お知らせ

妊娠中にある事が原因で腹筋が裂けてしまったら。。。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

 

今日は産後のダイエットのために出張パーソナルトレーニングをご一緒させて頂いているお客様とお話ししている中で、

「腹筋の離開はありますか??」と伺ったところ。

「???」

お客様は気づいていらっしゃらなかったようです。

妊娠中は腹筋の離開が起こりやすい。

妊娠中に前方にお腹が大きくなってくると、腹筋の繊維が避けてしまい「離開」してしまう場合があります。

これは妊娠中に仰向けの姿勢や、お腹の筋肉を使わないで過ごしている筋繊維がたわんでしまい、

腹筋の筋繊維が避けてしまうことです。

産後にお腹の筋肉に力が入らなくなって指をお腹にあてると第二関節ぐらい埋まってしまうのですが・・・

今日お伺いさせて頂いたお客様は「離開」がありました。

指をお腹にあてたら第二関節をゆうに通り越してしまったので、まずはこの離開を整えなければなりません。

腹筋の離開はどうやってトレーニングするの??

手術で腹筋の筋繊維や神経を切っているわけではないので筋肉の感覚はまだ残っていることが多いです。

お客様も少しずつ腹横筋(インナーマッスル)と腹筋群に力をいれてトレーニングをすることができるようになってきました。

しかし、日常的に力を入れ続けることができないので、

お腹の出っ張りはまだまだ残っています。

ピラティスで離開した腹横筋を取り戻して、少しずつお腹全体のトレーニングを実施します。

  1. ピラティス
  2. 体幹
  3. ツイストクランチ、クランチ、レッグレイズ等

また腹筋の離開は前屈が硬くて体を前に倒すことがでできなくなっている事も挙げられます。

前屈ができないとなると、腹筋群のトレーニングをするとき仰向けから上半身を起こす事ができなくて首に力が入ってしまいます。

 

10ヶ月近くお腹に赤ちゃんがいるため、筋トレも前屈もなかなかできなかったので原因は分かっているのですが。。。

産後は一気に禁忌事項から解放されるので、一気にダイエットを進める最高の時期です!

腰椎ヘルニアのためのパーソナルトレーニング

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

税理士さんに確定申告の書類を作成し税務署に提出頂いたと連絡を頂きほっと安心しました。

以前は自分で実施していたのですが、

プロの方にお任せするのが一番!と自らよく口にしているのに、

確定申告書類を税理士さんにお任せしないのは。。。自分が言っていることがあやふやになってしまうので、もう6年ぐらいは税理さんにお願いしています。

自分の仕事に集中できるし、今後店舗を設けた時にもご相談にのって頂きたいですし、

誰かに相談できるのはありがたい存在ですね。

 

腰椎ヘルニア(腰椎4番5番)

年末年始から1ヶ月トレーニングをお休みされたお客様が、何と腰椎ヘルニアを発症してしまいました。。。

体重が増えてしまったことと、運動不足であったこと。

2月に身体が冷えてしまったことなどが重なって「加齢ですね。。。」と言われてしまったそうです。

病院の先生からは絶対安静にするように!と言われたそうなのですが、

安静にしていても痺れや不快感が増えるばかり。

「やっぱり運動して自分で筋力をつけていったほうが身体の調子が良い気がする」との事で、

腰椎ヘルニアのためのリハビリパーソナルトレーニングを開始致しました。

腰椎ヘルニアのためのリハビリテーション。

腰椎に圧迫がかからないようにトレーニングプログラムを組まなければならないのですが、

まず反る動きが痛みが出るし、お客様は恐怖心がある。

そこで、

  • コルセット筋(腹横筋のトレーニング)
  • 抗重力筋をトレーニング(重力に対して抗体を作る)
  • ハムストリングの柔軟性&胸椎の可動性
  • 体重の減量

スクワットやデットリフトのようなウエイトトレーニングを実施すると、

腰椎の負荷がかかりすぎるので禁忌です。

しかしながらピラティスでのロールダウンや、スワンといった腰椎周辺の柔軟性を向上させるようなトレーニングは有効です。

腰椎ヘルニアは神経系の痛みで座骨神経痛と勘違いされる方も多いようで、

まず痺れが広範囲に広がってきたらまずは整形外科に行って診断を仰ぎましょう。

具体的な診断があれば、私たちもトレーニングプログラムの中で改善策を提案しやすいからです。

 

