自分の強さとなって表れてくるものです。

恵比寿、広尾、麻布十番、白金台で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

 

頭では理解できているけれど。。。

 

お客様によく言われるのですが、

新しいトレーニングフォームを習得する時、あるいは代償動作を修正するときにお手本を見せるだけではなくメカニズムをきちんとお話てからお客様に実践頂きます。

お手本だけ見せても頭の中で理解できないと身体が反応してくれないからです。

中には長嶋監督のように感覚派の方もいらっしゃるので視覚とイメージだけで実践できる方もいらっしゃいますがほとんど稀です。

 

運動が苦手な方の多くは理論派です。言葉の力でイメージを膨らませて筋肉がどこからどこまで付着し筋肉の動きや役割を想像し認知させなければ身体が思うように動きません。

 

情報を発信する私たちパーソナルトレーナーの「伝える力」の工夫も大きな役割があります。

情報を受け取るお客様の咀嚼して認知するまでの道のりも必ず確認しながら説明を行わないとトレーナーだけが自分自身の説明に酔いしれていては全くもって意味がないので、トレーナーの伝える力や言葉の使い方はとても重要です。

 

お客様がきちんとトレーニングフォームの理解、そしてトレーニングで目指す効果やゴールを理解できて頂けて初めて実践することができますが、

「頭では理解できているけれど。。。」

 

第一段階の理屈や理論を理解する所までは到達して頂けるのですが、実際に実践するのが難しいと感じる方がほとんどです苦笑。

今までやったことのない身体の使い方や筋肉を意識して頂くので最初から簡単にできることはほぼありません。。。

 

ですが、トレーニングではできないことが悪いわけではなく、できないことをそのままにしている事が問題なのだと思います。

これは、

  • 解らないままにしている。
  • できるまでやり続けない。
  • 諦めてしまう。
  • 同じことを何度も繰り返して工夫しない。

正しい動作が例え1度や2度できなかったとしても大きな問題ではないと池野は思っています。

それよりもできないままに放置をしていたり、目で見ぬふりをして辛いことから逃げてしまう事が自分の身体を退化させてしまっていると分かっている状態が問題なのではないでしょうか。

 

何度も練習したり、工夫をしていく中で怠けたい、逃げ出したい自分の弱い気持ちと向き合って努力していく事が積み重ねであり成功への道筋です。

 

パーソナルトレーニング の中では何度も何度もそういった場面が訪れます。

頭で理解できているけれど、実際に身体をコントロールして正しいトレーニングフォームを習得するためにやり続けていくプロセスは仕事においても、人生の中で苦しい時にも必ず後から自分の強さとなって表れてくるものです。

 

何事も実践してアクションを起こしてみて自分が変われるかもしれないですし、周りの人からの評価が変わり支援してくれる人が増えたりするかもしれません!

(池野みたいにバタバタ動きすぎるのも良くないのかもしれませんが)