今月は臨月!

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

今月臨月のお客様。

産前からご一緒しているお客様がご懐妊され、さらには今月臨月を迎えております!

第二子ということもあるので比較的落ち着かれておりますが、

第一子の出産時と違うことは妊娠中にも継続してコンディショニングを取り入れて頂いたことです。

 

パーソナルトレーニング をお申し込み頂いた時にも「第二子を希望している」ことは伺っておりましたので、

妊娠に向けて準備をしながらパーソナルトレーニング を実施していました。

お腹が大きくなるにつれて身体が硬くなったり、浮腫んで体全体が重くて動きずらい妊娠後期。

 

骨盤が末広がりになりすぎないようお尻を鍛えて、女性ホルモンのリラキシン(妊娠準備のため主に下半身を中心に関節を緩くするホルモン)の影響を受けすぎないように調整したり、

二人分の血液量を循環させているため高山の中で生活しているような感覚で、

心拍数がすぐに上がり、息が上がってしまうので体力を落とさないようにも気を使っていかなければなりません。

 

妊娠中は筋肉を鍛えて強化する!というよりも、

体力が落ちないようにすること

体型が崩れないように筋肉を補強することを優先してプログラムをご案内しています。

「体型が崩れないようにする」というのは具体的に、

お腹周りを除いたパーツはトレーニングを継続することができるため、

  • 背中(肩甲骨)
  • 二の腕
  • 肩周り
  • お尻太ももの後ろ
  • 内腿

 

体幹と統合してトレーニングすることを意識的に行わずに(腹筋群をあまり使いすぎないように)

部分的にトレーニングすることが望ましく、

お腹周りをエクササイズさせていくには赤ちゃんに負担がかからないようにすることが重要だからです。

かといって全くお腹周りを意識しない方が良いのか??と言われるとそうでもなく、

 

赤ちゃんが気持ちよく動けるように背骨を伸ばしたり、

ピラティスの呼吸で横隔膜を上下に動かして赤ちゃんと一体感を作ったり、

骨盤を前傾、後傾させて子宮周りの柔軟性を出すワークを行ったり、

骨盤から胸郭周りのコンディショニングを行うだけでも出産に向けて体幹調整にもなります。

 

そんなことを妊娠後期中に行うだけでもお客様にとってはリフレッシュの時間にもなり、

固まっていた筋肉がほぐれて血液循環が良くなり疲労感が抜けやすいそうです。

 

何はともあれ、無事に産まれてくれることだけを考えて池野も携わらせて頂いています。

今月は臨月なので出産直前最後のパーソナルトレーニング になりそうです!