腰椎ヘルニアだからといって、コルセットを巻いて痛みが軽減したとしても、

再発させないためにもきちんと体幹やコルセット筋をトレーニングするのは必須です。

IMG_4498

 

こちらは最近気になった食の本。

飲食業って大変。。。。

産後に訪れる体型崩れの危機。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

今日は産後2ヶ月のお客様のもとへ産後ダイエットのために出張パーソナルトレーニングに伺いました。

妊娠中に潰れてしまった土踏まずが原因でX脚になっていて、骨盤がなかなか引き締まりにくい状態に。

膝に痛みが出て立ち上がるのも苦痛に耐えながらの生活がトレーニングをすることによって変化が現れ、

3回目のパーソナルトレーニングでは「全く痛くありません!」とおっしゃっていました。

産後の骨盤、脚の不具合は整えないと一生もの。

10ヶ月かけてお腹に赤ちゃんを育んでいく中でママの身体が激変です。

本来は強固な関節達が出産の準備といって赤ちゃんのためにスペースを作り、

脳も赤ちゃんのために食欲を増加させてエネルギーを確保したり。

全ては赤ちゃんのために準備し、出産に備えるためなのですが、

出産後のママの身体は人生で大きな大仕事を終えたかのようにボロボロです(苦笑)

 

目の前に赤ちゃんがいるとそうも言っていられないのですが)

  • 身体の背面の筋肉が硬くなる(前屈ができなかった期間が長いので顕著に硬い!)
  • 腹筋に力が入らない(赤ちゃんを圧迫させてしまうので)
  • 肩こり、首こりが激しい
  • 体重増加による外反母趾と扁平足
  • 股関節から膝の形が変形しO脚X脚に

 

運動量も以前と比べると落ちているので、筋肉量も減って代謝が上がらない。。。

関節を支える筋肉でさえも落ちてしまっていて、痛みと戦うママも多いと伺います。

筋肉を意識することも忘れてしまっているので、

できる限り産後は早い段階で産後にトレーニングを再開したいところです。

 

産後から半年で体型は戻せる!

産後からすぐにトレーニングを再開頂いているお客様は半年してくると体型にも変化が出てくると共に、

体重も徐々に落ち始めてきます。

ピラティスから始めて筋肉を意識することができるようになったら、筋肉を増やすために筋力トレーニングも実施します。

妊娠中に落ちてしまった筋肉を取り戻さないと体型は戻せない。。。

今までの洋服をするりと着れなくなってしまうのです。

産後に訪れる体型崩れの危機は、自然に戻れるものではないから。

仕事に早期復帰をするにも、今後の子育てのためにもはやり女性にも女性に適した筋力トレーニングは必要です!!

 

パーソナルトレーニング中にベビーシッターも請け負います!

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

 

今日も産後8ヶ月のお客様のご自宅へ出張パーソナルトレーニングに伺ってまいりました。

お客様がトレーニングに集中できるように池野はベジーシッターも担当し、

今では赤ちゃんの成長に合わせて遊びや抱っこ、赤ちゃんに合わせてもパーソナルトレーニングを実施しています(笑)

お腹がみるみる凹んできた!

夏からご一緒しているお客様ですが、

最初の頃は産後によくあるお腹がまだ前に出ている状態で、肋骨も広がり骨盤も末広がりの状態でした。

自然分娩ではありましたがお腹に力をいれようにもなかなかいれられない。

最初はお腹に力を入れる感覚を取り戻すようにピラティスから地味トレをご案内し、

筋肉に力を入れる練習と同時に正しい姿勢を作る練習から取り組みました。

 

どうしても抱っこで上半身が崩れて、しかも重心が前のめり。

お尻や太ももの後ろが硬くもなりやすかったので、ストレッチを入念に実施していました。

徐々に汗もかけるようになって代謝が高まり、身体全身の筋肉に力が思うように入るようになってきた頃から、

前にせり出ていたお腹がちょっとずつ、ちょっとずつ凹んできたのです。

お腹が凹んできたのと同時に体重も。

お腹が凹み始めると体重も落ち始めてきました。

特別食事制限は設けていませんでしたが、

トレーニングの運動強度が上がるにつれて一緒に体重も落ちて育児休暇が明けてからの仕事復帰に向けて体力の向上も見られてきました。

そして筋力トレーニングができるようになってきてからは、「以前の洋服が入るようになってきた!」との事。

最初は産後のリラキシン効果筋肉全体が水っぽいような、関節が緩いような体質だったお客様も、

最近では筋肉が全体的に取り戻されてこられて触れた感触もメリハリが出てきたように感じます。

(あくまでも個人的な感想です)

