30代女子の首元にシワが多く見られる。。。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

30代女子の首元にシワが多く見られる。。。

デスワークで毎日を過ごしている方は上半身の姿勢を整える時、自力ではどうしてもできないことがある。

上半身の姿勢を作る時、胸を張って肩甲骨を寄せればできる!と勘違いしている人が多い。

美しく機能的な姿勢を作るためには、

 

  • 美しい背骨
  • 肩甲帯の組織化(頭部、頸部、肩甲骨を統合)

美しい背骨とは、椎間板が潰れずにインナーマッスル(腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群)が協働して重力に負けずに上に引き上がってる状態!です。

そして頭部、頸部が肩から離れて長く保たれた状態で肩甲骨から背骨で支えている状態。

 

2つとも首を長くして重力とは反対に頭の位置を常に高くしておくことが美しい機能的な姿勢を作るためのポイントです。

よく30代女性のお客様を見ると首元にシワが出来始めているのをお見受けするのですが、

背中は丸く、首が上半身に埋もれてしまっています。。。

鎖骨を横に広げて首を長くする感覚が失われているのですぐに身体が疲れて姿勢も崩れてしまいます。

頭をきちんと支えられていないので首は疲れるし、腰痛も出ている場合は危険信号。

 

首を長く保つためには??

首を長く保つには首に力を入れて長くするとは全く違います笑

先ほどもお伝えしたように、背骨全体を上に引き上げて天井から糸で吊るされているような感覚をつけること。

そして前鋸筋(脇の下にある肩甲骨と胸郭を結ぶ筋肉)が肩全体を下に引っ張り、その分首が上に伸びる感覚を養うこと。

この2つの身体の使い方をインプットすることから始めます。

首が縮んでいるのに無理矢理筋トレしても余計に首が縮むので逆効果。

 

最初にインナーマッスル(腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群)を使って重力に逆らうように姿勢を作るところからスタートです。

首が埋もれてしまう人は肩こり、首こりが慢性化していることもあり、

毎週毎週マッサージのお世話になっている人が多いのです。

マッサージをしないと身体がスッキリしない!というところまで来ている人は、マッサージに全てを任せているので根本的な解決ではないことから抜け出せない。

 

首を長く保ち美しい姿勢を作るためには??一度自分の首元のシワを見直して見ませんか??