フロー状態に入りたいパーソナルトレーニング 。

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

フロー状態?!

皆さんはフロー状態ってどんな時ですか??

【フロー状態】:人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態をいう。ゾーンピークエクスペリエンス無我の境地、忘我状態とも呼ばれる by Wikipedia

 

池野は朝8:00から午後15:00頃までがお客様とパーソナルトレーニング をご案内している中で集中力が高いことを実感しています。

新しい発想で、今日のお客様の身体の状態やメンタル的に披露している、モチベーションが高いのか低いのかに合わせてパーソナルトレーニング の生産性が最も高い時間です。

 

15:00以降から少しずつ集中力が低下しているわけではないけれど、一番良い状態の時よりもアイディアの発想や伝える能力が低いように感じることがあります。

フロー状態が最も高い時間を知ってるのか、知らないのかお客様もご予約を頂くのが朝から17:00頃までの間に集中しており、

お客様にとってもフロー状態に入りやすいのが1日の中でも早い時間なのだと思います。

 

フロー状態に入りたいパーソナルトレーニング 中。

パーソナルトレーニング 中にはできる限りフロー状態にあってほしいと池野の勝手な想いなのですが、

日々、日常生活の中で終われていて自分の体に目を向ける機会が少ない東京という戦場で「パーソナルトレーニング中だけでもいいから身体の感覚に目を向けてほしいというのが池野の願いです。

自分の身体に無関心でいると、人生を重ねたときに身体の不調に気づかずに大病をしたり整形外科的疾患に追い込まれてしまったりします。

 

大病になったり整形外科的疾患を発症する前に自分で何か異変を感じることができれば。。。センサーを鍛え続けていけば必ず自分でセルフメンテナンスができるようになるからです。

そのためにも池野とご一緒して頂く60分、あるいは90分の時間はできるだけフロー状態になるぐらい身体の感覚を研ぎ冷ます練習をして頂きたい!

 

フロー体験は身体作りだけではなく、仕事の生産性や集中力、そして自分の可能性を広げてくれる能力の1つです。

デスクワークではフロー状態を作り出すのは大変だと思うので、身体を動かしながらフロー状態を作るのは意外とやりやすい!

フロー状態は自分の潜在的な能力を高めていく方法の1つではないでしょうか。

パーソナルトレーニング の中で培うことができれば、

きっと日常生活の中で「あっ!」という瞬間と繋がるはずです。

体調不良続出!

今週は体調不良でキャンセルが続出しています。。。

お客様自身ではなく、お子様の体調不良でキャンセルのご連絡を頂いております。

こればっかりは気をつけようがないものなので致し方ありません。

長引かないこと、そしてお客様自身が体調を崩しませんように祈るばかりです。

病気をしたり、怪我をして「健康」から遠ざかると普段は感じていなかったいつもの健康的な日々が眩しく感じたりしますよね。

人って忘れる生き物だから、当たり前の自分の身体の健康を当たり前だと思ってしまう。

笑顔が毎日作り出せる日々って、尊いです。