身体のバランスが保てない〜修正能力をつける重要性〜

世田谷区、港区、千代田区、品川区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

身体のバランスが取れない。。。

一般のお客様、そして私たち運動指導者でさえも身体のバランスは左右均等、前後バランスは均等ではありません。

究極を言ってしまえば臓器が左右対称にしてあるわけではないので比重も違えば、左右で内臓の機能も偏っています。

理学療法士の先生曰く「臓器が左右均等ではないにしろ、外側の関節や筋肉はなるべく左右バランスに差がない方が良い」とおっしゃっていました。

 

お客様の身体を評価する際

矢状面 →身体を正面から見て左右に見て輪切りにした状態で評価する面

全額面 → 身体を横から前後に見て輪切りにした状態で評価する面

水平面 →身体を上半身と下半身に分けるように輪切りにした状態で評価する面

 

上記のようにしてお客様のバランスを評価していきます。

さらに細分化して首、肩、肩甲骨、胸郭、骨盤、股関節、膝、足首といった関節ごとに左右差を見分けてどの筋肉に問題点があるのか確認していくのですが、

このバランスが崩れていくと歪みや関節に負担がかかり神経的な痛みや慢性的な痛みが出て違和感となって残っていきます。

肩こりや腰痛といった現代病も姿勢が崩れて筋肉や関節に負担がかかり症状として出ているのです。

姿勢崩れや身体のバランスが保てない状態を長く続けてしまうことによって今度は姿勢が崩れている状態が環境として成り立ってしまい、

環境の中で脳はなんとか適正にしようとアンバランスで身体を支えようとするので、バランスが崩れていても生きてはいけるのですが。。。

 

今度はどこに自分の軸があるのか脳がすり替えて記憶しようとしてしまうので、

昔の歪みが無かった頃の状態を思い出そうにも思い出せないままに身体が崩れていきます。

年齢を重ねていくと筋力も低下(サルコペニア)、柔軟性や身体の軸を作るための体幹を連鎖させて動かす作用も失われて機能不全が起きていくのが老化です。

 

多くのお客様が何かしたのアンバランスで日常生活を送っていらっしゃいます。

自分でバランスが崩れていることを感じ取れている方もいれば、

自分の身体がバランスを取れていないことに気づいていないことも。。。

 

まずは自分の正中線である軸をきちんと作っていくことが重要で、

多少バランスが崩れても自分で修正する力をつけていけることが痛みや違和感をなくしてライフスタイルを確立していける秘訣です!

修正能力を高めてバランスを崩さないようにするために自分が持っている能力を呼び起こしていきましょう!