出張パーソナルトレーニング の極意〜紹介を勝ち得る〜

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。今日は嬉しい瞬間がありました。

 

あるお客様で出張パーソナルトレーニング にお伺いさせて頂いています。

池野がAustraliaから戻ってからなので1年半ぐらいでしょうか。

ご紹介から始めさせて頂き、奥様を担当させて頂けることになりました。いつもご主人とご挨拶を交わしていましたが深くはお話したことはありませんでした。

 

奥様から池野のパーソナルトレーニング について少しずつお話を頂いていたようですが、

ついに今日「池野さん、うちの旦那もお願いできる??」とご主人をご紹介頂けるようになったのです!!

 

今まで頑なに「受け入れ拒否」を表明されていたご主人からお申し込みを頂けてよりお客様と信頼関係を結べたような感覚です。

出張パーソナルトレーニング の極意。

出張パーソナルトレーニング ではお客様の陣地に入らせて頂く事になります。

  1. ご自宅の雰囲気に合わせて
  2. ご家族の構成を知る
  3. 美しい日本語を使う
  4. 服装は細部に渡って気を使う

 

「ご自宅の雰囲気に合わせて」は、出張先のご自宅がマンションなのか一軒家なのかによっても違います。

マンションでしたらお客様のご自宅玄関までたどり着くのに周囲の住人の方にもご挨拶をして怪しいものではないこと印象付けた方が良いからです。

 

お客様のお仕事やライフスタイルによってご自宅の雰囲気、家具や部屋の内装も違いますので失礼のないように立ち居振る舞いに気をつけます。

 

「家族構成を知る」は、出張パーソナルトレーニング でお伺いする際、ご自宅の1室をお借りしたりするのでご家族の方にご迷惑にならないよう、そしてパーソナルトレーニング を実施するにあたりご理解ご協力を得るためにきちんとご挨拶をすることが大切です。

日々コミュニケーションを欠かさず行うことによってご家族の皆様に自分という人間を知って頂き、また未来のお客様になり得る可能性もあるためご家族の方とお話する機会があれば積極的に!行います。

 

上記に関連づけて、「美しい日本語を使う」を心がけます。

体育会系の私たちはつい、体育会系のノリや言葉を使ってしまいがちです。

しかしお客様は上質なパーソナルトレーニング を希望されている方も多く、美しい日本語でお話をすることを好まれるように思います。

お伺いさせて頂く、頂戴する、作用でござますか。等の美しい言葉を使うように意識しています!

 

服装は細部に渡って気を使う」は、靴を脱いでお客様のご自宅へお伺う場合がほとんどなので靴下でご自宅に上がるか、あるいは靴下を脱いで足趾を見せてトレーニング方法をご案内する場合もあります。

足のペディキュアをして整えたり、靴下が清潔であることを心がけて細部に清潔感を保つようにしています。

これは髪や服装も同じです。

汗をかく季節は着替えを持って移動しお客様にご迷惑にならないように注意しています。

 

当たり前のことのように思えますが、できていない人が多いので出張パーソナルトレーニング が続かない、継続率が高いといった差別化が出てくるのではないでしょうか。

出張パーソナルトレーニング はお客様のご自宅で行います。

丸裸にされてパーソナルトレーナーはお客様と向き合うことになるので、服装から言葉遣い、そして立ち居振る舞いは自分勝手にしないでお客様が気持ちよく上質なパーソナルトレーニング としてご購入して頂ける方を意識するようにした方が良いでしょう。

 

出張パーソナルトレーニング の極意として、もしかしたら無意識のうちに行っていることもあるのかもしれませんが、

お客様の陣地に入っても緊張をせず自分らしいパーソナルトレーニング を提案するにはまずお客様の信頼を勝ち得ること。

(よっぽどの事がない限り、ご家族をご紹介して頂くのは難しいからです)

 

大切な家族を紹介して頂けるぐらいに信頼関係を構築し長いお付き合いをさせて頂けるかは、

細部の立ち居振る舞いではないでしょうか??