オーストラリアでパーソナルトレーナーとして活動すること!

世田谷区、港区、品川区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングを実施しています!

女性パーソナルルトレーナーの池野です。

 

こんにちは。

 

グランドキャニオンから帰国して。

ブランドキャニオンから帰国してからも「もっと世界に飛び出したい!」という気持ちが膨れ上がり、

29歳の時に海外でパーソナルトレーナーとして活動して世界中の人とトレーニングできるようになりたい!!

と決断しました。

その時はどうやったら海外で就労できるのかも知りませんでしたが、専門学校の友達が取得しているワーキングホリデービザの存在が頭の中に浮かび、

ワーキングホリデーで仕事ができる国を調べてカナダとオーストラリアが有効である事を知りました。

ワーキングホリーでは18歳以上から”31歳までの誕生日までにビザを取得しなければならない “という規則があり、

池野はギリギリワーキングホリデー組(苦笑)

 

フリーランスで活動しているために、会社から就労ビザを取得する事は困難です。

そして海外に目を向けている“今”行かないと!!という気持ちもあったために、

ワーキングホリデービザ取得することにしました。

チャンスがあるならフィットネスの本場であるアメリカに行きたかった。。。

けれどビザが無いために就労できないので断念。

 

どちらの国を選択?

 

カナダかオーストラリアか・・・迷っていた時にオーストラリアでジムのMGが知り合いにいるというパーソナルトレーナーからの情報を頂き、

ちょうど奥様が日本人で来日していたためお会いする機会を頂きました。

ごつい男性3人と六本木にあるしゃぶしゃぶのお店に緊張しながら向かったのを今でも覚えています(懐かしい!)

そこでMikeと話をしてインターンとして迎え入れてくれると約束してくれました。

両親にオーストラリアに行く事を報告したら「今度はどこ行くの?!」と心配していましたが、

1年で帰国する事を約束してなんとか承諾を取り付けて準備に入りました。

 

この時、一番苦しかったのが今までお世話になったお客様と離れてしまう事です。

育てて頂きながらも、自分の成長とやりたい事のために一旦お別れしなければならない事に自分でも寂しさと申し訳ない気持ちといっぱいになってしまい、

お客様にオーストラリアに行く事をお伝えするのがとても辛かったです。

 

それでも応援してくださるお客様がほとんどで、最後は何人ものお客様がお食事にお誘い頂きました。

今までお客様との関わりがパーソナルトレーニングという垣根を越えて人生に関わることができていたのかも。。。と実感し涙が出そうになることも沢山ありました。

自分の成長を信じて決断して、泣いてしまうのもどうかと思ったのですが、

離れてしまうからこそお客様の存在がとても大きなものだと感じることができました。

お客様とパーソナルトレーナーの先輩方、そして両親には感謝の気持ちでいっぱいになり、

日本を飛び出したのが2015年の6月です。