世界に飛び出したい!

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルルトレーナーの池野です。

こんにちは。

 

バンクバーマラソンで。

新しい自分の目標を常に設定して前進してきました。

池野ができるパーソナルトレーニングの形も模索し今のスタイルが出来上がってきたのですが、

現状に満足することなく「次はどこへ向かおう。。。」と考える日々。

 

そんな時専門学校の友人がバンクーバーでワーキングホリデーをしていることを知りました。

当時は働きづめだったので休暇も兼ねてバンクーバーマラソンに出場しよう!と行くことを決意。

それまで海外マラソンはグアムと台湾のみ。

お客様としか行ったことがなかったので、今回は一人で日本からバンクーバーに向かいました。

専門学校の友人はアメリカでも生活してバンクーバーでも英語にどっぷり浸かっていて英語が流暢になっていました。

池野はそれまで英語を勉強しよう!と思ったことはなかったのですが、

カナダ、世界中の人たちと英語で話している彼女を見て羨ましく、そして自分が世界では通用しないことをはっきりと感じたのです。

 

話したいことがあるのに通じない。

自分が今までどうゆうふうに生きてきたのかも語れない。

トレーナーという仕事を、自分なりに築いてきたことが伝わらない。

 

日本という小さな国、そして東京という狭い範囲でしか見ていなかった自分の視野の狭さに恥ずかしさと、

世界中の人と話せるように、意思疏通ができるようになりたい!!と思い始めたのはこのバンクーバーマラソンがきっかけでした。

 

専門学校の友人のおかげでバンクーバーマラソンも無事に走り終え、海外が今まで遠いイメージだったのがぐっと近くに感じた瞬間でした。

その時池野28歳。

世界を感じた年でした。

世界に飛び出したい!

バンクーバーマラソンから帰国しても、もっと海外の素晴らしい景色や自分が経験したことのない場所へ行ってみたい!という気持ちがおさまりませんでした。

どうしたらいいのか。。。

ふと頭の中に思い描いたのが「グランドキャニオン」でした。

世界遺産でもあり、一生のうちに1度はみておいた方が良い景色。

この気持ちの高まりが収まらないうちにいくしかない!!ということですぐに友人と連絡を取り合い、アメリカのラスベガスから車を借りてグランドキャニオン&セドナを体感しにいく旅行を計画立てたのです。

 

立て続けに海外にばっかり渡航していて、今考えると凄い行動力ですね笑

でも「世界に飛び出したい!」という気持ちだけでアメリカ渡航を決めた池野。

情熱があればどんな困難でも乗り越えられるという経験をしました。

アメリカ本土は初めてでしたし、ビザや国際免許の取得など様々な準備を終えてグランドキャニオンを目指してまた日本から一人で旅立ちました。

国際線の飛行機で既に英語が飛び交い、自分の英語力のなさにまた悔しさがこみ上げてきましたが、

きっと英語もできるようになる!よくわからない自信の元にアメリカに行ってきました。

文化も人種も違う国。

スケールの違いに圧倒されながらも空港で友人たちと落ち合い国内線でラスベガス入り。

 

そこで目にしたものは今でも忘れられないものばかりです。

グランドキャニオンの話はまた次回更新します!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お知らせ】

2017年度からNews Letterを配信!

食、筋力トレーニング、ピラティス、体幹トレーニング、フットコンディショニング、ランニング、女性パーソナルトレーナー養成講座、Organic等のセミナーで得た情報をさらに詳しく解説。

さらにHPやBlog以外での日常も綴ってみようと思います。

これから毎月第一、第三月曜日に配信致しますので

News Letterのお申し込みはコチラからお願い致します。

※メール受信可能なメールアドレスにてお願い致します。

普段話せないような内容もちょっと出したり、News Letterの中でお知らせするお得な特典等も記載しています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お知らせ】

2017年度からNews Letterを配信!

食、筋力トレーニング、ピラティス、体幹トレーニング、フットコンディショニング、ランニング、女性パーソナルトレーナー養成講座、Organic等のセミナーで得た情報をさらに詳しく解説。

さらにHPやBlog以外での日常も綴ってみようと思います。

これから毎月第一、第三月曜日に配信致しますので

News Letterのお申し込みはコチラからお願い致します。

※メール受信可能なメールアドレスにてお願い致します。

普段話せないような内容もちょっと出したり、News Letterの中でお知らせするお得な特典等も記載しています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□