毛髪ミネラル検査。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルルトレーナーの池野です。

こんばんは。

 

もうすぐ湘南国際マラソン!

早いもので来週には12月に入り湘南国際マラソンです。

長距離練習も終わってあとは食事の調整と、ピラティスや軽い筋トレで調整をしていきます。

毎週30-50kmをランニング練習をしていると、ふくらはぎから足の裏が疲れてどうも気になる。。。

という事で疲れが残らないように池野式セルフケアを実施しています。

 

身体の疲れを素早くとる方法。

①お風呂に浸かって血行を良くする

筋繊維が傷ついて疲労物質が残っている場合、新しい血液を筋肉に渡して回復させる必要があります。できるだけお風呂に浸かって湯船でふくらはぎをマッサージをし、自分で届く範囲で背中や腕などもマッサージを実施します。

②アロマオイルでトリートメント

お風呂上がりにはエッセンシャルオイルに筋疲労回復を促す精油をブレンドしたもの、あるいは好きな香りをブレンドしてぐっすり寝れるように調整します。

口に入れる栄養よりも、直接経皮吸収の方が効率が良い場合があるからです。

肌の馴染みも良くなりさらに足が軽くなって眠る事ができます。

一時期足の疲労が抜けないで寝ている時に足がつることも。。。

アロマでトリートメントするようになってからはつらなくなりました(苦笑)

アロマは特に脳に直接刺激を与えることができ、ドーパミンやオキシトシンを分泌させリラックス効果を引き出すのに優れています。

 

 

③サプリメントを摂取する。

特に疲労回復に必要なのはビタミンB群。

ビタミンCも身体にためておけないので一緒に摂取するようにしています。

この女性用の統合サプリメントはバランス良く枯渇しやすいマグネシウムやビタミンB群が入っていますが、

池野のマラソン練習などをしていると、消耗がはげしくて足りなくなってきます。

その場合はビタミンB群だけ、マグネシウムだけを特化して飲んだ方がいいと毛髪ミネラル検査アドバイザーの五十嵐幸代さんにアドバイスを頂きました。

IMG_5599 (3)

こちらはオーストラリアで購入してきた女性用統合サプリメントです。

味は美味しくないのですが、このサプリメントを飲むようになって朝すっきり起きれるようになってきました。

自分に足りない栄養素を補うだけで、こんなに疲労回復が違うのか!と驚きますが、

データに基づいてなので当たり前ですね。

 

以上になります。

身体の疲れは残さない。

そのまま引きずってしまっては毎日が楽しくありませんからね。

まだ毛髪ミネラル検査は実施していないのですが、心の準備ばできたら実施して自分をより深く知りたいと思います。

※今回は毛髪ミネラル検査ではなく、五十嵐幸代さんのボディタイプ別カウンセリングで見えた私に足りないものをアドバイスして頂きました。

サプリメントはその人によって足りないものが違うので他の方に合っているものが自分に合うとは限りません。

きちんとカウンセリングを受けた上でお買い求めされることをお勧め致します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

Brown Rice Protein(ブラウンライスプロテイン)販売中!

有機玄米を主原料にした新しいプロテインを作りました。

市販のプロテインに使用されている人工甘味料グルテン不使用、化学調味料不使用です。

トレーニング後に始まる身体の酸化を補うために、

ビタミンB群を含んだ野菜のパウダーを使用することにより、疲労回復を早めるアンチエイジングプロテインです!

市販のプロテインを飲むと気持ち悪くなる、消化不良でお腹を下しやすい方にもお勧めです。

トレーニング後のみならず間食としてもご利用頂けます。

お問い合わせはHPからお願い致します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お知らせ】

2017年度からNews Letterを配信!

食、筋力トレーニング、ピラティス、体幹トレーニング、フットコンディショニング、ランニング、女性パーソナルトレーナー養成講座、Organic等のセミナーで得た情報をさらに詳しく解説。

さらにHPやBlog以外での日常も綴ってみようと思います。

これから毎月第一、第三月曜日に配信致しますので

News Letterのお申し込みはコチラからお願い致します。

※メール受信可能なメールアドレスにてお願い致します。

普段話せないような内容もちょっと出したり、News Letterの中でお知らせするお得な特典等も記載しています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□