30代女子のPMSは。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

30代のPMS。

10代の時の生理痛は学校で授業を受けるのも辛くていつも早退していました苦笑

女子サッカーに明け暮れて体脂肪が減りすぎて1年ほど生理も止まってしまいましたが、体調はそこまで悪くなかったです。

20代になって生理痛は日常生活が送れるぐらいの範囲で痛みがありました。経血の量も酷く貧血にならないのかと思うぐらいに。。。

でも肉食だったのでタンパク質が補ってくれていたようです笑

30代になって生理痛は引き続きがありますが、以前にもお伝えしたように情緒不安定になり精神的な不安定さが顕著に出てくるようになりました。

普段は全くないのに、生理前になると仕事の不安やうまくいかないことに対してイライラしたり。。。これがPMS か?!と自覚するのに多少時間がかかりましたが、

 

普段の自分とは全く違う自分で出てくる感覚です。

今までPMSなんて考えたことがなかったのにオーストラリアで酷いPMSを経験してから自覚するようになりました。

なんでこんなPMSで右往左往するようになってしまったのか。。。。

 

オーストラリアでは環境が大きく変わりすぎてしまい、英語でうまくコミュニケーションが取れないことで自分が築き上げて来たキャリアが一気に崩れるように、

毎日不安とプレッシャーがかかり自分を抑えられませんでした。

誰かに相談したとしても解決できるのは自分だけ。

来る日も来る日も英語でパーソナルトレーニング の練習をするしかありません。

そんな環境の中だったので自律神経は乱れるし女性ホルモンバランスも崩れていたのだと思います苦笑

 

日本に帰国してから1年ぐらいは引きずっていたのかもしれません。PMSは毎月ではないけれど定期的にきていたので、なんでだろう。。。と思っていました。

PMS は精神的不安定からくるものなので普段自分をおさえつけるような考え方や我慢をしていると、途端に自分のキャパシティを超えて気持ちが爆発してしまうようです。

(あくまで自己分析です)

だからある程度「心の余裕」なるものを作ったり、考えるようにしています。

家族を大切にする、周りの大切な人に感謝の気持ちを忘れない。

本当に嫌なこと、やりたくないことは断る。

 

コントロールできることはマイルールを作って実践していかないと、

自分に嘘をついても幸せに感じられないからです。

要約するとなるべく心の状態をフラットにすること、そしてフラットの状態でエクササイズをしたりトレーニングをするとさらに心地が良くなり、

自律神経は戻りやすくなりますし、女性ホルモンバランスも乱れにくくなるでしょう!

30代のPMS はなかなか辛いものがありますが、皆さんそれぞれに違った悩みがあると思いますので参考になれば嬉しいです。