無理やり「機能的な足」にしないのがアシックス流。

恵比寿、六本木、麻布十番、白金台で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは!

【ランニングシューズ難民!】

めっきり秋めいてランニングシーズンに入ってきましたね。

いつものようにランニング練習にシフトしていたのですが思うように距離もスピードも伸びずに悩んでいました。
自分でも右足が明らかにフォアフットでしか走れておらず中足骨にダイレクトの衝撃吸収がなされて着地をするたびに痛みが。。。

 

【現状と問題点】

理学療法士でもある山口先生にマニュピレーションで整えて頂き徐々に改善が見られますが、そもそも右足が着地時に背屈制限が起き中足骨が外反し舟状骨は内反するため衝撃吸収がなされていないとのことでした。

現在使用しているのはアディダスのブーストシリーズ。
こちらは元々母指球で蹴りやすくするためにインソールが内反できるように制作されています。
男性のように元々外反している人や母指球で蹴りずらい人にはマッチしやすいのかもしれませんが、私の足には合わない模様。。。

内反しているのに余計に内反させてしまいミッドフットで着地ができなくなっていました。

練習すればするほど親指の下に衝撃が重なりすぎて痛みが出ているのでもう今のランニングシューズでは限界がきていることを実感。

 

【解決のためには】

そんな足の状態でどんなシューズが合うのかを考えたときになるべくインソールがフラットの方がいいのかも??と一人で考えても仕方がないので、日本を代表するランニングシューズメーカーのアシックス原宿フラッグシップに行ってきました。

写真のようにトレッドミルで実際に走り、着地時にどんな状態になっているのかを客観的に分析して頂きお勧めのシューズのラインを紹介してくださいました。

(動画も撮影したのですがアップロードできず申し訳ありません)

今までは実業団やランニングを専門としていた人の経験則でシューズを選定するしかありませんでしたが、今では上記のようにデータから導かれる事実をシューズ選定に生かされています。

撮影したデータをもとにシューズをいくつかピックアップして下さり、即決意!

アシックスのシューズは無理やり「機能的な足」にするのではなく自然な状態で走れるようなクッションやソールの作りをしている印象でした(個人の感想!)

 

女性は特に骨盤も広く筋力が少ないために膝も足首も内旋、内反しやすいので自分の足に合ったランニングシュールを選ぶことをお勧めいたします!

今のアシックスは昔と比べてとってもモダンでお洒落です!笑
スタッフの方のランニングシューズに対する知識も豊富で、ランニングあるあるで盛り上がりました。

ランニングシューズに関係なく、普段の靴も足に合ったものを!