妊娠中にある事が原因で腹筋が裂けてしまったら。。。

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

 

今日は産後のダイエットのために出張パーソナルトレーニングをご一緒させて頂いているお客様とお話ししている中で、

「腹筋の離開はありますか??」と伺ったところ。

「???」

お客様は気づいていらっしゃらなかったようです。

妊娠中は腹筋の離開が起こりやすい。

妊娠中に前方にお腹が大きくなってくると、腹筋の繊維が避けてしまい「離開」してしまう場合があります。

これは妊娠中に仰向けの姿勢や、お腹の筋肉を使わないで過ごしている筋繊維がたわんでしまい、

腹筋の筋繊維が避けてしまうことです。

産後にお腹の筋肉に力が入らなくなって指をお腹にあてると第二関節ぐらい埋まってしまうのですが・・・

今日お伺いさせて頂いたお客様は「離開」がありました。

指をお腹にあてたら第二関節をゆうに通り越してしまったので、まずはこの離開を整えなければなりません。

腹筋の離開はどうやってトレーニングするの??

手術で腹筋の筋繊維や神経を切っているわけではないので筋肉の感覚はまだ残っていることが多いです。

お客様も少しずつ腹横筋(インナーマッスル)と腹筋群に力をいれてトレーニングをすることができるようになってきました。

しかし、日常的に力を入れ続けることができないので、

お腹の出っ張りはまだまだ残っています。

ピラティスで離開した腹横筋を取り戻して、少しずつお腹全体のトレーニングを実施します。

  1. ピラティス
  2. 体幹
  3. ツイストクランチ、クランチ、レッグレイズ等

また腹筋の離開は前屈が硬くて体を前に倒すことがでできなくなっている事も挙げられます。

前屈ができないとなると、腹筋群のトレーニングをするとき仰向けから上半身を起こす事ができなくて首に力が入ってしまいます。

 

10ヶ月近くお腹に赤ちゃんがいるため、筋トレも前屈もなかなかできなかったので原因は分かっているのですが。。。

産後は一気に禁忌事項から解放されるので、一気にダイエットを進める最高の時期です!