思考の改造〜糖質オフを認識させるまで〜

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

糖質オフを進める方法。

20kgダイエットを目指しているお客様が、いよいよ体重が落ちなくなって困り果てていた時。

せっかく運動しても知らないうちに糖質を摂取していて体重が落ちません。

去年から合わせて只今−13kgのダイエットに成功していますが、

一番最初お客様にご提案したのは脱小麦です。

パンに麺、餃子の皮も控えて頂いて足りないところに筋肉を補強してボディメイク!!

ジーンズのサイズも変わったし、TシャツはXLからMサイズにサイズダウン。

 

あの落ち方は凄かった。。。

 

でもそれだけじゃ足りない!!と池野はずっと思っと思っていました(苦笑)

お蕎麦や玄米も糖質の中では血糖値の上昇が少ないものを選んで頂いていたのに、

体重が落ちないのは、「食べてもいい」という認識からかご褒美のような存在で必要以上に食べていたことが分かっていました。

でも、脳は糖分を摂取して食べたくて食べたくて。。。その気持ちとても分かります。

池野も糖質を制限して運動すると身体がふらふらになります。

 

脳の認識を変換させた

あまりに長い停滞期だったので、お客様に進言してお蕎麦も玄米も食べないようにお伝えしました。

お客様としては身体に必要なものだから食べてもいいと認識していたようですが、

お蕎麦も玄米も認識を改めて頂き「食べてはいけないものリスト」に変換頂きました。

その3日後には1kg痩せていたのだから、今までの停滞期が嘘のようです(笑)

 

認識を変えるだけ、脳の思考を変えるだけで食べなくてもよくなる。

普段の思い込みってある意味怖いですね。

 

お客様もあんなに食べたくて仕方がなかったお蕎麦や玄米をやめたら最初は辛そうでしたが、

今では当たり前のごとく糖質オフできるようになってきました!!!

これは思考の大改造ですね!

 

ただ、池野に隠れて果物やハチミツを食べていないか心配です。。。

無理に糖質を食べないように押さえつけるような認識に変えようとすると反動で食べたくなってしまいます。

お客様のように思考を変換するように食べるものを変えると、ストレスなく継続できる。

ダイエットは脳を上手くコントロールできるかで10kgでも20kgでも落とせるような気がします。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お知らせ】

2017年度からNews Letterを配信!

食、筋力トレーニング、ピラティス、体幹トレーニング、フットコンディショニング、ランニング、女性パーソナルトレーナー養成講座、Organic等のセミナーで得た情報をさらに詳しく解説。

さらにHPやBlog以外での日常も綴ってみようと思います。

これから毎月第一、第三月曜日に配信致しますので

News Letterのお申し込みはコチラからお願い致します。

※メール受信可能なメールアドレスにてお願い致します。

普段話せないような内容もちょっと出したり、News Letterの中でお知らせするお得な特典等も記載しています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□