食べるようになって痩せました。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

 

 

「食べるようになって痩せました」

この言葉を聞いて耳を疑う方もいらっしゃるのではないでしょうか苦笑。

食べたのに痩せるなんてありえない!!

どれだけ私たち日々カロリーを削っていると思っているの(怒)

(お客様の声が聞こてきそうです)

 

自分の基礎代謝以上のものを食べないように日々努力されている皆様は、極力摂取エネルギーを増やさないようにされているのではないでしょうか。

あるいは食べないように1食の食事を削って体重を落とすことを考える。。。

食べすぎは勿論体重にも体脂肪にも大きく影響して体重も体脂肪も落ちないでしょう。

しかし、食べなさすぎるにも体重、体脂肪を落とすことが難しく逆に筋肉がどんどん落ちてしまうので余計に基礎代謝が落ちて体脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

 

特に30代女子は仕事も育児も大変なので、筋肉量がガクンと落ちやすい年代です。

食べなければ筋肉を維持するためのタンパク質が身体に入ってこないので、日常生活の中で筋肉を動かしたとしても維持することもままならない。

カロリーを気にして食べることに罪悪感を持っていた女子たちにタンパク質を摂取するように心がけて頂き、並行して筋トレにも励んで頂くと

「食べてるのに体重が増えないんです。。。」

「食べてるのに体重が落ちていきます!」

「タンパク質ってお腹が膨らむので今までよりも食べなくても平気です」

パーソナルトレーニング で筋トレをしていると、日常生活で使わないような筋肉を動員するため筋肉も脳も疲労します。

だから食べないで筋トレしたとしてもきちんとしたフォームも作れないし10回×3セットのようなプログラムが最後までやり続けることができない。

これまた食べていないとトレーニングも続けらえないので筋肉を増やすことができません。

 

ちなみに、食べるというのはバランス良く身体に身になる質の良いものを選ぶようにしましょう。

低カロリーなものはカロリーが少ないだけで栄養素は全くもって含まれていません。

不足しがちなタンパク質、野菜からビタミンやミネラルを沢山摂取してインナービューティーを作りましょう!

 

30代女子がすべきことは、

  • 筋肉が落ちないようにトレーニングを習慣化させて行う
  • できるだけタンパク質を摂取して筋肉を育てる意識を持つ
  • 1食の食事をスキップしたら筋肉が落ちると思うこと!

 

食べることによって質の高いトレーニングを継続することができるし、トレーニング後の疲労回復も早まるので、次回のトレーニングに生かすことができるでしょう。

今はカロリーを削るダイエットよりも、身体を作るボディメイクにシフトしています。

 

食べながらダイエットはできるので、間違った方向へいかないように。

食べているのに痩せてきた。

そんな女子が増えますように!