妊活のためのコンディション【体調】作り

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

ご懐妊のお客様が増えています!

妊活されているお客様からご懐妊のご報告を頂き、医師から運動の許可を得てからまた再開頂くとのこと。

パーソナルトレーニング を初めた当初からカウンセリングの中で第二子も希望しているとのことでしたので、通常のパーソナルトレーニング とはまた違ったプログラムを進めておりました。

一度体調を崩されたこともあったのですが、

また復活をして頂き気づいたらご懐妊であったとのご報告を頂いてびっくり!

 

妊活中は特に精神的に焦りや不安が重なると身体にも緊張が入るし、肩の力を入れていないのに肩がこる、今まで同じようなエクササイズができていたのに急にできなくなると多少のパニックが起こる。。。

子供を授かること全精力を注ぎ込んでいるので気づかない間にプレッシャーになっていたのかもしれません。

池野が久しぶりにお会いした時、エクササイズチェックしていて思ったのが「力が入りすぎてるなー」というのが率直な感想でした。

 

そこで一旦、パーソナルトレーニング を中止してカウンセリングをしてもう一度ベクトルを揃えることにしました。

私から見た客観的な意見をお伝えすると「その通りです。。。」という答えでした。

妊活中にこれだけ緊張していると血液循環も進まないし、交感神経と副交感神経が乱れて女性ホルモンバランスが整わないことをお伝えして、

今私たちが目指さなければいけないことは妊活に悪い影響を取り外して良い影響を与えるように身体のコンディションを整えることでした。

 

妊活のためのコンディション【体調】作り

  • 身体を冷やさない【血液循環をよくする
  • 自律神経を整える【規則正しく睡眠時間を揃える】
  • 身体の緊張をほぐす、身体の柔軟性を高める【精神的なゆとりをとる
  • 正しい姿勢を作る・正しい呼吸をする【軸を作る】
  • 適正な体重を維持する・痩せすぎず筋肉を作る【女性ホルモンバランスを崩さない】

 

それぞれで体調が違うので、足りない項目や補わなければならない項目に違いがあると思いますが、

運動で実現できる妊活のためのコンディション作り【体調】は上記のようになると思います。

知らないうちに自分にプレッシャーをかけてしまうと、自律神経も乱れるは女性ホルモンバランスは不安定で妊活どころではなく普通の日常生活にも良くない影響が。

妊活されている方も多いと思いますので、ご参考までに上記の項目を見て頂ければ幸いです。

 

安定期に入れば、またパーソナルトレーニング を妊娠中も継続頂けますが、

医師からの承諾を必ず得て頂くこと、そして悪阻などがおさまり、「運動したい」と思えるようになってから再スタートできる状態だと思います。

無理矢理に産後のために運動を試みても赤ちゃんが拒絶される場合もありますから笑