女性の頑張り屋さんはいつもトップギアのアクセルで。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

 

思いつめた顔で。

いつも通りに振舞っていても何かがいつもと違う。

トレーナーとしてのアンテナに何かが引っかかりました。

(いつもよりも体調が崩れているとは伺いましたが。。。)

 

お客様はいつも通りにパーソナルトレーニング にご来場頂いていたかと思いますが、

今までできていた事ができない。

言葉を変え、見せ方、伝え方を変えてもいつもの「これですね!」という所まで辿り着けない状態にお客様の中でも焦りがあるのが見えたので、

今日は心のパーソナルトレーニング と題して一度立ち止まってお話をさせて頂きました。

 

日本人の特質なのかもしれませんが、自分と周りを比べてしまう習性があるので、つい自分は周りと比べてもっと頑張らないといけない!という風に自分で自分にプレッシャーをかける傾向が多いように思います。

 

特に女性は頑張り屋さんが多い!

毎日頑張って子育てもするし、仕事もキャリアアップしていこうとするし、人息つく間もなく次へ次へと日々のタスクが迫ってこなす事で精一杯です。

それなのに「もっと自分が頑張らないといけない!」として現状で手一杯なのに、さらに一人で頑張ろうとしている。。。。

素晴らしい!事なのですが、自分で気づかないうちに交感神経が優位型で気を張っていないと毎日を過ごす事ができず、常に心の緊張と身体の緊張が抜けなくなってしまいます。

 

結果として自律神経失調症のような状態になってしまい、心の焦りから身体の不調を招いてしまう事が多々あるからです。

真面目なお客様なので、「トレーニング =鍛える」「トレーニング =追い込む」というイメージで取り組まれていたので心も身体もガチガチ!!!!

 

こんな状態でさらにガシガシトレーニングしても何の効果も獲得することはできません。

トレーニングは鍛えるばかりではありません。

トレーニングの意味の中には「調整する」も含まれています。

トレーニングをして心地が良いコンフォートゾーンを作って行くのも大切な役目です。

普段から頑張っている人に頑張らせるのがトレーニングではない。

緊張している人に筋肉の緊張を助長させるのがトレーニングではありません。

 

自律神経が乱れていることに該当する節があると判断し、お客様がどうやったら気持ちよく身体を動かして頂けるかだけを考えてマネジメントすることもトレーナーの役目です。

 

 

女性の頑張り屋さんはトップギアでアクセルをいつも踏む事ばかりに気を取られいつも追越車線で誰かを追越そうと前傾姿勢が多い。

でも1週間のうちに一度でもいいから安全運転で左車線を走るようにアクセルを緩めてみてはいかがでしょうか??

 

常にトップスピードはしんどくなりますから(苦笑)

辛い時は我慢しなくてもいいんです。

ちょっとパーキングに寄ってコーヒーでも飲むぐらいの時間を自分に与えてあげても大丈夫ですよ。