 

産後ダイエットは赤ちゃんと共に

産後は赤ちゃんから離れる事が難しいです。

赤ちゃんはママの存在、目線、ぬくもり、声を必要としているからです。

だから産後は自宅で赤ちゃんと一緒にトレーニングするのがお勧め!!

 

隣で赤ちゃんをみながら安心して自分の身体に向き合える唯一の空間だからです。

出張パーソナルトレーニングはそんな産後のママにお勧めなのは、

産後のダイエットはダンベルやバーベルを使ったトレーニングは必要としません。

  • 骨格を補正する
  • 身体の柔軟性を取り戻す事
  • 意識しにくかった筋肉を「意識化」できるようになる事
  • 全身運動を心がける事(血液循環を促進)

 

ピラティスから自宅でできる筋力トレーニングで十分です!

妊娠中のトレーニングについて。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。
こんばんは。

今日はご懐妊する前から出張パーソナルトレーニングをご一緒していてお客様が安定期に入り、

ちょうど20週目になってお医者様からもトレーニングをする許可を頂けたので久しぶりにご自宅へお伺いさせて頂きました。

妊娠中のトレーニングについて。

妊娠中のパーソナルトレーニングについて日本ではまだ馴染みがないかもしれません。

が、妊娠中には二人分のエネルギーと生命維持活動に必要になってくるため心肺機能、循環機能が一時的に辛く感じることが多々あります。

それは子宮の中にいる赤ちゃんがすくすくと育つために必要なことなのですが、

母体の健康を維持して出産に備えるためにも

  • 筋力トレーニングで上半身を鍛える(主に背中は二の腕)
  • 歩行に必要な最低限のお腹(インナーマッスル)を使う
  • 重心移動をスムーズにするために歩行練習
  • 股関節や膝、足首が硬くなるので柔軟性を高める

 

上記のように妊娠中からできる身体を整え、

筋肉が衰えて姿勢が崩れたり、腰や肩に痛みがでないようにトレーニングを続けることによって、

産後の体力回復や、体重が元に戻れるように代謝を高めておくことができます。

2人分のエネルギーを消費する。

ご懐妊する前からトレーニングは実施していたのですが、

ちょっとした背中のトレーニングや軽いスクワットで「息切れや動機がする。。。」

とおっしゃっていましたが、これはお腹の赤ちゃんにも血液を渡しているので、

軽い運動であっても心拍数がすぐに上がったりクラクラするような感覚になります。

妊娠中のトレーニングは重心の位置を中央に保つだけでもお腹の力が今までよりも2倍必要になりますし、

何をするにも2倍のエネルギーが必要となります。

赤ちゃんが大きくなればなるほどもっと筋力も、体力も、メンタル面でも今まで以上に注意しながらトレーニングをしなければならない。

でも、きちんと禁忌事項や注意事項を把握してお客様とお話しながらトレーニングをしてみると、

「終わった後の開放感が気持ちがいいです」とおっしゃっていました。

妊娠中毒症や妊娠高血圧症も考慮しなければなりませんが、

まずはお客様の身体が気持ちと身体が解放され、

出産にむけての良い準備ができればと思います!

 

妊娠中期から後期にかけて。

安定期に入ってきたら少しずつストレッチや呼吸を整えるだけでもエクササイズになります。

なかなか妊娠中に自分の身体に目を向ける余裕がないかもしれませんが、

浮腫みや足の付け根からの痛み、お腹がせり出てきて腰が痛くなったりと、

日々赤ちゃんの成長とともに身体が変化します。

 

その変化に身体を調整していくと、身体の痛みからも解放されていきますので、

産後に仕事の復帰が決まっている方など、妊娠中から身体のケアを実施してみてはいかがでしょうか。

 

 

Pilates Anytimeを活用して。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

 

 

女性パーソナルトレーナーの池野です。
こんばんは。

先日のPole star pilates Winter seminarで同期生と話をしていたら、
画期的な教材を紹介いして頂きました!

