お知らせ

脳と筋肉が繋がらない?!ロコモティブシンドローム。

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

脳と筋肉が繋がらない。。。

長時間のデスクワークで首に鈍痛が続いているお客様。

間も無くパーソナルトレーニング をご一緒して1年になりますが、当初の姿勢といえば視線も下を向いているのが当たり前で頭が身体よりも1つ出ているような姿勢でした。。。

最初はグルーツビルダー(美尻を作る専用のマシン)を希望して来て頂いたのですが、

池野から「まずは身体の不具合を取り除きましょう」という新しい提案から筋トレよりもピラティスやコンディショニング、身体の使い方、重心の移動戦略を整えるところからスタートしました。

 

スポーツも苦手でトレーニングも全くの初めて!!ということで、

  • 重心がどこにあるか?
  • どこの筋肉が伸びているか??
  • どこの筋肉に力が入っているか??
  • 呼吸した時に胸郭が広がっているか?

新しいエクササイズや新しくアップデートしたトレーニングをご案内する度に身体と対話して頂きました。

というのも脳と筋肉の繋がりが薄くフィードバックを得られないことが多々見られたのです。

 

1つの筋肉は意識することはできるけれど、

  • 体幹+肩甲骨
  • 体幹+お尻
  • 体幹+頭部の位置

というように体幹とその他の関節や筋肉を意識することができず1つの筋肉、1つの場所だけでしかモーターコントロールすることができなくて戸惑われています。

脳と筋肉の間で感覚が失われている、あるいは経験値がないためわからない場合はまず理論的にご理解いただくことから始めていきます。

それでも分かりにくい場合は池野が実際にエクササイズして目的としている筋肉や関節に手を当てて筋肉の動きをイメージして頂きます。

ご自身の筋肉や関節も触って頂くとイメージ出来る場合もあるので試行錯誤なのですが。。。

 

お客様の悩みとしては首の違和感や鈍痛を無くしていきたいということでしたので、根本的な解決でいえば姿勢を保つ戦略を変えなければ何度もマッサージやトリートメントを受講しても何も変わらないということ。

だからこそ左右差があれば修正する必要がありますし、筋バランスでどこかが硬すぎる、弱いなどがあれば使っていない筋肉を起こしてアクティブに反応できるように再教育する必要があります。

包括的に身体全体を見ていかなければ総合的に心地の良い姿勢というのは作り出すことが難しいからです。

 

「自分の身体と対話する」ではないのですが、自分の身体を意識できるようになれば不具合がどこからきているのかも感覚的に分かるようになり対処もしやすくなるでしょう。

一番厄介なのが脳と筋肉の繋がりが乏しい、あるいは意識しようにもできないという状況です。

同じ筋肉ばかりを酷使して使っていくと今まで使っていなかった筋肉たちは痩せて細くなって日の目を見ないまま衰退していくのみです。

 

これがロコモ(ロコモティブシンドローム)になって老化現象を辿ってしまうプロセスです。

そうならないためにも自分の身体に目を向け声を聞けるように意識できる訓練(トレーニング)を欠かさないようにしていきたいですね。

産後1ヶ月から産後ボディメイクをリスタート!

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

産後1ヶ月からエクササイズをリスタート!

去年からずっとご一緒していたお客様からご連絡があり、

「無事女の子を出産しました!」

「医師から1ヶ月検診の結果、徐々に運動しても良いとの診断が出ました」

 

臨月までギリギリ体調を見ながらパーソナルトレーニング をご一緒していましたので、

本当に嬉しい!

今年に入ってから急激にお腹も大きくなって呼吸も息切れをよくしていたのでパーソナルトレーニング といってもハードなエクササイズではなく、ピラティスを組み合わせて浮腫みや姿勢崩れを防ぐようにプログラムをご案内し、

時々トリートメントを多くいれて身体の不具合を調整していました。

 

あっという間に予定日に近づいてもう1ヶ月検診が終わったなんて信じられないです笑

今度は体力も戻しながら、産前と産後を比べながら骨盤の状態や抱っこによる肩、首、腰の姿勢崩れによる痛みが出ていないかを確認していく予定です。

 

産後1ヶ月から出張パーソナルトレーニング ご一緒するのは池野も初めてです!

