、オーガニックスーパーがあったりと賑やかな場所でした。

 

「MOMO,今日は何かやりたい事がある??」と言われて、

池野の身体の現状について説明し、自分の問題点について先生にプログラムをして頂くことになりました。

Polester pilatesのEducator(養成コース指導者)でもあり、全世界のPilatesの統括するPMAの理事でもある先生のパーソナルトレーニング は本当にAmaizing!!!

Assessmentはしない分、ロールアップを何度かみて頂き何が池野に足りないかを判断し、わかりやすく説明してくださいました。

右の臀部が弱くて股関節が非常に不安定である池野。いつも右側の股関節に詰まりを感じて違和感が常にある状態でした。

右の臀部を強化して右側の体側を機能的に動かせるようにPilatesのプログラムの他に、先生がオリジナルで考案されているダンスからヒントを得た柔軟性向上のプログラムを交互に実施。

先生の指導は容赦することは全くなく「ふー!!」と息が上がったまま50分のsessionが終了。。。

全身の虚脱感があまりに凄くてガクガクでした笑

 

最後に「MOMO,毎日股関節をアイシングしなさい」股関節にクリック音が出るのであれば負担がかかっていることも予想されるので、毎日氷で股関節を冷やしなさいと言われ、

先生のスタジオのベッドルームをお借りしてアイシングしました。。。

言われてびっくりでしたけど、池野の股関節って深刻なんだと改めて実感。

 

 

CIMG2097

池野のHappyを引き出してくれた先生との1枚。

「そんなに頑張る必要ないのよMOMO,もっとeasyに感じて」となんども言われてしまいました。。。

全力で頑張りすぎている生き方そのものが身体に出ているのだと思います。

もっと効率よく体を動かしたい。

もっともっと上手くなりたい!そんな気持ちにさせてくれた先生に感謝です!

 

 

 

CIMG2093 CIMG2095

 

コンパクトにまとまっている先生のスタジオ。

ウッディーな廊下で天井も高くてスタジオの雰囲気も素敵でした。

また必ず先生のスタジオに遊びに行きたい!

もっと先生に近づきたい!そんな想いでいっぱいでした。