今は世界をまたいで様々な知識を文献等でも学ぶ事ができますが、

インターネットの普及もあり、
今では様々なコンテンツが増えて動画で勉強する事ができます。

動画で勉強する時代に。

セミナー講師の方にとっても何度も何度も同じセミナーを担当するのは気力と体力と、
国をまたいでなので移動も大変です。
セミナーの様子やコンテンツをあらかじめ撮影し、会員制の動画サイトに投稿すると、
受講生からのフィードバックも受けやすいですし、講師の方の自分が持っている知識や経験をセミナーを通して広げたい!
という点では効率が良いですね。
何より私たち受講生も高額なセミナーを1年にそう何回も受講するのは大変。。。
そしてセミナー会場に国をまたいで伺うのにも時間と仕事をキャンセルする心苦しさとがあって、
なかなか受講したい!けど行動に移すのが大変。。。という事になります。
今までセミナー受講中には質問しにくかった事が、
動画サイトの中で質問することも可能となりましたので、メモをとる時間よりも見て、聞いて、感じて、最後は自分で考える時間も取れるようになりました。

Pilates Anytime

これは全世界の有名なピラティス指導者が集まって、

普段セミナーで紹介しているコンテンツを1つの場所に集めて会員制の動画サイトになっています。

今までは団体ごとに学んだり教育教材を作っていたのですが、

自分たちの利益だけではなく、素晴らしいピラティスの指導者が増えることを願って!

という想いに賛同した素晴らしいピラティス指導者たちが分かりやすく、

そして日々進化している理論に合わせて新しい形のピラティスを紹介しています。

私が所属している Pole star pilatesからも何名か動画を撮影し、

惜しげも無く、ピラティスの指導方法、プログラミング、様々な角度での考察を披露していました。

月に$18ですが、月に2本も見たらそれなりの投資になると思ってすぐに登録!

この時ばかりは英語を学んできて本当に良かったと思いました(笑)
残念ながらPilates Anytimeは英語のみなんです。。。

IMG_4401

 

 

こちらは今日作ったグレープフルーツウォーター。

本文とはあまり関係がないのですが、

お客様から頂いた有機グレープフルーツをふんだんに使って。

風邪をひかないように予防です!

 

Pole star pilates Japan Winter seminar

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。
こんばんは。

昨日は池野がAustraliaから帰国して久しぶりにPole star pilates Japan Winter seminarに参加してきました。

日本全国から資格受講生が集まり、アメリカ、Australiaで長年ピラティスの指導に携わっているエデュケーターが来日し2日間のseminarが終わりました。

アメリカ本土、北アメリカ地区、ヨーロッパ地区、アジア地区、といったエリアを巡業するように世界中にセミナーを開催しているエデュケーターの伝える「言葉」と「指導力」。

アジアにはまだまだピラティスの歴史が浅いこともあって教えて頂かないと気付けていない部分が沢山あります。

もともとはピラティスはドイツで生まれたピラティス氏がニューヨークに渡って世界中に広まったと言われています。

日本でピラティスが浸透しはじめたのはここ10年。

まだまだ歴史が浅いのが正直なところではありますが、現場を見てみるとピラティスの資格を取得しているパーソナルトレーナーが増えてきているのは、

ピラティスは運動指導において必ず必要である。

ということが現場の指導者、パーソナルトレーナー、インストラクターが気づき始めているからです。

これは世界中の理学療法士がピラティスの資格を取得する方が多いことが物語っています。

理学療法士の中にはリハビリにピラティスを用いる、むしろリハビリりはエクササイズが絶対的に必要であることを確信している方が増えてきています。

これはエクササイズは自分で自分の身体をコントロールすることになるからです。

  • 筋肉を意識して骨を正しい位置に保持する
  • 脳と身体をコンビネートさせて軸を作る
  • 正しい身体の使い方、正しい姿勢を維持させる

これはどんなに素晴らしい外科的な手術をしたとしても、

自分で身体を動かすことができるようにならなければ、元どおりには戻らないからです。

そう、薬や誰かにリハビリテーションを受講しても自分の足で立たなければ誰も助けれはくれない。

その手助けとなるのがピラティスエクササイズです。

お客様の身体の問題点を改善するための評価、

そして背骨、骨盤、足、肩甲骨、肩、頭部、手といったすべての骨格を繋げ、

効率的に使うことを目的としているのがピラティスです。

 

