身体に不定愁訴をお持ちの方へ。

世田谷区、港区、目黒区、中央区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて女性らしいしなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングをしています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんにちは。

明後日に初回パーソナルトレーニングを控えているお客様と事前に身体の状態についてご案内頂き、

自分の知識不足を痛感しています。

今まで運動制限や身体の痛みを持っていらっしゃる方もパーソナルトレーニングをご一緒させて頂きました。

ただ、やはり池野が経験していない事なので本当の意味でお客様の立場になって考え感じる事は足りません。

足りない経験値に関しては、知識で補わなければならないので、

事前にお客様から現状起こっている症状や病院での診断等については詳しくお聞かせ頂けると対策を講じる事ができます。

先天性、後天性股関節脱臼について

股関節脱臼に関しては先天性と後天性があるのですが、

赤ちゃんの時にオムツや抱っこの仕方で股関節が内旋位で歪み、

矯正器具「リーメン」を使用しなけばならないケースも出てくるそうです。

矯正器具を外した後、本来ならばリハビリ等で股関節の筋肉(深層外旋六筋や中臀筋等)をトレーニングしなければならないのですが、

そのままの放置してしまうと、股関節からなる身体の歪みが発生し身体の不調につながります。

股関節をかばうように歩いたり立ったり、

股関節に負担をかけないように姿勢を作っていくと、本来あるべきところに姿勢を維持する事を忘れて、

いつの間にかアンバランスで体を支えてしまう状態になります。

リハビリは痛みとの向き合い

スポーツ選手もそうですが、

一度怪我をしてしまうと回復し、今まで同じパフォーマンス・・・いや、今まで以上い怪我をしないために体作りを再スタートさせなければならないので、

怪我をしてしまった筋肉や靭帯、細胞レベルでトレーニングをハードに乗り越えないといけません。

特に手術をした後。

漠然と「手術をする=身体が良くなる」そんなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、

全く逆です。

手術をし皮膚や神経、筋肉を切ってしまったら、そこから取り戻すのにとてつもない時間と労力がかかります。

一度切ってしまった神経を元の状態になるまで戻すには痛みと何度も繰り返し向き合い、

自分の意識で動かすようになるのにはご自身のメンタルとの戦いになるでしょう。

一般の私たちでも捻挫や、ぎっくり腰、膝に水が溜まるなどを発症してしまった場合、

完全に元の状態に戻るには半年以上はかかると思います。

今回ご連絡頂いているお客様とはまだお会いしていませんが、

長期戦も覚悟して、痛みと向き合いながら身体をマイナスゾーンから0ベースに戻すように一緒に取り組んで参ります。

エクササイズ=治療、薬と同じ効果を持つ。

アメリアでは

エクササイズ=治療

エクササイズ=薬

として薬を使うよりもトレーニングやエクササイズで身体を作っていく事を提唱しています。

実際に池野は治療家ではありません。

お客様の身体に触れ治療をする事はありません。

しかし!お客様の問題点を客観的に評価し、お客様に最も必要なトレーニングプログラムを組んで導くのが私たちパーソナルトレーナーの仕事です。

身体に触れなくても、心を一つに合わせて目標に立ち向かっていく

実際に動いて頂くのはお客様なのですが、

壁にぶつかり、一人では乗り越えられない困難をパートナーとして立ち向かいます。

 

健康づくりのためにパーソナルトレーニングを申し込んで頂く方が多いのが現状ですが、

最も必要としているのは、身体に不定愁訴をお持ちの方だと思います。

ただ、どこに駆け込んでいいのか分からない。。。

誰に聞いたらいいのか分からない。。。

方が沢山いらっしゃる。

そんな方にパーソナルトレーニングをお届けしたいと思っています。

今回股関節脱臼のお客様と一緒に身体作りを始めさせて頂けるのは私にとっても新しい挑戦です。

ベストを尽くして一緒にゴールを目指します!