女性パーソナルトレーナーとして階段を登るために。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは!

女性パーソナルトレーナーとして階段を登るために。

 

先ほど各パーソナルトレーナー向け資格の更新手続きについて調べていました。

池野が取得しているのは、

  • 健康運動実践指導者
  • Pole star pilates comprehensive
  • Body code system in Italy:Master Stretch Leve1
  • Remedial Aroma Treatment
  • AWF Olympic Lifting Power coach Level1

日本で発行されている資格は1つのみ。

しかも専門学生の時に取得したものなので13年前のものです苦笑

他は全部海外の資格団体です。

資格ビジネスではないのですが、身体に関わる情報は毎年アップデートされているため資格を取得したときよりも情報が追加され今でも学び続けなければいけません。

20代の駆け出しのフリーパーソナルトレーナーの時には自分の技術が未熟すぎて何が自分に足りないのかもよく分かっていませんでした。

漠然と現場でお客様の問題点を解決するためにはという観点で資格取得を目指していましたが、資格取得で合格できた反面、資格を取得することに一生懸命で本当の意味で技術が向上してきたのを実感できるのは本当にここ最近の話です。

資格取得はスタートでしかありませんでした。

 

理論やプログラム構成、指導方法を学べてもお客様に伝わらなければ意味がない。

何度も何度も伝える技術を向上させ、自分でも実践を繰り返して身につくまでには膨大な時間が必要なのです。

資格を取得しているというのはプロとして最低ラインだと思っています。

 

パーソナルトレーナー向けの資格を取得したで直ぐにパーソナルトレーナーとして活躍できるわけではないのです。

知識があって技術を磨いて、人間性があって初めてお客様からご依頼頂ける。

今のパーソナルトレーナー業界では体育大学や専門学校を卒業していない人でも1ヶ月の研修を受けてパーソナルトレーナーとして活動している人が何百人もいるそうです。

この業界の未来も末恐ろしく感じますが、致し方なし。。。

 

パーソナルトレーナーになるための資格は沢山ありますが、資格取得した後は2つのやり方で技術を磨く方法があると考えます。

1つは取得した資格の考え方や技術を突き詰めて指導し続ける。またはマスタートレーナーを目指して養成コースの講師を目指すのも1つの方法です。

道しるべは既にあるのでやる気があれば1つのことを極めて、ブレずに技術を高めていく方法になります。

 

もう一つは、自分が良いと思ったメソッドや他の資格団体で学んで、それぞれの良い所だけを組み合わせてオリジナルのメソッドとして確立していく方法です。

お手本はありませんが、自分がトレーニングをやり込んで組み合わせて本当に良いと思ったものだけをお客様に提供しながら自分のスキルを高めていく方法になります。

 

池野は最初はウエイトトレーニングを極めるつもりでブレずに筋トレだけをやり続けてきましたが、途中で自分の進んでいる方向が間違っていたことに気づき、

途中でピラティスやマスターストレッチと組み合わせてオリジナルメソッドに切り替えていきました。自分が良いと思ったものだけをお客様に提供できる喜びは一入です!

話は戻りますが、

技術提供ができる女性パーソナルトレーナーになるためには、

資格を取得する事が大切なのではなく資格を生かして自分でトレーニングをやり込み、伝える方法のバリエーションを増やす事です。

資格があればパーソナルトレーナーで成功できるわけではないのです!