理学療法士のみならず、私たちパーソナルトレーナーもピラティスを用いて運動療法を行うことによって、

お客様に安全にそして自立を促しながらトレーニングをご案内することができる。

ピラティスは自分の身体を整えるのに最適

身体を鍛えることも大切。

でもまずは自分の身体が整わないと、筋力もパフォーマンスも高めることができない。

ピラティスは骨格もですが、コア(体幹)の強化もできるし、

歩く、立つ、座るといった日常生活に直結した動きの改善もできるので、

スポーツ選手、リハビリ、姿勢改善、筋力アップ、様々なお客様に対応できる素晴らしいメソッドです。

これから超高齢化社会にも突入します。

元気な人が少なくなっていく日本社会の中で、ピラティスを普及し定着させることは、

これからの日本に必要不可欠であると断言したいです。

 

 

 

 

ピラティスは全てのトレーニングの基礎となりうる。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

 

女性パーソナルトレーナーの池野です。
こんばんは。

今日は中村師匠とのピラティスパーソナルトレーニングに行ってきました。

プログラムでは実際のお客様を想定して組む練習をしたり、ケーススタディもいくつか想定して実践します。

今日は「片側に麻痺があるお客様」でのdegression についてケーススタディを練習。

足に麻痺があると、仰向け、立位でのトレーニングが思うようにいかないので、

両膝をついて、あるいは座位でのトレーニングが有効です。

特に足首の機能不全の場合は足の感覚を頼ることができないので、

足首に関与させないような姿勢でのプログラムを考えないといけません。

自分が経験したことのないお客様の身体のメカニズムを考えるのは、

なかなか難しい。。。

ピラティスは全てのトレーニングの基礎となりうる。

お客様の気持ちに寄り添うこと、自分が経験していない部分なのでコーチングする時の言葉掛けになんと表現していいのか迷うこともあります。

解剖学的なメカニズムについては学び続けてお客様のことを知り続ける努力をしなければなりません。

筋力トレーニングではプログラムすることが難しいと思われるお客様でも、

ピラティスであれば、マシンを使って可能性を引き出すことができる。

そういった点でも魅力的なメソッドです。

パーソナルトレーニングプログラムも今や掛け合わせてお客様の身体にオーダーメードで作ることに価値を見出して頂いています。

ピラティスは身体を動かす上で、基礎となる骨の動きや所定の位置を整えるために一番最初に実践した方が良いと思うプログラムです。

池野はピラティス→筋力トレーニング→ランニングとお客様にステージアップして頂きながら常に新しいものを取り入れて新しい身体の気づきになって頂ければと思っています。

いつも同じルーティン化されたトレーニングでは身体が変わる限界が訪れ、

いつしかそのルーティンでないと落ち着かなくなり、変化をすることに恐れて固定されてしまうからです。

Australiaでのパーソナルトレーナーとしての活動では主にウエイトトレーニングやオリンピックリフティングだったので、

今はまたピラティスや細かい部分で身体を調整できるフランクリンメソッドを取り入れています。

ピラティスと出会っていない池野百恵は今では想像できませんが、

このメソッド、特に中村師匠と出会っていなかったら今のBodyMakePlanner池野百恵としての活動はなかったでしょう。

師匠と出会って8年です。

もうすぐ2桁になると思うと驚きです(笑)