というのも赤ちゃんの体調(夜泣きやぐずつき)が安定しないのもありますが、

出産後睡眠不足でママたちがパーソナルトレーニング よりも睡眠を優先されるからだと思います。

今までは産後3ヶ月ぐらいで出張パーソナルトレーニング を再開される方が多かったので、

色んな意味で楽しみです。

 

まだ女性ホルモン(リラキシン)が分泌されているので骨盤周辺は柔らかく、

エクササイズを実施してみて身体(筋肉)の感覚があるのか??

パーソナルトレーニング の復帰が早ければ早いほど骨盤を閉鎖する力が発揮でき効果が高いのか??

とっても興味津々であります!

あとは毎回思うことですが、生まれたばかりの赤ちゃんにお会いできるのもとーっても楽しみなんです。

赤ちゃんは泣くのが仕事なので泣いてても全然大丈夫!

ただお客様が集中できないのが難点なのですが。。。

 

今のところ産後のお客様が多い出張パーソナルトレーニング ですが、

妊活中から産前直前まで出張パーソナルトレーニング では可能です。

身体の違和感を取り除くために「トレーニング難民」

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

トレーニング難民になっていませんか??

私ごとですが、今年に入ってトレーニング難民になっております。。。

理学療法士の方々の勉強会やセミナーに参加するようになって、パーソナルトレーニング も受講するようになって今まで動かしたことのないような関節や筋肉を動かすことで毎回身体の感覚が変わってきています。

右足が短くなっていたり、右の僧帽筋が硬くなって鈍痛が起きたり、

左太ももから膝の内側にかけてピリピリしたり。。。

首が左側に傾いてバランスをとっていたりその時々によって身体の反応が変わっていることが分かります。

特別身体が歪んでしまうようなことをしているか??というと自覚症状はありません。

最近では激しいウエイトトレーニングも専ら行なっていませんし池野式地味トレ、ピラティス、軽ーいダンベルなどで筋トレ、そしてランニングぐらいです。。。

自分の身体をこれだけ大事に大事に、そしてセルフトレーニングで迷いながら実施するのは初めてで池野としては頑張りたいけれど頑張れない現状にストレスを感じそうになってしまいます。

でも、ここで思い悩んでも仕方がないので「今日も身体に違和感がきてるなー」ぐらいのスタンスで身体と向き合っています。

 

理学療法士の山口先生曰く、

「右のインピンジメントはありますが、恐らく左の第二肋骨が上に反り返って右のインピンジメントが反応して肩甲骨を外側に引っ張っています」

「筋肉の力は抜けてきているけれど、筋膜がstuck(拘縮)して形状記憶できていないから元に戻ろうとするんだと思います」

運動連鎖道場の理学療法士の方曰く、

「右の手首から右の背中にかけて硬くて、左の仙腸関節が右の動きを邪魔してるかもねー」

 

天才山本先生曰く、

「右の広背筋、右の背中全体が筋力も筋肉の厚みも薄いからここが右の不安定性を生んでるのかなー??」

「筋膜で身体を支えられるようになりたいね」

同じWill work outで活動しているAT(アスレティックトレーナー)でもある河合さんからはPRIのセッションを実施して頂き、

「右の頚椎が傾いているから首を整えると良いかもねー」

 

様々な身体の専門家の方からアドバイスと知見を教えて頂いたのですが、色んな原因が考えられ修正する必要があるためこの先違和感のない身体を手に入れるためにはパーソナルトレーニング で修正していくことが必須です。

