どんな場所で、どんな想いで、

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

久しぶりに英語でパーソナルトレーニング !

今日はお客様のご主人をご紹介頂きパーソナルトレーニング をご一緒してきました!

British Englishでしたが久しぶりに英語でパーソナルトレーニング 。。。

英語で評価テストを行い、英語で問題点を説明。

 

久しぶりなので、なかなか英語が出てこなくて焦りましたが不思議なことに何度かレクチャーも含めてご案内していると考えなくても口からスラスラ出てきました。

池野の英会話はパーソナルトレーニング と共に練習してきたものなので、

文法で覚えているというよりも身体の感覚と言語を一緒にして覚えているような感覚なのです。

発音はイマイチでしたが、パーソナルトレーニング には影響がないようでホッとしました(笑)

 

ご主人もおっしゃっていましたが、

「日本に来てからはあまりトレーニングしなくなった」

「英語でパーソナルトレーニング ができる場所を知らないから」

「筋肥大をしたいわけではなくて身体を絞りたいだけなんだ」

 

英語圏のパーソナルトレーナーも日本で活動している方を見かけますが、

どうしてもハード系のトレーニングをしているパーソナルトレーナーが多いこともあって筋肥大を求めていないお客様としては誰にお願いしていいのか分からないとのこと。。。

姿勢を取り戻し、正しいBody Movement(身体の動かし方:関節の安定、可動性、重心など)を知りたいお客様は沢山いる。

英語圏、アジア圏のお客様それぞれに求める身体作り、パーソナルトレーニング は違う。

お客様がパーソナルトレーナーを探している限り、

パーソナルトレーナーも自分がどんな場所で、どんな想いでパーソナルトレーナーとして活動しているのか発信しなければサービスを届けることはでいない。

 

今回はたまたまお客様のご主人が英語圏の方でしたが、

人口減少していく日本では、日本人に限定するのではなく英語で世界中のお客様とパーソナルトレーニング ができる準備をしておいたほうがいいと思います。

オーストラリアでパーソナルトレーナーとして活動していた時には、

実力と英語力があれば世界中どこでもパーソナルトレーナーとして活動できることを実感!

他のトレーナーと同じマーケットではない場所にあえて飛び込むのも1つの戦略ですね。

まさにブルー・オーシャン戦略!

来週もご一緒するので英単語帳を見て表現力の幅を広げておかないと(笑)