弛んだ気持ちからは弛んだ身体しか生まれない。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

午前中に熊本から戻ってきました!

そして午後そのまま仕事に直行です(笑)

お客様からも「タフですね。。。」と言われていましたが、

移動で疲れていて家でじっとしている方がもっと疲れる!!

飛行機で移動した後は適度に動いた方が調子が良かったりします。

 

さて、皆さんお洋服を選ぶときはどんなサイズ感で選んでいますか??

素材や着こなしでサイズ感を変えていらっしゃるファッションコーディネーターの方は別として私たちパーソナルトレーナーがお客様にお願いしているのは、

「トレーニング時に身体ラインが分かるようなフィットしたウェア」です。

 

全く初めての方がパーソナルトレーニング をお申し込み頂く場合、運動も初めてで専用のウェアを持っていらっしゃらないこともあります。

「どこで購入できますか??」

「既に持っているTシャツと短パンでいいですか??」

そんな素朴なご質問も頂くのですが必ず「身体のラインが分かりやすいサイズでお願いします!」とお伝えしています。

トレーニングウェアにお金と時間をかけるなんて。。。と最初に思われる方もいらっしゃいますが、

自分が今どんなサイズのトレーニングウェアが入るのかもご存知ないこと、最近のトレーニングウェアは速乾性や通気性が長けているので安全です。

何より身体にフィットした服を着慣れていない方にとってはハードルが高く感じるかもしれませんが現実を知って頂きたいからです。

 

特に今の日本のファッションでは身体のラインが分からないようにするのが流行りで、ジャストサイズで着る習慣が薄れてきているように感じます。

自分の体型を表に出すことを普段していないので、お洋服の下で筋肉たちは緩んで弛んでいる。。。誰も自分の本当の身体を見ることなんてないので緊張感がありません。

多少お腹にお肉がのっていても分からない。。。という甘い空想の中から現実を知って、本当の自分の身体と向き合って頂くためにもトレーニング中は動きやすくて身体のラインが出るようなトレーニングウェアでお願いしています。

ご存知かもしれませんが、サイズが緩い服ばかりを着用しているとその緩いサイズに身体が慣れて膨張していきます。

 

緊張感(誰かに見られている!という視線など)がない弛んだ気持ちからは弛んだ身体しか生まれません。

 

弛んだ気持ちにもう一度自分の身体に意識を持たせるために、まずはトレーニングウェアのサイズを変え、さらには私服や仕事着も少しずつサイズダウンするようにすると緊張感も戻ってくるのではないでしょうか。

池野もかつてはLサイズのTシャツや今よりも3サイズ大きいジーンズを着用していました。。。

今ではSあるいはXSサイズを着用し、服が辛くならないように日々努力を重ねている次第です。

 

「いつまでも使える!」と思っていた大きめサイズのTシャツはいますぐ捨てましょう。

服が皆さんの緊張感を奪っていることもありますから!