私でさえ自分の身体を修正することが困難なのに、

一般のお客様が不具合や違和感を感じ始めたらどれだけご苦労があるのだろうと思ってしまいます。

誰に治療をお願いし、誰にトレーニング指導を受けたら毎日の違和感から解放されるのだろうか??と。

 

どれも一人でできるようなものではなく新しい身体の使い方、そして感覚入力をしなければならないので時間がかかりそうです。。。

ただ、今修正できていれば将来はまだ明るい!と信じたいです笑

 

きっとお客様も同じように悩んでいる方が沢山いらっしゃるのだと思います。

ある意味お客様と同じ目線でいる池野ですが、

とても毎日を生きることに違和感を覚えずにいられません。。。

 

自分の身体のフィルターを通して、お客様に寄り添いパーソナルトレーニング に活かせるように今池野に試練が訪れています。。。

時代は「筋膜」が来ている!

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんにちは。

 

時代は「筋膜」が来ている!

池野自身、若かりし頃はボディメイクを達成するために筋トレで筋肉を増やす事だけに集中していました。

いかに筋肉量を増やすか様々なトレーニング方法を試して毎日激痛な筋肉痛を作っていたのが懐かしいです苦笑

15年前、専門学校の同級生と日々重さを増やして、日々トレーニングフォームを改造し新しいトレーニングプログラムを達成していたら、あっという間に池野の身体は肉体改造されてとんでもない方向に行ってしまったわけですが。。。

コンパウンドセット法(同じ筋群を刺激するために2種目連続してトレーニングする方法)

スーパーセット法(拮抗筋を交互に刺激しあいながら行うトレーニング方法)

トライセット法(同じ筋群を刺激するために3種目連続してトレーニングする方法)

ジャイアントセット法(同じ筋群を刺激するため4種目以上連続してトレーニングする方法)

 

男性と同じプログラムを実施していけば女性でも筋肉は増えるし大きくなることは自分の身をもって経験済みです。

しかし、最近は理学療法士の方の勉強会などに参加したり、以前からピラティスの習得に力を入れるようになってからアウターマッスルを鍛える方法の考え方も変わってきています。

 

それは外側の筋肉だけ鍛えても身体は機能的に動かないし、筋肉が硬くなるでけで美しい筋肉として作れるわけではないということ。

今世の中は「筋膜」の存在を中心として痛みの軽減やパフォーマンスアップ、柔軟性向上、姿勢作りに至るまで筋膜といかに向き合って身体を整えながらトレーニングすることを目指しています。

 

筋膜が筋肉の上をきちんと滑走し、しなやかな動きを出すことができれば1つの筋肉だけが大きくなることはありませんし、筋トレで重さを持った時にも痛みを誘発されるリスクは少なくなるでしょう。

 

筋膜が筋肉に癒着して滑走できないと、関節が詰まったような感覚だったり関節に違和感を覚えます。また左右バランスにも影響を及ぼし、筋出力にも違いが出てきてしまいます。

(筋肉よりも弱い存在のはずなのに、筋膜の影響というのは凄まじいですね。。。)

 

筋膜の状態を改善し効率よく出して初めてダイナミックな動きを取り入れたり筋トレの効果が発揮されることをさらに深く深く自分の身体で感じています。

自分の脳の中で同じ身体の使い方になってしまっているボディイメージを変えるためにもこの筋膜のバランスを取る必要があり、

パーソナルトレーニング に筋膜を伸ばしたり、緩めたり、

引っかかるような違和感の場所にはトリートメントを実施することは効率的にお客様をご案内できますしこれからアップデートに磨きをかけていきたいと思います!

 

時代は筋膜がきていますね!

ただ、筋膜だけ整えても戻ってしまうので今までのベーシックなトレーニングと組み合わせることによってより効果が発揮できるものと信じております。

筋肉や関節を連鎖させて動ける身体を目指します!

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

筋肉や関節を連鎖させて動ける身体を目指します!

