女性のボディメイクは筋肉量を増やすことではない。

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

筋肉量を増やす事が全てではない。

ダイエットで数字管理をいしている方が多い中、体脂肪率と筋肉量とを体組成計で必ず測って軌道修正されていらっしゃいますね。

数字にマジックで筋肉量を増やせば体脂肪率は落ちるし、

体脂肪の変化が出なくても筋肉量を多くすば数字としてはフィットネススコアの得点は上がります。

 

以前、池野もウエイトトレーニングを一生懸命取り組んでいた時にベンチプレスやスクワットで何キロ重さを上げられたか自分の能力やパフォーマンスが向上していると思って喜んでいました苦笑

同時に体組成計で筋肉量が増えるように、あるいは今の筋肉量が落ちる事が怖くて無理にお肉や魚肉ソーセージ、プロテインを飲んで筋肉量の数字が落ちないように願っていました笑

 

今思えば鏡に映る自分の姿よりも、体組成計の数字を追いかけてトレーニングをしたり食事を無理して食べたりして「何の為にやっているのか?」という本質が抜けてしまっていたように思います。

 

そのおかげで筋肉量は体重の半分以上を超えて代謝も高くなりましたが、

筋肉量が多いはずなのに末端冷え性で風邪をひきやすかったです。。。。

体脂肪が少ないことによって女性ホルモンバランスも乱れていましたし、生理痛が激痛!

あまり良いことは無かったです。

 

筋肉量を追い求めても「本当に自分がなりたい身体」にはなれませんでした。

筋肉量をとにかく増やすことで頭がいっぱいだったのがいちばんの敗因ですね。

 

筋肉量があまりに少ない人は筋肉をつけるためのトレーニングを最初にするべきです。

高重量、高回数までとはいかなくても女性の平均的な重量設定はできるぐらいに。

自体重トレーニングでは負荷が足りないのでボディメイク、筋肉の形を綺麗にしたり引き締めることはできますが筋肉量を飛躍的にアップさせることは難しいのです。

筋肉量があまりに少ない方はやはり筋トレにこだわって始めた方が良いでしょう。

 

逆に、筋肉を太くしなくないと筋トレを敬遠している人は自体重トレーニングでしっかり筋肉を意識できるようになるまでトレーニングフォームにこだわるべき。

筋肉がつきやすい人はパワーがある分全身に力を入れてトレーニングするスイッチが入りやすいのである程度力を抜いてターゲットとなる筋肉だけトレーニングに集中できるように練習していきましょう。

「来年こそは!」とダイエットやボディメイクに意気込む方もいらっしゃるでしょうし、

あなたの中にある本当に手に入れたい美Bodyを目指して作り上げていきましょう!

 

 

今年も残り1週間となりました!

今年最後のパーソナルトレーニング をご一緒する方もいらっしゃるので年末のご挨拶もちらほら。

今年からご一緒する事ができたお客様。

長年に渡りご一緒させて頂いているお客様。

お客様がいてくださるからこそ、もっと成長して必要として頂ける人間になりたい!という気持ちが沸き起こってきます。

本当にいつも皆様のおかげです。

ありがとうございます!