更年期になってからでは遅い。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは!

 

更年期問題。

生理不順と同じぐらい女性にとって死活問題なのが更年期問題です。。。

女性ホルモンバランスが乱れて、少しずつホルモンが減りいずれは閉経を迎えるのですが、

急激な女性ホルモン減少に身体が耐えられずに体調不良として精神的にも、肉体的にも影響が出てきます。

 

20代や30代の時には筋トレして代謝を上げていくことに何の疑問もなくできるのに、

40代後半ごろから筋トレしても筋肉が定着しない、筋トレしても代謝が上がっている!という実感が感じにくくなってくるのは体質の問題もあるのかもしれませんが、

女性ホルモンバランスが乱れている可能性が高い。

 

更年期に差し掛かるお客様とダイエットやボディメイクを進めていく中で、

急に浮腫が酷くなったり、体重が増加傾向だったりしたのは女性ホルモンバランス!と気づくのに少し時間がかかったこともありました。

食事制限やコントロールをしても体重は減らない。。。

 

40代後半から50代からの体調変化

  • 血圧が上昇
  • ホットフラッシュ(急な発汗)
  • 不眠
  • 体重増加
  • 冷え・浮腫
  • 動悸がする

お客様とパーソナルトレーニングを継続していく中でよく見かけるのが上記の症状です。

軽度のストレッチだけでも全身汗だくになったり、身体の火照りが収まらずに冷たいものばかりを摂取して身体が冷えたり。。。

正常な状態とは違って自律神経からの指令がバラバラなので体調が定まりません。

お客様自身が自分の身体の異常に戸惑われ精神的な不安やストレス、そして女性ホルモンバランスが減少していることもあり運動しているのに体重が増えてしまうこともあります。

更年期の場合は薬で対処することは難しく、自律神経を整え今以上に酷くならないように調整していくことぐらいでしか対処できません。

本当は更年期を迎える前に準備をしていた方が体調不良のギャップを抑える事につながります!

 

【自律神経を整えて更年期障害を乗り越える】

  • 全身で呼吸を促がす(ピラティス)
  • 短調のリズムで運動(ウォーキングやランニング)
  • ストレッチやトリートメントで身体を緩める(ストレッチ)
  • 有酸素運動(サーキットトレーニング、ランニング)
  • 軽い筋トレ

 

あまり負荷をかけ過ぎると無酸素運動に入ってしまうので運動強度をやや低めに設定し気持ちよく筋トレに取り組んだ方が自律神経が整いやすいです。

ストレスなどで身体の緊張が続き不眠になるのも自律神経が乱れる原因です。

入眠する時間をある程度決めて、睡眠時間を決めた方が脳が休まりストレスを貯めにくくできるでしょう。

更年期に差し掛かる前に女性ホルモンバランスを整えよう!

男性にも更年期はあるそうですが、やっぱり女性にしか出ない更年期症状はございます。

何事も予防していきましょう!