頑張り過ぎない身体をピラティスで作る!

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

頑張り過ぎない身体の使い方へ。

今日は今年最初のピラティスパーソナルセッションを受講する日でした。

驚いたことに、今日は今までの身体の感覚と全く違って力を入れないでも身体のコントロールをすることができました!

 

今まで外側の筋肉(アウターマッスル)が強過ぎてしまい、骨や内臓に近い場所にあるインナーマッスルの反応が鈍い身体の使い方だったのですが、

不思議なことに頑張らなくてもお腹の筋肉が伸びたり、肩甲骨が正しい位置で押せるようになっていたり、

自分の身体ではない反応が見られて理学療法士の山口先生からも「今日は身体が繋がってるねー!」とお褒め頂けたぐらいに。

 

ピラティスを学ぶまでは「身体の繋がり」なんて考えたことはありませんでした。

そしてその意味も分からなかった。

 

筋トレは1つの筋肉を集中的に使って筋繊維を壊して筋肥大したり、筋力をつけたりしていきますが、

ピラティスなどのボディーワークは1つの動作を全身の筋肉でバランスよく使っていくことを目指します。

  • 呼吸
  • 意識(脳)
  • 体幹を安定
  • 四肢が自由に動く
  • 体全体が伸びる

 

この要素が繋がって身体の使い方がアウターマッスルからインナーマッスルへ移行してきている気がします。。。

今まで頑張って頑張って身体を鍛えてきた【量】に対して

今は頑張らないでコントロールを磨いて【質】を高めていることがようやくようやく身についてきてホッとしている自分がいます(笑)

 

脳と身体が繋がり、各筋膜と骨が繋がることによって今まで感じたことのないコントロールができるようになってとても快適です。

お客様が訴える身体の不快感や、痛み、姿勢不良などの問題は身体の繋がりが遮断されているためだと思います。

筋トレ、ランニング、体幹トレーニング、全てのトレーニングでも同じで身体の繋がりなくしてコントロールすることはできません。

 

池野の今年のピラティスは大きく変わっていきそうな予感がします!

皆様にもそんな繋がりをお伝えすべくピラティスを用いて筋肉を太くしないで女性らしいしなやかな身体作りをご提案して参ります!