 

昨日のブログの続きを。

Dr,KAKUKOスポーツクリニックで中村格子先生にレントゲンとエコー検査を受診後、

中村先生には「骨には特に異常ありません。良い意味でエクササイズで体を変えられるので安心してください。ただ棘上筋など炎症を起こしている箇所もあるので気をつけて」

「インボディも素晴らしい数値で上下バランスも良いので、あとは山本君にお任せしましょう」

 

中村格子先生のクリニックでは診察室とは別棟にボディワークができるお部屋を完備。

(ピラティスマシンやマスターストレッチ、施術台などがありました)

 

中村先生からお墨付きを頂き、かの運動連鎖アプローチ協会代表、天才山本先生にメディカルワークアウトが始まりました。

 

中村格子先生から引き継がれカルテを制作し池野の主訴を伝えて早速セッションがスタート。

運動連鎖道場では先生対受講生(大人数)でしたので控えめだった先生の雰囲気が一変。

何かのスイッチが入ったように目つきが変わり、カウンセリングも束の間すぐに動き出しました。。。

 

山本先生曰く、通常骨や筋膜で姿勢や構造を支えるはずが私の場合は「筋肉」で支えているそうです。

(いい意味でも悪い意味でも)

 

きちんと筋肉や関節を連鎖して身体を支えられる身体を目指すべく評価し、プログラムを設定。

同じ団体にPolesterpilatesのエクササイズで知っている種目なのに、

池野の身体に合わせてオリジナルエクササイズになっており、今まで使っていない筋肉を呼び起こすがの如く強烈なピラティスでした。。。

 

しかしながら、普段アウター(外側の筋肉)が優位で支えている池野の身体があまりにも情報量が多く天才山本先生のセッションについていけず、

脳がショートしてしまったかのように目まいが出てきて一旦小休憩。

 

理学療法士の山口先生とのセッションもそうですが、急に身体を変えすぎてしまうと真っ直ぐに立つことができずフラフラしてしまうのです。

 

眼球運動や顎関節、頚椎の状態を見て頂いて調整が始まり、強烈なインパクトでしたが、

今の自分の不調や違和感が筋肉の問題だけではないという発見でもあり必要な作業なのだと覚悟を決めてこれから定期的にお世話になることになりそうです。

 

中村先生にも山本先生にも「運動やり過ぎだね」と言われてしまい、

30代になってより効率的に動けるように身体を作っていこうと心に決めた池野でした笑

数時間すると違和感の再発。

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

絶賛腰痛と右の肩甲骨周辺に過緊張により違和感が

私ごとですがただ今絶賛腰痛と右の僧帽筋が過緊張を起こして違和感をずっと抱えております。。。

もともとウエイトトレーニングで肉体改造をして身体はガチガチでしたし高負荷をかけて自分のパフォーマンスを高めておりましたが、

女性のお客様に支持頂けるような美Bodyを目指してピラティスなどのボディワークを取り入れて必要のない筋肉を削ぎ落としました。

そしてオーストラリアに渡豪してWeight Liftingやクロスフィットに挑戦して、またまた自分の限界を何度も超えてパフォーマンスアップしてきたのですが。。。

 

今になって身体の不具合が出てきているのか、ランニングの練習をすると駒沢公園や皇居で左回りばかりしてしまって右半身に代償動作出てきている(?)

上半身の筋トレを行うと前鋸筋がうまく働かないため右の肩甲骨が前傾してしまい右側に常に緊張している違和感が出てきてしまいます。

 

特に筋トレ中には違和感はでないのですが、

電車の中で座っていると腰痛を感じ、腰痛を感じたくないので立っていると右背中の1点に圧痛がずっと続きます。

ストレッチや胸郭アプローチ、ピラティスでの呼吸など色々試してみるもののその瞬間は違和感が減ったりするのですが、

また数時間すると違和感の再発。

 

きっと身体に不具合を持っていたり、違和感を感じているお客様はこんな気持ちで毎日を過ごしているのだろうか・・・と共感すると共に、

いつこの違和感から解放されるのだろう??という暗闇の中から抜け出せないような恐怖感を感じます。

 

運動指導者になっているのに自力で解決できないのがとても悔しい気持ちと、

何をやったらいいのだろうと日々探している状態です。

治療のレベルで自分の身体を改善しないといけないのかもしれないと思う今日この頃ですが、

 

自分自身の経験になると思って、乗り越えられるように考えられることをやっていきたいと思います!