猫背は現代病。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんにちは。

猫背で姿勢が気になる。

慢性的な猫背の姿勢は大人だけではなく子供たちにも広がっていますね。

パソコンやテレビゲーム、携帯電話を見ている時の姿勢がそのままに普段の姿勢に現れています。

猫背でも見た目を気にしなければ。。と思ってはいけません。

猫背は現代病。

猫背は背骨の周り、つまり「コアユニット」の筋力不足または柔軟性不足です。

コアユニットとは、

  • 骨盤底筋群
  • 多裂筋
  • 腹横筋
  • 肋間筋

などの背骨と胸郭にまつわる筋肉群です。

これは呼吸筋とも言われていますが、体幹を支えるのに必要な筋肉群です。

体幹トレーニング、筋力トレーニングをすることも猫背が改善されますが、

本来あるべき骨格の場所に収まっていない状態で筋肉を沢山つけても、間違った骨格の場所のままなので、

筋肉だけ成長して骨格は変わらず。

背骨のニュートラルを作るために。

背骨のS字を取り戻すためには、骨盤が後傾しないように骨盤を前傾に保つ必要があります。

猫背のお客様は前屈することが苦手で、太ももの後ろからふくらはぎまでの筋肉で骨盤を引っ張られる傾向があるからです。

別のタイプで骨盤前傾で猫背の方もいらっしゃいます

骨盤が後ろに倒れている状態では背骨を正常の位置(S字)に維持できないので、

まずやるべきことは骨盤と背骨の関係性を作り上げることです。

  • 長座で膝を曲げずに座る
  • スクワットで股間節をはめて縮める

など、骨盤と背骨が気持ち良く連携できるようになれば猫背も改善されるでしょう。

 

猫背は現代病。

頭痛、肩こり、呼吸が浅くなる、代謝不良、疲れやすい、

腰痛にいなりやすい、

などその他の弊害を誘発させてしまう猫背。

背骨の柔軟性、姿勢は老化のはじまりだとも言われています。

(お年寄りの方は前かがみになっていきますよね)

アンチエイジングのためにも猫背は今から予防しておきましょう!

 

 

ピラティスは内臓も救える。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて女性らしいしなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングしています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

 

昨日は世田谷246ハーフマラソンを走り、全力を出しすぎたせいなのか軽い熱中症になってしまいました。。。(笑)

ランニングには慣れているとはいえ、暑さ対策は冬でもしっかりしないといけないですね。

さて、

今日はそんな中中村先生のところにメンテナンスをお願いにピラティスパーソナルセッションを受講してきました。

ズバリ!今日のテーマは

「内臓と筋膜の関係」でした。

運動指導者の目線はやはり骨格や筋肉に注目し、筋肉が硬い・弱いなどのバランスを探りながらお客様の評価を実施していきます。

中村先生の場合はもう一つ踏み込んで「内臓と筋肉、筋膜」を透視するがの如く、

身体が疲れたり、疲労が溜まっている根本的な原因を内臓にフォーカスし緩める方法を考えていらっしゃいます。

その一つが「フランクリンメソッド」の中にあるボディワークなのでが、

これまたマニアックなのです。。。

池野はピラティスを学んでいることもあってイメージキューで身体を動かすことに慣れているのですが、

初めての方だと少し戸惑うかもしれません(苦笑)

何を信じるかが大事。

昨日のハーフマラソンで全体的な疲労感が抜けなくて重い状態で中村先生のセッションを受講していました。

先生曰く池野の「肝臓」が疲労しているので、肝臓の疲れをリリースするためのコンディショニングを実施頂いたのですが、

主に「呼吸」のみで今日は一切ピラティスのマシンは使用していません。

体幹が主になって走っていたこともあり、背中がバリバリに疲労があり呼吸も浅くなっていたのですが、

その問題となっている呼吸から内臓をイメージしながらピラティスのワークを続けていくと、

やればやるほどに身体が温まり楽になっていく感覚。。。

最初は何をやっているのか掴めないこともあるのですが、

先生を信じて、そして自分の身体が持っている可能性を信じて真っさらな状態で受け入れるかどうか。

先入観で「難しそう」「よく分からない」というので諦めるのはもったいない。

真っさらな気持ちで受け入れれると新しい可能性が広がります!

ピラティスは内臓も救える。

筋力トレーニングや、パフォーマンスを向上させるようなトレーニングメソッドでは、

なかなか内臓に内観したり、アプローチすることができない。

原因が内臓から筋肉に影響している場合は何をやっても疲労は抜けないでしょう。

(血液検査はで分かるのかもしれませんが、解決にまで至りません)

ピラティスやボディワークでは疲れた内臓や、動作不良を起こしている内臓や呼吸器官にもアプローチできる素晴らしいメソッドです。

 

身体を鍛える!というよりも整えたい方は、是非ピラティスをお勧め致します!