会食が多くなる時期の対策は??

恵比寿、広尾、麻布十番、白金台で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんにちは。

会食が多いこの時期の対策は??

もう11月も1週間で終わり、今年もカウントダウンが始まりそうですね。

この頃から忘年会や今年最後の○○といったお誘いで会食が多くなる時期です。

日頃からお付き合いが多いお客様もこの時期ばかりは、

「毎日外食だから朝か昼かを抜くようにしているよ・・・」という方も少なくありません。

 

毎日暴飲暴食をしていれば内臓達も悲鳴を浴びて消化酵素も追いつかないですよね苦笑

そんな時は食事をスキップしても問題ありません。

 

お客様から「食事を抜いたりすると、余計にリバウンドするんですよね?!」

「食事を抜くと1日に必要な栄養素が足りなくなるからよくないのですよね?!」

 

まず、食事を抜いたり1食をスキップすると本来手に入るはずのエネルギーや栄養素が供給されなくなるので、

脳や筋肉、内臓に普段貯蓄しているグリコーゲン(糖質)を使用します。

するとどうなるかというと、筋肉を維持するエネルギーやタンパク質(アミノ酸)も生命維持活動に必要な量も一緒に使用されてしまうので筋肉量が減り内臓の働きも制限がかかります。

いわゆる代謝が落ちる状態になるのです。

代謝が落ちれば身体が燃えにくくなるのと同じで体脂肪が落ちづらくなります。

 

トレーニングをすると筋繊維が壊れてより回復させるためにアミノ酸やタンパク質、筋肉を新しく粘着させるためのビタミンなどが日常生活以上に必要になります。

トレーニング後にはより良質なタンパク質や栄養素が必要になるため、

食事を抜いたり、1食スキップすることはお勧めできません。

 

しかし!必要以上にカロリーを摂取したり、代謝しきれないエネルギーを身体に入れることになると消化吸収をするために内臓の筋肉に負荷が多くかかってしまうため、

本来の筋肉を回復させたり体脂肪を燃焼するための効率が低くなってしまい、

過剰分のカロリーを代謝させることができずより体脂肪が蓄積されてしまうという。。。

 

体脂肪を蓄積させないためには、貯蓄したエネルギーを使って体を動かし続けていくことが重要です。

過剰にカロリーを摂取してしまえば貯蓄ではなく蓄積となって身体にまとわりついてしまうからです。

空腹を長く感じすぎると筋肉の中のエネルギーを使用されてしまいますし、

過剰に食べすぎれば必要以上にエネルギーが身体に溜まって代謝しきれなくなり体脂肪になってしまう。

 

足し算引き算ではないのですが、

食事も1日の中で、あるいは1週間の中で食べ過ぎている日と食べれないほど忙しい日があると思いますのでバランスよく足したり引いたりしてバランス調整をしていきましょう!

 

特に会食が多いこの時期は引き算をして、

トレーニング前後は足し算をしていくと全体のバランスが調整できると思います!