3月のご予約についてお知らせ

2月は暦はいつもよりも短いのであっという間ですね。。。

4月から保育園にお子様デビューして職場復帰されるお客様もいて、

色々入園の前に手続きが必要ということでバタバタされる方も多いようです。。。

スケジュール調整をさせて頂いたりしている曜日もございますがご協力頂けると幸いです。

 

池野は変わらず活動をさせて頂きますがお休みを頂く日程のお知らせです。

3/18(月)3/19(火)駒沢トレーニングルーム休館日がのためセッション不可

3/13(水)運動連鎖アプローチのセミナー参加のため終日お休み

宜しくお願い致します!

 

「感覚」を日々研ぎ澄ます。

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

「感覚」を研ぎ澄ます。

トレーニングの経験がある方ですと共感頂けると思うのですが、

筋肉を動かして「筋肉に力が入っている」「筋肉は今伸ばされている」などの感覚が頭の中に入っくると同時に筋肉や使っている場所がなんとなく頭の中でイメージできるのではないでしょうか??

筋肉には筋紡錘や腱紡錘といったレセプターがあり、中枢神経に筋肉や腱の情報を伝えて筋肉が受けている負荷や位置関係を伝えています。

普段から使っている筋肉は筋紡錘や腱紡錘が洗練されているので脳の中で意識しながらトレーニングすることもできるでしょう。

しかし、日常生活で積極的に使わない限り永遠に意識することはないであろうという筋肉は沢山ありある意味鈍感なのですぐに使おうと思っても筋紡錘や腱紡錘のようなレセプラーがないので脳の中で上手くイメージすることができません。

 

筋肉と筋肉、そして筋肉と腱、筋膜が繋がって全身が促通することができるように構造化されている人間の身体でさえも日々訓練(トレーニング)をしなければ中枢神経への感覚フィードバックさえも通らずにトレーニングが初めて行うエクササイズだとしたら「??」ばかりが浮かび上がってくるでしょう。

 

特に今まで全く運動やトレーニングをしたことがない方にとっては筋肉を意識する感覚も経験も少ないので最初の感覚入力に時間を要すると思います。

筋肉を意識することが苦手な方にお勧めしたいのは、

 

①ストレッチを積極的に行う

筋肉を意識することが苦手な方の特徴として身体があまりに硬いか、

関節があまりに緩くてきちんとストレッチすることができていないという方が多いように思います。

筋肉が上手く伸びないのでこわばりすぎて筋肉を意識して使うことができていないのだと思います。

関節が緩い方は関節と関節を安定して維持することができず正しいフォームでストレッチすることが苦手のようです。

まずは目的とする筋肉を明確にして正しいフォームでストレッチができるようになれば筋肉の感覚入力ができているのと同等の効果を得ているのと同じです。

 

②両手で筋肉を触りながらトレーニングを行ってみる

頭の中でイメージできない、筋肉を使っているのかどうかわからない場合筋肉からのフィードバックが脳へ帰ってきていないことがあげられます。

そんな時は筋肉を直に両手で触りながら筋肉を動かしてみましょう。

手の感覚で筋肉がどのように動いているのかを感じることで二次的なフィードバックが脳への繋がり意識できるようになったりすることもあるからです。

 

池野も筋力トレーニングやマスターストレッチ、ピラティスなどを13年以上続けてきておりますがそれでもまだ使えていない筋肉たちが沢山います。。。

全身の感覚が繋がることが本当にあるのだろうかと思ってしまいますが、

日々感覚を研ぎ澄まして訓練いていくしかないです!!

