実際問題、ジム付きマンション活用できてる??

世田谷区、港区、目黒区、中央区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチで筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしいしなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングしています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんにちは。

女性のお客様からお問い合わせが多くなっているのは「出張パーソナルトレーニング」です。

出産して授乳しながらの状態で外出もできないし、何より赤ちゃんが泣いてしまうので外に出るのも大変。

そんなママからの出張パーソナルトレーニングのお問い合わせと、

以前からご希望にあった「マンションに付帯しているジムでのパーソナルトレーニング」もお問い合わせを頂くようになりました。

現状、東京にはどれぐらいジム付きマンションがあるのか??

実際にインターネットでジム付きマンションの戸数を見てみると、

この上記のサイトだけでも721戸ありました!!

1.中央区

2.江東区

3.港区

正式な数字ではありませんが、比率で言うと中央区が多いようです。

これはちょっと意外な結果で、池野も早速検索ワードに「中央区」を入れちゃいました(笑)

実際問題、ジム付きマンション活用できてる??

池野もこれまで果てしなく高いタワーマンションにお邪魔し付帯されているジムでパーソナルトレーニングをご案内していきました。

以前はランニングマシンや、バイク、簡単な筋力トレーニングのマシンだけ置いてある施設が多かったのですが、

最近ではバランスボールや、ウエイトバー、キネシスマシン、ゴルフレンジ、スミスマシンなども充実し、

既存のフィットネスクラブと変わらないぐらいの施設規模になってきています。

しかしながら。。。

せっかくの施設があっても池野とお客様以外の住人の方はランニングマシンやバイクのみで、

身体を効率的に動かしたり、マシンを使って筋肉を増やす、鍛える!などは実践されていないのが現状です。

ジムに常駐するコンシェルジュ、あるいはインストラクターがいれば使用頻度が違ったり、活用できると思うのですが勿体無い!と思ってしまう池野です。

マンション付帯ジムほどパーソナルトレーニングが最適!

都内のフィットネスクラブに通ったことのある方は混雑状況などご存知かもしれませんが、

仕事を終えてからのジムは本当に混雑状況が続いています。

しっかりインターバルをきっちり守って筋力トレーニングをする場合もなかなか上手くプログラムが進みません。

マシンを待っている人が周りにいると落ち着かないし、ストレッチエリアも狭くてゆっくり落ち着いて身体をリラクゼーションストレッチすることもままならない。。。

しかし!

ジム付きマンションだったら混雑しているリスクも少ないですし、プライベートな空間で集中して自分の身体を向き合うことができます。

帰宅してすぐに着替えてトレーニングできるし、その後シャワーを浴びてタンパク質を補給して就寝!!

なんて時間の使い方には一切の無駄がありません。

既存のフィットネスクラブよりも時間を有効に、かつ身体作りの質を上げてくれるのはマンションに付帯されているジムでのパーソナルトレーニングかもしれません。

まとめ

まだまだ宝の持ち腐れとなっているマンションに付帯されているジム。

使い方が分からない、もっと時間を効率的に使いたいビジネスパーソン、そして赤ちゃんがいるママにもお勧めしたい新しいパーソナルトレーニングの形。

新しいフィットネスライフを構築し、

自分に合ったトレーニングを自宅マンションでできるようになったら。。。。

今までの自宅マンションの使い方が一変し、毎日が充実すること間違いありません。