トレーニングの頻度が身体を変える鍵!

世田谷区、港区、目黒区、中央区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず、女性らしいしなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングしています!

女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんにちは。

先ほどお客様とのパーソナルトレーニングを前に、駒沢トレーニングルームで自分自身のトレーニングを実施していきました。

お客様にも「池野さん、さっき汗だくだったけど大丈夫?!」

と言われてしまいました。。。(笑)

池野は仕事柄週に5回から6回程、自分でトレーニングする時間を設けます。

えっ!そんなにトレーニングしないと身体変わらないの?!

池野は今まで筋力トレーニング、ピラティス、マスターストレッチ、ランニング、池野式地味トレーニングなど、

様々な方法を経験してきました。

自分でピラティスも常に取り入れていないと身体の感覚を忘れてしまいますし、ランニングは走らないと走れなくなるので、

上記のトレーニングを全て自分の身体を通してお客様に伝える事が使命だと思っているので、

手が抜けません。

そのため必ずほぼ毎日、トレーニング、ピラティス、ストレッチ、ランニング、をルーティン化し実践しているため週に5回は必ず何かしら身体を動かしています。

 

じゃあ、一般の人はどれぐらいの頻度でトレーニングしたらいいの??

これはお客様からも多く頂く質問ですね。

皆様のライフスタイルにもよりますが、池野が理想とするのは週に3回トレーニングの時間設けて、さらにストレッチまでできれば最高です!

ただ、現代の忙しい方々からすると時間を捻出するのが困難。。。

今でこそ全く運動していない方からすれば、週に1回継続してトレーニングできる事さえも身体にとっては大きな変化になるでしょう。

 

何で週3回トレーニングした方がいいのか?

根拠としてはトレーニング後筋肉が壊れて回復しなければならないのですが、

トレーニング直後から筋繊維の回復に48時間から72時間必要なので、

休息日を最低でも1日は空けておかなければなりません。

 

身体の超回復がないと、筋肉が成長せず最終的に筋肉が身につかない状態になってしまいます。

そして、超回復した後再び筋肉を動かしトレーニングで強化していく事によって、

脳も筋肉も筋肉の使い方、筋肉の存在を形状記憶するのですが、

 

これまた次のトレーニングする機会が間を空け過ぎてしまうと、

この超回復が連続して行われないので、なかなか筋肉が定着せず「付かず離れず」のような状態に。

週に1回じゃ足りないんだ・・・

そういうわけではありませんが、

超回復のリズムを考えると週に3回から2回はトレーニング頂いた方が身体の引き締まり、ボディメイクは実感しやすいでしょう。

トレーニングの習慣化という観点からも間が空きすぎてしまうと、身体に定着しないのでできるだけ毎日するぐらいの気持ちで身体と向き合う事をお勧め致します!

 

身体に定着するまでにどれぐらいの時間がかかるの??

これは個人差があるので断言はできません。

パーソナルトレーニングを週に1回だけの方でも、自主トレーニングをしっかり行って結果を出している方もいれば、

食事の管理を始めてトレーニング以上に体重が落ちてこられている方もいらっしゃいます。

 

でもまずは「継続させる事

そのためには最初の1か月は連続して週3回から2回のトレーニングをお勧めします。

 

トレーニングの頻度を考えると少ないよりは多い方が良いです。

ただ、同じトレーニングを繰り返すのではなく、

目的も持って「今日はここを徹底的に!」「ここの筋肉痛を作る!」ぐらいに、

集中して行うと質も上がってきます。

筋肉が身につくように、頻度とプログラムの質ともに上げて取り組めば、

必ず道は見えてきます!!