 

そのためには同じトレーニング、同じメソッドでは脳も筋肉もマンネリ化し新しい境地へいくことはありません。

だからこそ新しいプログラムは日々取り入れなければいけない自分の経験と通して強く思います。

自主練習したらその分結果に繋がるし、

新しいトレーニングを学びにいけばその分効果的な体の使い方を手に入れることができる。

 

少しでもいいからお客様に身体の気づきや変化、そして前進している!という感覚を得て頂きたいと思います。

天才山本先生。

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

運動連鎖道場〜膝関節〜

昨日は毎月開催されている運動連鎖道場2回目の参加!

テーマは「膝(股関節)」です。

 

理学療法士の世界で「天才山本先生」と呼ばれるほどに経験とキャリアと凄まじい方が講師の運動連鎖道場なのですが、

とてもユニークな発想で、でも理論的に身体の連鎖について教えて頂けるのでとても面白いです!

 

前回の「足部」に続き今回は「膝(股関節)」についての講義でした。

もともと日本人は筋膜や筋肉で姿勢を形成する傾向があるようなのですが、

ある意味「あそび(滑走)」があった方が身体を修正したり、運動連鎖が効果的に出やすく地道にトレーニングやトリートメントを繰り返して行っていくとパフォーマンスが向上しやすい性質のようです。

(ちなみに池野は膜ではなく筋肉で支えすぎているようです:悲)

 

パーソナルトレーニング の現場でも「膝」に痛みを抱えているお客様は多く、

日常生活の歩行に不安を抱えていることを打ち明けられます。

膝に直接アプローチすることはできないので、

前回もお伝えしたように体幹支持を無意識レベルでできるようにしたり、

重心の位置を引き上げて足首の働きを良くしたりと膝に抱える負担を軽減することをプログラムの中に反映することが主になっています。

 

今回の運動連鎖道場で最も頭の中がショートしたのは膝関節の回旋と半月板の関係です。。。。

膝が伸展した時 ⇨  内側半月板は後方位に移動

膝が屈曲した時 ⇨  内側半月板は前方位に移動

 

膝関節が内旋した時に ⇨ 内側半月板は前方位に移動

膝関節が外旋した時に ⇨ 内側半月板が後方位に移動

 

上記を組み合わせて考えた時に「痛み」がどこで一番起こるのかを考察し

全額面、矢状面での膝関節による姿勢制御の評価を行ったのですが、

正直なところ頭がこんがらがって咀嚼するのに時間がかかりそうです苦笑

 

理学療法士の方が見ている世界は本当にすごい!

まだまだシリーズが続くので楽しみです!

 

「懇親会」

 

パーソナルトレーナーとして活動していく中で臨床など触れる機会がほとんどない中で参加させて頂くにあたりとても緊張していましたが、

昨日は懇親会も開催されて勝手に自分でバリア(堤防)を張っていたようで少し肩の力が抜けました。

私以外は全員理学療法士、そして柔道整復師の方ですが一緒に学びを共有させて頂いている仲間、先輩方です!

また運動連鎖道場にご興味のある方はコチラまで。

「痛み」に目がいってしまう。

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

痛いところに目がいってしまう。

「痛み」と聞くとすぐに患部に問題があるのではないかと思い、

患部ばかりを見て、触って、伸ばして、動かしてみたくなるのが治療家の方が行う主訴を取り除く方法です。

しかし、私たちパーソナルトレーナーは治療することはできないので「痛い」と言われて主訴を伺っても患部に対して特に何かができるということはありません。

その反面「木を見ず、森を見ろ」ではないのですが患部ばかりを見るのではなく身体全体でお客様の痛みの問題点を探ろうとします。

 

  • 代償動作が行われていないか?
  • 左右差はあるか?
  • 重心はどこにあるのか?
  • 運動連鎖が行われているのか?
  • 硬くて弱い筋肉はどこか??

