変形性膝関節症のお客様。

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

変形性膝関節症

変形性膝関節症のお客様。

治療院にて治療を進めて歩行に関しては痛みが出なくなってきているとおっしゃっていましたが、

実際にはアンバランスの中で何とか姿勢や歩行戦略を保っている状態でした。

 

変形性膝関節症と聞くとどうしても「」に問題があると思われがちですが、

実は「膝」は被害者なだけであって実際に痛みの原因となっているのは「股関節」あるいは「体幹」の不安定による影響で膝に痛みが出ている事がほとんどです。

 

膝の周りの筋肉は過緊張を起こして膝を伸ばす事ができないためプログラムで提案しているのは、

 

  • お尻を鍛えて骨盤で下肢を支える
  • コア(腹筋群、背筋群)をトレーニングする
  • 姿勢を見直す
  • 重心の移動戦略を変える
  • 下半身の筋肉を緩める

 

変形性膝関節症により半月板にも損傷が見られるため、あまり激しい運動、トレーニングは難しい状態です。。

そのため下半身はストレッチやトリートメンを中心に、

呼吸の練習、腹圧の高める練習、腹筋群の意識化を目指して体幹で身体を支える感覚入力を促しています。

 

今までパーソナルトレーニング も初めてであるため「自分の脚が自分のものじゃないみたい」というぐらいに身体の感覚(情報)を得る方法がかなり低下しているご様子。

自分が動かしている筋肉が意識できないため、

池野の身体に増えてお手本を見て、触って頂いてイメージを伝えて筋肉の正しい動かし方、

筋肉をどのように動かしたら良いのかをお伝えしてちょっとずつちょっとずつ。。。

 

脳と筋肉の情報の行き来ができないので、正しい動きと並行して感覚入力も大事なコンディショニング要素になっています。

 

身体の感覚が「痛み」としてしか感じられないと本当にお辛そうです。

変形性膝関節症のシニア世代の方、増えているようですね。

手術する選択もあるのかもしれませんが、リハビリやトレーニングも実施していかないと同じことの繰り返しなので、

お客様としても出来るだけ自力で身体をよくしていきたいとおっしゃっていました。

 

毎日膝の痛みで苦しんでいるお客様の日常が少しでも軽減できるように、

ご案内できればと思います!