 

そんなことを評価しながら痛みの原因となっている根本的なところを探して正しい動作に修正していくのが「トレーニング=運動学習」です。

一時的に注射や薬に痛みを緩和できて家に帰れたとしても、次の日になるとまた痛みが発生してくる。

痛みは脳にも身体にも負担が大きく、脳の中で記憶されてしまい「痛いことが当たり前」のようになってくると身体の感覚入力がうまくできずに運動療法ではカバーしきれなくなってしまい大変です。。。

 

かけだしのパーソナルトレーナーだった頃、筋トレしかできなかった池野は何度も挫折を味わいました。

お客様の主訴が

筋トレ中に腰が痛くなったり、

ランニング中に膝が痛くなったり、

主訴が「痛み」であった場合筋トレでかでは問題解決ができなくなっていました。

 

「腰が痛くなったらコアトレ」

「膝が痛くなったらまずストレッチ」

上記のような安易な考えで進めてしまっても根本的な解決にならず本当の意味での痛みのな解決にはないことに気づいてからハッ!としました。

「自分はまだ何も分かっていなかった」

20代の頃にそんな自分の不甲斐なさもあり一度筋トレを断捨離してピラティスやコンディショニングについて学び直して本当に良かったと思えます。

今年は新しく運動連鎖道場にも通い、理学療法士の方が見ている世界にお邪魔して見聞を広めていきます!

今月は臨月!

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

今月臨月のお客様。

産前からご一緒しているお客様がご懐妊され、さらには今月臨月を迎えております!

第二子ということもあるので比較的落ち着かれておりますが、

第一子の出産時と違うことは妊娠中にも継続してコンディショニングを取り入れて頂いたことです。

 

パーソナルトレーニング をお申し込み頂いた時にも「第二子を希望している」ことは伺っておりましたので、

妊娠に向けて準備をしながらパーソナルトレーニング を実施していました。

お腹が大きくなるにつれて身体が硬くなったり、浮腫んで体全体が重くて動きずらい妊娠後期。

 

骨盤が末広がりになりすぎないようお尻を鍛えて、女性ホルモンのリラキシン(妊娠準備のため主に下半身を中心に関節を緩くするホルモン)の影響を受けすぎないように調整したり、

二人分の血液量を循環させているため高山の中で生活しているような感覚で、

心拍数がすぐに上がり、息が上がってしまうので体力を落とさないようにも気を使っていかなければなりません。

 

妊娠中は筋肉を鍛えて強化する!というよりも、

体力が落ちないようにすること

体型が崩れないように筋肉を補強することを優先してプログラムをご案内しています。

「体型が崩れないようにする」というのは具体的に、

お腹周りを除いたパーツはトレーニングを継続することができるため、

  • 背中(肩甲骨)
  • 二の腕
  • 肩周り
  • お尻太ももの後ろ
  • 内腿

 

体幹と統合してトレーニングすることを意識的に行わずに(腹筋群をあまり使いすぎないように)

部分的にトレーニングすることが望ましく、

お腹周りをエクササイズさせていくには赤ちゃんに負担がかからないようにすることが重要だからです。

かといって全くお腹周りを意識しない方が良いのか??と言われるとそうでもなく、

 

赤ちゃんが気持ちよく動けるように背骨を伸ばしたり、

ピラティスの呼吸で横隔膜を上下に動かして赤ちゃんと一体感を作ったり、

骨盤を前傾、後傾させて子宮周りの柔軟性を出すワークを行ったり、

骨盤から胸郭周りのコンディショニングを行うだけでも出産に向けて体幹調整にもなります。

 

そんなことを妊娠後期中に行うだけでもお客様にとってはリフレッシュの時間にもなり、

固まっていた筋肉がほぐれて血液循環が良くなり疲労感が抜けやすいそうです。

 

何はともあれ、無事に産まれてくれることだけを考えて池野も携わらせて頂いています。

今月は臨月なので出産直前最後のパーソナルトレーニング になりそうです!